2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2009 WTCC Race of JAPAN観戦記[WTCC予選&アジアン・ル・マン レース1編] | トップページ | エブロがWTCC仕様320siをモデル化・・・か? »

2009 WTCC Race of JAPAN観戦記[WTCC決勝&アジアン・ル・マン レース2〜移動日編]

[WTCC決勝&アジアン・ル・マン レース2編]

6時過ぎ起床。今日もホテル周辺は霧が出ていて少々薄暗い。昨日と同様6時40分過ぎにホテルを出て、6時55分の電車で吉永へ。昨日は学生さんが結構いたけど、今日はさすがに乗客はまばら。
ところが吉永に着いてみると、7時15分の第1便に人が乗り切れず、45分発の2便に振り替えて急遽出発させたため2便が欠便になってしまったので、8時15分発の3便を待ってくれとのこと(゜д゜)。
「えー、遅くなって道が混み始めたらかなわんなぁ」とか思いつつ待っていると、8時過ぎになって戻ってきた1便が臨時ですぐ出発することになってやれやれ。
天気は、この時点ではうっすら青空が覗く薄曇り。このまま保ってくれるといいんだけどねぇ。

バス乗り場から見た空の写真

決勝日だし、時間も押したのでそれなりに道が詰まっているのを覚悟してたんだけど、結局全然渋滞しないまま30分で着いちゃった(ところでこのシャトルバス、後ろに車が詰まると先行かせてたけど、これってこっちじゃデフォなの?)。

幸いアジアン・ル・マンのレース2のスタートには間に合ったので、今日はアングルを変えたカットを押さえようと第1コーナー側に向かい、なんとかメディアやアマチュアカメラマンの間隙を縫ってスタートシーンを正面から撮影。

スタートの写真(上下に移り込んでいたフェンスはトリミング済み)

ローリングラップから2周分程撮影してから2コーナー方面を探検。ところが撮影に向くポイントが無いことが判明したので引き返し、1コーナー出口に陣取りLMPカーを中心に撮影。
30分程撮影してから今のうちにパドックの様子を見ておこうとブリッジを渡って探検に向かうも、荒、谷口を見かけたくらいで、特にオイシイ被写体も見あたらないので早々にスタンド裏に引き返す。

荒の写真

小腹も空いたし、混まないうちに済ませておいた方がいいだろうと、この周辺の名物らしいカツめし(でも、岡山出身の同僚は聞いたこともないって言ってたぞ(笑))で早めの昼メシ。

カツめしの写真

まぁ、屋台フードに過剰な期待をしても詮無い話だけど、特に感銘を受けるような味ではなかったな。

食事を済ませると、ちょうどヨコハマのブースでマッチ、荒、J-P・デ・オリベイラ、谷口信輝のWTCCスポット参戦組のトークショウが始まったので、マッチでも撮っておこうかとカメラを構えるもバッテリィが力尽きてしまう…○| ̄|_。
う〜む、8耐では平気で2日保ったから大丈夫だろうと油断して充電器持って来なかったのは失敗だった。
つーか、バッテリィだいぶヘタってるな、帰ったらバッテリィ新調せねば。
というわけで以降はデジイチでの写真は無し。

トークショウ終了後トイレを済ませ、午後予想される雨に備えてポンチョを買い込んで、「WTCCはやはり第1コーナーのドンガラガッシャンを見なきゃね♪」と、スタンド席の1コーナー側に場所を確保することに。
カメラも死んでしまったので、アジアン・ル・マンの残り1時間はマジメに観戦モード。
とは言えレース2もほとんど展開はまったく掴めなかったので、結果は例によって表彰式で知る。
LMP1=1位 #007 アストン、2位 #17 ペスカロロ、3位 #10 オレカ・クラージュ。
LMP2=1位 #24 ペスカロロ−マツダ、2位 #28 クラージュ。
LMGT1=1位 DBR9、2位 JLOC 69号車、3位 サリーン。
LMGT2=1位 #89 ハンコックフェラーリ、2位 #88 997 GT3、3位 #71 ダイシンフェラーリ

アジアン・ル・マンの表彰式も済み、サポートレースのF4のスタート進行あたりから雨がパラつきだし、スタート時には完全に降り出したので傘を差しての観戦に(最上段で超コンパクト折りたたみ傘だから許して(^_^;))。
F4ゴール後も雨は強くなる一方なので、荷物保護のためポンチョを着込み、WTCCレース1はおとなしく観戦。
いくらレインカヴァーを用意したとはいえ、ここまで降るとさすがにカメラを出す勇気は無いので、バッテリィ切れの悔しさも少々和らぐ。

あまりの雨に2周のセイフティカー先導で始まったレース1は、慎重なドライビングを強いられるせいか各ポジションの間が開き気味で、自滅でコースアウトする車両こそいるものの、いつものようなどつき合いは見られずWTCCとしては比較的淡々とした展開のまま進み、1位アンディ・プリオール、2位ヨルグ・ミュラーの320siのワンツーフィニッシュ。3位はシボレークルーズLTのロバート・ハフで決着。

レース1ゴール後、体が冷えて用を足したくなったのでトイレに行き、レース2までの時間つぶしに、ヨコハマのブースで雨宿りがてら田中哲也・平中克幸(ジムゲイナー)、藤井誠暢・青木隆行(ダイシン)のトークショウを見物。
トークショウ終了後、ちょっと小腹が空いてきたのでおやつ代わりに鳥皮好きの自分には夢のような鳥皮串を頬張る。

鳥皮串の写真

鳥皮串を腹に詰め込むと、メインストレイトエンドは実はポストが邪魔でイマイチだったこともあり、レース2は昨日観戦した最終コーナー側スタンド端に河岸を変えることにして移動。

雨はいったんは止んだものの、WTCCのリペアタイムが始まる頃にはまた降り始め、雨足はどんどん強くなり結局レース2も本降りの中スタート。あとはひたすら寒いのを堪えつつ観戦。なのでカメラが死んだ悔しさは完全に沈静化(苦笑)。
レース2は、オープニングラップの1コーナーで混乱が生じるも、その後はレース1同様落ち着いた展開のまま推移し、1位アウグウト・ファルファス(リアウィンドウの表記は「ファーフス」)、2位アンディ・プリオールでまたもや320siのワンツー。3位に前年チャンプのイヴァン・ミューラーのセアトレオンが入る、BMW祭りという結末に。
「WTCCならでは」というバトルこそ楽しめなかったのは残念だったけど、最終コーナー出口の縁石で滑ってメインストレイトでスピンするリキモリカラーの320siや、脱落しかけたリヤフェンダーをブラブラさせたまま爆走するレオン(つーか、あれにピットインの命令出さないのな。WTCCのレースディレクターは)なんかにかろうじてWTCCらしさを感じることは出来たかな。

レース2のゴールと共にスタンド中央に向かい、表彰式を眺めつつ、一応iPhoneでパルクフェルメの様子を撮ってみたりする。

パルクフェルメの写真

表彰式が終了するととっとと撤収。
5時発のシャトルバスに乗ると、決勝日の帰りだと言うのに特に渋滞もせず30分の定刻で吉永駅到着。
これはあれか、駅方面なんか地元民しか使わないから、車組の使うルートからは外れてるってカラクリ?

5時49分の電車で相生に戻り、荷物の片付けをしてから晩メシを食いに出がてら土産を買い込み、昨日と同じ<ブルボン>で、今日は無難に唐揚げ定食を食して部屋で飲む飲み物を買おうと思ったら、何とデイリーヤマザキは日曜お休み!(゜Д゜;)
しょうがないので自販機で飲み物を買って部屋に戻り、今日の出来事をまとめ、風呂に入って少しダラダラしてから就寝。

[帰りの移動日編]

一夜開けて移動日。えー、イヴェントが終了した途端朝から霧も無く晴れますか?(´・ω・`)

昼に着けば午後を有効に過ごせるだろうと7時49分の新幹線に乗ることにして、7時過ぎに起床して帰り支度を整えるものの、ここで大事件発生! が、己の不甲斐無いさと痛い出費を強いられた苦い記憶を封印・隠蔽するため帰途の詳細は割愛(苦笑)。
目当ての新幹線に乗って11時40分東京着、地元駅周辺で昼メシを済ませてから帰宅すると時計は1時。お疲れさんでした。

いやはや、肝心のWTCCの決勝が2レースとも大雨だったのは残念だったし、こちらの手落ちでカメラのバッテリィが切れたのは悔しかったけど、市販車のイメージをちゃんと残したハコ車の世界レヴェルのガチバトル&ル マンを走ったプロトタイプカーの走りをナマで見た興奮はやはり格別で大満足。
晴れが確実なら(^_^;)ぜひともまた観に行きたいなぁ。

« 2009 WTCC Race of JAPAN観戦記[WTCC予選&アジアン・ル・マン レース1編] | トップページ | エブロがWTCC仕様320siをモデル化・・・か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/46653044

この記事へのトラックバック一覧です: 2009 WTCC Race of JAPAN観戦記[WTCC決勝&アジアン・ル・マン レース2〜移動日編]:

« 2009 WTCC Race of JAPAN観戦記[WTCC予選&アジアン・ル・マン レース1編] | トップページ | エブロがWTCC仕様320siをモデル化・・・か? »