2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2009年12月31日号) | トップページ | 2009年に買ったミニカーベスト3 »

2009年に読んだ本ベスト3

年末年始恒例企画、2009年に読んだ本&買ったミニカーベスト3選出の次期がやって参りました。
今年も、いずれのジャンルでも突出して良かったものが無かったので(なんか、毎年こんなこと言ってるな)少々悩みながらも選出した結果をお届け。
まずは例によって読書編。
昨年末勤務地が近場になって本を読むペースが落ちたのを機にバスタイム読書を本格化させたり、8月になって今度は事務所自体が移転してしまってまた通勤時間が延びて読書時間が増えたこともあり、結局去年並のペースをキープできた今年。そこそこ楽しめた本が結構あり、評価に四つ星を付ける機会自体は多かったものの「抜群に面白かった!」と言えるものは案外少ない上、一部はオマケで四つ星にしたものもあったりで選出には結構苦労し、結果的にはSFのワンツーということに。

第1位:『時間封鎖』/ロバート・チャールズ・ウィルスン

何だかんだ言って今年はこれかなぁ?
「地球外の時間がケタ違いな速さで流れてしまう」というSF的ガジェットの大風呂敷には久々ワクワクさせてもらったし、その中で描かれる個人から総体としての人類の描き方が、過度に悲観的でも楽観的でもないバランス感覚も個人的には共感出来て○。
主役の3人の愛と友情の物語も、その瑞々しさがSF離れしていて良かったしと、色んな要素が高いレヴェルでまとまっていたのを評価。
2部の『無限記憶』はちょっとダレたけど、せっかくの大風呂敷を第3部でうまく収束させてくれることを祈るのみ。


第2位:『20世紀SF(1) 1940年代 星ねずみ』/アシモフ 他

2位以下はほとんど同着と言っていいくらい差が無くて困ったんだけど、SF界の大御所達による幕の内弁当的な楽しさが味わえたこと、個人的にツボでホロリとするエピソード(ハインラインの「鎮魂歌」)があったことで印象が強かった本作を2位に推すことに。


第2位:『誇りと復讐』/ジェフリー・アーチャー

同率2位は「アーチャー版巌窟王」の本作。
そりゃ、細かい点では少々粗いというか雑というかなところもあるし、「いくらなんでも出来すぎだろ」と思わないではないんだけど、そもそもエンターテイメントなんてぶっちゃけ願望充足のためのシロモノなんだから「出来すぎ上等」だと思っていて、昨今の「ハッピィエンドはカッコ悪い」みたいな風潮に違和感を覚える身としては、こういう古典的なプロットを使ってなお素直に「面白い!」と思わせるアーチャーの手腕にはやはり感心。何より読後感の爽快さはピカイチだっただけに2位にランクイン。


この他今年は、批判的なことしか書かないので名は伏すけど、2期の放映を機に初めて触れた超人気ラノベシリーズ(これじゃ明かしたようなもんか(笑))を、アニメ版で感じた違和感というか辻褄が合ってないと感じた部分が原作に依るものなのかを確認するため、実は2冊ほどこっそり読んでみたり。
で、結果的に自分が感じた違和感については、アニメで描写が省かれている場合と、そもそも原作もそうだった場合の両パターンあることが判明。
アニメ側の責任については、尺の都合だろうと理解は出来るものの、「そこ省いちゃいかんだろ」ってキモに関わる部分だったので監督のセンスを疑ったし、自分的に最大のナゾだった、ヒロインがどうして現実界へ留まったかについての納得いく描写が無くて、肝心のオチがイマイチ腑に落ちないのが、原作もそうだったことにもガッカリ(え? 「考えるな、感じろ」ですかそうですか)。
それはさておいても、とにかく人物造形が雑というかリアリティが感じられないのがどうにも…。
主人公がフェミニストぶってる割りには、考えるだけで結局口や態度に出すことなく、マスコットキャラに対するヒロインの無体な行動を諫めることなく看過すくような事なかれ主義者なところや、妙にペダンチックなセリフ吐くところにイラっとさせられるばかりで、主人公として全っ然共感出来ないのが致命的。それでいてちゃっかりハーレム状態になるというリアリティの無さにも興ざめ。
確かにSF的ガジェットはアイディア的に面白いんだけど、ことほど左様に細部の詰めが甘いのが気になってしまい、結局世で熱狂的に支持されている程の魅力は感じられずじまい。
以前読んだラノベも感心しなかったし、今後よ〜っぽどのことが無い限りラノベには手を出さないだろうなぁ。

« ミニカー購入記(2009年12月31日号) | トップページ | 2009年に買ったミニカーベスト3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/47149131

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年に読んだ本ベスト3:

« ミニカー購入記(2009年12月31日号) | トップページ | 2009年に買ったミニカーベスト3 »