2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« けいおん!痛車ミニカーのシクレは1,000円で売れました | トップページ | アウディスポーツクワトロS1が来日中 »

ミニカー購入記(2010年2月20日号)

・hpi-racing 1/43 #1 トヨタセリカGT-FOUR(ST165)('89 オーストラリアラリー)
アイアイアド・カンパニーで5,670円で購入。
レギュレイションがグループAに移行し、クルマの四駆化が進む80年代後半、トヨタはWRC制覇に本格的に乗り出し、セリカの四駆ヴァージョンGT-FOUR(ST165)を88年から投入。初年度はさんざんな成績に終わり、翌89年も前半戦こそ苦戦するものの、第10戦のオーストラリアラリーでついに初優勝を挙げ、その後は開発が進み、常勝ランチアを相手に優勝争いを繰り広げるように。
そんなST165のうち、先にリリースされた90年のサファリ仕様に続き、88年に初参戦し6位入賞したエリクソン車と、89年に初勝利を挙げたカンクネン車がリリースされたので、ここは「初勝利」の冠を重視してカンクネン車を入手。
マールボロデカールは同梱されておらず、hpiお得意の期間限定のプレゼント方式。キャンペインは21日からなので、明日になったら早速応募せんとね。
ところでこのセリカ、ここのところhpi製品は潤沢に流通していたので余裕ぶっこいていたら、実は生産数が少ないことが判明。慌てて巡回先を巡るも軒並み全滅。久々アイアイアドまで脚を伸ばしてみたら幸い残っていたのでなんとか確保出来た。
ったく、リリース後に「生産数少なめ」とか発表すんなよ(-_-#)。てか、なんで人気が出そうなセリカに限って生産数絞るかね?
ミニチャンプスも生産数絞ってる(&京商も仕入れ数を押さえてる)ってハナシだし、ホント、ミニカー業界のこーゆー体質にはウンザリだわ。デキが良いだけに余計残念っつーかなんつーか…。

キャンペインページのスクリーンショット

« けいおん!痛車ミニカーのシクレは1,000円で売れました | トップページ | アウディスポーツクワトロS1が来日中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/47616061

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2010年2月20日号):

« けいおん!痛車ミニカーのシクレは1,000円で売れました | トップページ | アウディスポーツクワトロS1が来日中 »