2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ミニカー購入記(2010年2月24日号)

・エブロ 1/43 #1 カルソニックスカイライン('94 JGTC)
mamboxの通販で4,750円(送料500円)で購入。
設立初年度の悲惨な状況を打破するためにGTアソシエーションを設立し、レギュレイションを再構築して新たなスタートを切った、事実上の初年度に参戦したホシノレーシングのクルマで、影山正美のドライヴィングによりシリーズチャンピオンを獲得したGT-Rがエブロのレジェンド・オブ・JGTCシリーズから登場。
当時のクルマはグループA車両をGT仕様に仕立てていたこともあって、ベイス車両の面影が強く残っているので、個人的には近年の先鋭化し過ぎたGTカーよりも「GTカー」って感じがして好きだな。
なんだけど、このパッツンパッツンのタイヤはどうしたことか? グループA GT-Rの時さんざ叩かれたハズなのに教訓が全く活きてないんじゃ?

ミニカー購入記(2010年2月23日号)

・サークルKサンクス限定 1/64 マクラーレンF1 GTR レーシングコレクション
ときめきモールで6,800円(送料315円)で1ボックス購入。
サークルKサンクス限定ミニカーシリーズ第41段のマクラーレンF1 GTR レーシングコレクションが、ル マン出場車とJGTC出場車という、ブログ主にとってはご馳走、かつどれも捨てがたいステキ車種選択だったので、サークルKサンクス限定ミニカーとしては始めて箱買い。
製品サイトでは「1車種が複数台入っている場合がございます」なんて脅してるけど、実際はコンプ出来る良心アソート。
少量アソートの時はコンプ出来るようにしてあるとは、京商にも幾ばくかは良心回路があったのね(苦笑)。
さて、デキの方はというと、相変わらずスケールの割りにはシャープな造形で良くできてる。
一方で、ブリティッシュスポーツカーの時ほどの不良率の高さじゃないし、交換に出すような致命的なものでもないけど、ミラーやウイングが少々傾いじゃってる個体が混じっていたりして、品質管理の面では今一歩というところ。単価が上がってるのにこの有様は少々納得いかないなぁ。

では箱買いした時のお約束、自分が購入したボックスの配列をご紹介。

'97 #42 FINA(ロング)'95 #59 国際開発(ショート)
'96 #39 FINA(ショート)'96 #44 ラーク(ロング)
'96 #60 JGTC ラーク(ショート)'95 #24 ガルフ(ショート)
'98 #41 ロックタイト(ロング)'97 #39 ガルフ(ロング)
箱手前

例によって例のごとく、この並びを保証するものではないので悪しからず。

#あとは、ミュージアムコレクションがラークのデカールを出してくれるのを期待。

アウディスポーツクワトロS1が来日中

アウディスポーツクワトロS1の展示スペースの写真

ミニカーコレクターのブログを巡回していたら、日本で唯一のアウディのブランドショウルーム<アウディフォーラム東京>スポーツクワトロS1が展示されているというネタを見つけたので、早速神宮前に出撃。

アウディフォーラム東京の写真

この建物、ヴェロックスっていうディヴェロッパーが建てたらしいんだけど、このヴェロックスってのは、やっぱ“チームヴェロックス”のヴェロックス?
それはさておき、お目当てのS1は2階のブランディングフロアに鎮座ましましてた。

アウディスポーツクワトロS1の写真 1

85年にデヴュウしたアウディのグループBモンスターマシーン、スポーツクワトロS1。
86年のモンテカルロで、ヴァルター・ロールの手により4位に入ったクルマをリストアしたもので、普段はインゴルシュタットのアウディミュージアムに展示されているものを、期間限定(2月2日から年内一杯)で貸し出されたものだとか。

アウディスポーツクワトロS1の写真 2

アウディスポーツクワトロS1の写真 3

アウディスポーツクワトロS1の写真 4

アウディスポーツクワトロS1の写真 5

アウディスポーツクワトロS1の写真 6

アウディスポーツクワトロS1の写真 7

巨大なリップスポイラーとウィングがなんとも言えないド迫力。
正直、ここまで来るとさすがにグロテスク過ぎて、グループBのクルマって好きか嫌いかで言うと、決して好きとは言えないんだけど、この迫力のあるエクステリアはやはり一見の価値あり。

アウディスポーツクワトロS1の写真 8

てなわけで、普段なかなかお目にかかれない貴重なグループBカーをお腹いっぱいになるまで観察出来て大満足。WRCファンなら足を運んでおいて損無し。
こんな調子でル マンカーなんかも展示してくれたら嬉しいんだけどねぇ。

ミニカー購入記(2010年2月20日号)

・hpi-racing 1/43 #1 トヨタセリカGT-FOUR(ST165)('89 オーストラリアラリー)
アイアイアド・カンパニーで5,670円で購入。
レギュレイションがグループAに移行し、クルマの四駆化が進む80年代後半、トヨタはWRC制覇に本格的に乗り出し、セリカの四駆ヴァージョンGT-FOUR(ST165)を88年から投入。初年度はさんざんな成績に終わり、翌89年も前半戦こそ苦戦するものの、第10戦のオーストラリアラリーでついに初優勝を挙げ、その後は開発が進み、常勝ランチアを相手に優勝争いを繰り広げるように。
そんなST165のうち、先にリリースされた90年のサファリ仕様に続き、88年に初参戦し6位入賞したエリクソン車と、89年に初勝利を挙げたカンクネン車がリリースされたので、ここは「初勝利」の冠を重視してカンクネン車を入手。
マールボロデカールは同梱されておらず、hpiお得意の期間限定のプレゼント方式。キャンペインは21日からなので、明日になったら早速応募せんとね。
ところでこのセリカ、ここのところhpi製品は潤沢に流通していたので余裕ぶっこいていたら、実は生産数が少ないことが判明。慌てて巡回先を巡るも軒並み全滅。久々アイアイアドまで脚を伸ばしてみたら幸い残っていたのでなんとか確保出来た。
ったく、リリース後に「生産数少なめ」とか発表すんなよ(-_-#)。てか、なんで人気が出そうなセリカに限って生産数絞るかね?
ミニチャンプスも生産数絞ってる(&京商も仕入れ数を押さえてる)ってハナシだし、ホント、ミニカー業界のこーゆー体質にはウンザリだわ。デキが良いだけに余計残念っつーかなんつーか…。

キャンペインページのスクリーンショット

けいおん!痛車ミニカーのシクレは1,000円で売れました

ダブってしまった痛車ミニカーコレクション けいおん!のシクレを売って資金を作ってあずにゃんチェイサーを入手しよう作戦」(長ぇよ)を実行しようと、hpiのST165を探しにアキバに出かけたついでにミニカーを扱っているリバティーの11号店に。
まずは小スケイル取り扱いフロアであずにゃんチェイサーの在庫と値段(あずにゃん、混入率が低いのか、他のメンバーより高めの1,260円)を確認してから買い取り受け付けフロアに移動して買い取ってもらえるか確認してみると、幸い空いていたからか食玩1個でも引き受けてくれ、だいたい予想通りの1,000円の査定額だったので精算。
で、受け取った代金を握りしめて小スケイルコーナーに戻り、260円の追金であずにゃんチェイサーをGet! 無事HTTメンバーの痛車が揃いましたとさ(^ω^)。

買い取り時のレシートとあずにゃんチェイサーの写真

ミニカー購入記(2010年2月19日号)

・エブロ 1/43 #74 COROLLA Axio apr GT('09 SUPER GT)
アートミニカーで4,536円で購入。
aprがこれまで使っていたMR-Sから、ボディサイズの適正さを買って採用したブランニューマシーンはなんとカローラ!
'09シーズンは、トヨタカローラ店のコーポレートカラーであるオレンジを纏った74号車(このゼッケン番号には、ロードレースファンとしては少々イラッとさせられるけど、それはまあ置いておこう)と、avexがスポンサーについた31号車の2台がエントリィ。
参戦初年度ということもあって目立った戦績こそ挙げられなかったものの(シリーズランキングは10位)、GT300離れしたエクステリアの存在感は抜群。まぁ、GT300でここまでベイス車両とかけ離れたクルマを走らせていいのか? ってギモンはあるんだけど(苦笑)。
だってさぁ、たとえレースで活躍して「アクシオカッケー! オレもアクシオ乗る!」なんて気になってカローラ店行ったらこんなレースカーとかけ離れたクルマが並んでるんでしょう?
aprの開発努力・能力を貶めるつもりはまったく無いけど、こーゆー、マーケティングに繋がらないレースカーでレースするから、いわゆる「文化として育たない」んじゃないのかねぇ?
それはさておき、モデルの方は、最近のGT300車両としては珍しくダイキャスト製で。にも関わらずapr アクシオのマッチョなボディラインや、複雑な造形のボンネット周りを結構上手に表現してるんじゃないかな?

日野レンジャーカミオンのサイン入りフォトが当たりましたよ

先日、J SPORTSダカールラリーサイトで、ダカール関連グッズプレゼントをやっていたので(↓)、中でも当選点数が多い、菅原義正・照仁両選手のサイン入り写真狙いでダメモトで応募。

プレゼントの景品の画像

もともとクジ運が悪い方なので全然期待してなかったんだけど、今日仕事から帰ってきたら、ポストにJ SPORTSの封筒が入ってましたよ、奧さん!ヽ(´∀` )ノ

当選したレンジャーのサイン入り写真の写真

そーいや以前、JLMCのチケットプレゼントも当たったし、もしかしてJ SPORTSって懸賞の穴場?

嗚呼、パーカーに続いてフランシスまで…

「ディック・フランシス氏死去」(ハヤカワ・オンライン)

浅倉久志の訃報を知ってハヤカワにアクセスしてみたら、フランシスも14日に亡くなっていたなんて・・・ヒギンズに次いで大好きな作家だけにすげぇショック。
謹んで哀悼の意を表します。

それにしても今年はミステリィ・ハードボイルド好きには厄年だ…(´;ω;`)。

#新作の『拮抗』、ブックオフ待ちしてたけど、追悼の意味も兼ねて買ってこようかな…。

北高コンピ研の同人ゲーム『THE DAY OF SAGITTARUIS III』がiPhoneに移植される!

「コンピ研と対決!! 「涼宮ハルヒの憂鬱」がiPhoneゲーム化」(ASCII.jp)

角川、面白いところに目を付けたな。
でも、長門艦長のグラフィックが無いんならいらなーい(笑)。

市販ソフトのキャプは…出来ないんだろうな、やっぱ

「VHSテープなど過去のアナログビデオ資産を手軽にDVDにできる、USB2.0用アナログビデオキャプチャー」(BUFFALO)

これは市販のヴィデオソフトもキャプれるのかしら? マニュアル[PDF]見た限り「出来ない」とも明言はされてないなぁ。
万一キャプれるなら、DVD化が見込めない or DVDを買い直すほどの熱意は無いソフトをDVDに焼いてVHSのデッキとはオサラバ出来るのになぁ。

#しかしさぁ、なまじソフトを持ってるが故に、メディアが「終わって」しまっても再生環境を捨てられないって状況、ホントイラっとするよね(゜Д゜#)。

『プロジェクトパーム』のiPhone版キタコレ!

「突然だけど、iPhone版『Project Palm 1』公開!」(Project Palm)


をを、かつて機長さんのサイトのアンケイトに「出版された暁には絶対買うぜ」コメントはしたものの、いざリリースされたのがXMDFなんてツブシの効かないフォーマットで購入に二の足を踏んじゃったんだけど、iPhone版が出たのなら今度こそ買わせて頂くぜ、機長さん!

#iPhoneアプリだってツブシが効かないだろうってツッコミは無しの方向で(^_^;)。

シクレを引いて嬉しくないことがあるなんて

最近ネタ不足なので、しょーもないネタでお茶を濁しております…。

以前ボックス買いをしたが故に、シークレットの対価で入手出来なかった痛車ミニカーコレクション けいおん!(あれ? 特設ページもう無くなっちゃった)のあずにゃんチェイサー。
これが、絵柄は違えど2種あるHTT初期メンバーの誰かだったらそのまま放置でも良かったんだけど、さすがにあずにゃんが欠けるのは寂しい、というわけで、位置を選べる状況にあったらチャレンジするつもりでいたものの、なかなか開けたてのボックスに巡り会うことが出来ないまま数ヶ月。今日、アキバに行った際にヨドバシを覗いたところ、開封したてのボックスがようやくあったので、自分が購入したボックスでシークレットが入っていた位置を抜いてみたら・・・

痛車ミニカーコレクション けいおん!のシークレットの写真

まさかのシークレット…○| ̄|_
さすがにシクレの位置が固定ってことは無いよねぇ? なんという斜め上の引きの強さ。

#あ、コレを食玩ショップで買い取ってもらって、そのカネであずにゃんチェイサーを買えばいいのか。

まぁ、AUTOSPORTは「ジャーナリズム」じゃないそうですから

2月9日「●華やかなMatech Ford GTルマンチーム」(Sports-Car Racing)

“Maiechにも、そのような情報を流したのか?質問してみたが、もちろん、Matechも、そのような間違った情報は流していないそうだ。それどころか、Matech Competitionは、そのウエッブサイトと雑誌から取材を受けたことすらないそうだ。
 即刻訂正することを願いたい。そして、これからは取材を行って記事を作成されることを願いたい。”

「あるウェッブサイト」が報じたってのは、当然AUTOSPORTwebの記事のことなわけど、ココは「日本のモータースポーツ界にはジャーナリズムが成立しない」なんて見解を言って憚らないところだからねぇ。鈴木はんの訴えが届くとは思えませんな。

ロードレース界の寂しい話題2題

「青山周平がロードレース引退を決意」(MFJ SUPERBIKE)
「伊藤真一、JSB“卒業”表明へ」[F1 EXPRESS]

周平、とうとうGPの道断たれてオートレーサーに転向かぁ。残念だけど新天地でも頑張れ!
それにしても兄弟で随分明暗分かれちゃったなぁ。

一方イトシンはあくまでも「JSBの卒業」って言い方だから、別のクラスとか8耐とかではまだまだ走ってくれそうだね。
ともあれ、ファンとしてはぜひともチャンピオンを奪回して有終の美を飾って欲しいね!

ワンフェスでレーシングミク発表・・・したけど

「ワンフェス会場から!」(ミクGT 広報ブログ)

うーん、このレーシングミクのヴィジュアルは個人的にはちょっと萌えないなぁ(特に乳があかん、乳が(笑))。
このヴィジュアルメインでのグッズ展開だと、スポンサー継続はちょっと考えちゃうな。
でも、「ファンの力で走るレーシングチーム」ってコンセプトには共感するし、15日の詳細まで態度保留かな。

#あー、この996ってチョロQレーシングの個体だったのか。

ミニカー購入記(2010年2月3日号)

・ノレブ 1/43 #511 日野レンジャーカミオン('09 ダカールラリー=アルゼンチン−チリ)
mamboxで6,160円(送料はYZR-M1と合わせて500円)で購入。
08年、モーリタニアの治安悪化が原因でスタート前日に大会の中止が決定されるという前代未聞の事態に見舞われたパリダカは、09年から舞台を南米に移して再開。
初開催となるアルゼンチン〜チリ〜アルゼンチンをコースとするダカールラリーにおいて、ティームとしては18年連続参戦・完走を果たし(成績は総合26位)、1号車のドライバーである菅原義正は、2輪時代も含めて20年連続完走という前人未踏の記録を打ち立てたレンジャーカミオンがノレブから登場。
戦績としては息子照仁の2号車の方が全然上(総合10位・10リッター未満クラス2位)だったけど、どうやらノレブはあくまでもお父ちゃんの乗ったクルマをモデル化する方針らしい。
しかし、去年は途中あわやリタイヤになりそうなところをタイムペナルティだけで済んで、なんとか完走まではこぎ着けたものの、今年の1号車は残念ながらリタイヤに終わってしまい、連続完走記録が途絶えちゃったけど、それでもお父ちゃんの方をモデル化するつもりなのかしらん?

・ミニチャンプス 1/12 #46 ヤマハYZR-M1('08 MotoGP)
mamboxで6,000円で購入。
大型ルーキー、ホルヘ・ロレンゾがステップアップを果たしてますます加熱する09年のMotoGPクラスのチャンピオン争い。
とは言え、前年チャンプのストーナーは前シーズン程の安定感を見せられず、ペドロサはシーズン途中で負ったケガに泣き、と、3強の一角が続々とチャンピオン争いから脱落。そしてルーキーらしからぬ速さを見せたロレンゾは転倒も多くチャンピオン争いには残れずにいる中、持ち前のここぞというところの速さ、強さをコンスタントに発揮してシーズン9勝を挙げ、3年ぶり、自身通算6回目のチャンピオンを獲得したヴァレンティーノ・ロッシ駈るM1がミニチャンプスから登場。

iPhone OS 3.1.3でようやくiPhone 3Gでリッジが動いた!

「アップル、不具合を修正する最新版『iPhone OS 3.1.3』公開」(ケータイ Watch)

「他社製アプリケーションが起動しない事象」の改善も含まれているので早速インストールしてリッジをプレイしてみたら、今度はちゃんとフリーズせずに遊べたヨー!ヽ(´∀` )ノ

アンドロイドのフィギュア登場

…って書くとなんのこっちゃ?ですな(^_^;)。
世界中の情報を牛耳ろうと目論む闇の組織Googleの先兵のAndroid(違)がフィギュアになるってお話ね。

「Google公式 Android コレクションフィギュア 16体BOXセット」(engadget日本版)

元のイラストはかわいいと思ったけど、立体になるとイマイチかわいくないのはなんでだ?
イラストだと、口に相当する頭と胴の間の隙間が間の抜けた感がイイ味を出しているのに、このフィギュアの解釈だと歯を剥き出して笑っているように見えるからかな?

#つーか、そもそも日本でも売るのか? これ。

2010シーズンのミクGTカーはZ4から996 GT3 RSRに変更

「新チーム結成!」(GOODSMILERACING)

なにやら紆余曲折あって今シーズンは体制・マシーンを一新して挑むことになったグッドスマイルレーシング。996なら去年よりは成績期待出来るかな?
チーム運営がグッドスマイルレーシングになったってことは、今年のミニカーはグッドスマイルレーシングからのリリースを期待出来るかもね。

#もうちょっと詳しい内容がAUTOSPORT webASCII.jpにも掲載されましたな。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »