2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

そのうちストリートビューで富士を走れるようになるみたい

「Googleストリートビュー撮影に関して」(富士スピードウェイ)

さすがにサーキットはダマで走るわけにはいかないからねー(笑)。
その他のサーキットも順次加わるのかしら?
ま、鈴鹿に関してはそれ以前に雲で東コースが隠れてることの方を何とかして欲しいけどね(苦笑)。

最近のiTunesカードをスクラッチするとコードまで削れませんか?

楽曲の購入予定があるので、少なくなったiTunes Storeのチャージ金額を補充しようとiTunes Cardを購入。
久しぶりに購入したら、またプラの厚みのあるカードに戻り、スクラッチも分厚くなっていたので、コインで削る際、ちょっと力を入れてこすったら、なんとコードの一部まで削れてしまう(゜Д゜)。
なんとか、うっすら残る削り跡から解読して事なきを得たけど、結構力入れないとスクラッチ部分が剥がれないのにコードまで削れちゃうって、明らかに設計ミスだろう。
皆様のカードはそんなことありませんでした? これから買う方は要注意でっせ。

#ちなみに最近のカードのスクラッチは、コインなんか使わずに爪で端をこじって、ゆ〜っくり剥がしていった方がキレイに剥がせまっせ。

エヴァレーシング、ちょっと商売っ気出し過ぎじゃね?

「EVA RACING SUPORTERS個人スポンサー 2010募集要項」(エヴァンゲリオンレーシング)

特典内容のスナップショット

というわけでいよいよ個人スポンサーの協賛特典が発表されたエヴァレーシングなわけだけど、一番お安いシルバーコースの特典がどれも微妙だなぁ。これに1万3千円は出せん。
レイとアスカのレースクイーンフィギュアにはちょっと惹かれるけど、3万円コースからってのがやらしいなぁ。
せめてレイのみコース、アスカのみコースとかで2万だったらまだ考えたけど、ことさらエヴァに思い入れのない身としては、どこ製の、原型すら公開されてないフィギュアに3万出すほどの博打は打てないな。パスパスぅっと。

ミニカー撮影用にLEDライトは有効か?

LPL VL-300とブランケットの写真本家サイトのミニカーコーナーの写真は、窓際に簡易撮影スタジオを置いて自然光で撮影してるんだけど、それだと天気が悪い日にはどうしてもアンダー気味になってしまうのが悩みどころ。
さりとてちゃんとライティングする労力をかける気までは起きないし、コンデジのフラッシュではキレイに光が回らないし、どうしたもんかと思案していたところ、カメラのホットシューに装着出来るタイプのLEDライトがあることをデジカメWatchの記事で知り、この記事で紹介されている製品をリリースしているLPLならそこそこお手軽価格の普及版もあるので買ってみることに(実際、撮影に使っているのはコンデジなのでホットシュー云々はあんま関係無いんだけど(笑))。

調光出来る必要は全く無いし、予算的にもそこまでは出せないのでハイエンドのVL-300Cは却下。現実的な選択肢としては、LED9個使用のVL-90とLED30個使用のVL-300のどちらか。
セッティングした様子の写真ミニカー撮影程度ならVL-90の方でも良さそうなものの、中途半端にケチって光量不足になり、安物買いの銭失いで泣くことになるよりは、大は小を兼ねておいた方が結果的には幸せだろうと、VL-300をブラケットとセット(ライト:8,781円+ブラケット:1,157円)でアマゾンでポチったものが到着したので撮影サンプルをご紹介。
撮影は左の画像のようにブラケットを用い、クルマのフロント側から光が当たるようにセッティング。
モデルさんは、本日購入したアイアイアド・カンパニーオリジナルブランドのアドバンテージ製ペネロープ号。

まずは比較のために、これまで通り自然光で撮った画像。

明るい自然光で撮影した画像サンプル

ま、これはこれで全然悪く無い──というか、天気が良くて十分光りが差す分には、ヘタなライティングするより全然こっちの方が良いんだけど、前述したように天候に左右されるのがネック。
カーテンを引いて暗い状態をシミュレイトするとこんな感じ。

暗い自然光で撮影した画像サンプル

続いて参考までにコンデジ(PowerShot S90)のフラッシュを焚いて撮った画像。

明るい環境光の中でコンデジのフラッシュで撮影した画像サンプル

明るい環境光+フラッシュ。

暗い環境光の中でコンデジのフラッシュで撮影した画像サンプル

一応暗い環境光+フラッシュも。
このように、環境光が明るかろうが暗かろうが周囲が暗く落ちてしまう上、光りがクルマの一部にしか当たらず全然よろしくない。

そして期待のLEDライトで撮った画像。環境光は明るい状態。

明るい自然光の中でLEDライトで撮影した画像サンプル

あ、あれ? キャッチライトくらいにはなるけど、期待した程の明るさじゃないなぁ(´・ω・`)。
いやいや、環境光が暗い時に威力を発揮してくれればいいんだから…。

暗い自然光の中でLEDライトで撮影した画像サンプル

う〜ん、正直微妙(・ω・)。
フラッシュほど極端じゃないけど、やっぱブツの一部にしか光りが当たって無いなぁ。
でも待てよ、正面から当てるからこうなるんであって、真上から当てればもうちょっと均一に光りが当たるんじゃね?
と思い、手持ちで上から当てて撮影してみると…。

LEDライトを真上から照らした状態で撮影したサンプル

あー、うん、これならまぁまぁイケるね。
背景には期待したほど光りは当たって無いけど、少なくとも正面から当てた場合よりはモデル自体に均一に光りが当たるので、暗いときの補助光としては十分効果があるんじゃないかな。
あー、良かった〜。これなら1万円ドブに捨てることにならずに済みそうだ(ブラケットはムダになったけど(^_^;))。

というわけでこのLEDライト。個人的にはギリ目的を果たしてくれたけど、決して万人にオススメ出来るほどの効果はありませんでしたな。

ミニカー購入記(2010年4月24日号)

・アドバンテージ 1/43 サンダーバード FAB1 ペネロープ号(『サンダーバード』)
アイアイアド・カンパニーで20,790円で購入。
かつて自社ブランドでアンチモニー製ミニカーをリリースしていたミニカーショップ アイアイアド・カンパニーが久々にアドバンテージブランドを復活させ、『サンダーバード』に登場する、国際救助隊のエージェント レディ・ペネロープの愛車FAB1をレジンでモデル化。
東北新社から資料を取り寄せて細部まで再現したのがウリで、生産台数も再生産無しの250台という希少品。
去年の9月に『model cars』で発売予告記事を見てソッコーで予約したものの、当初の発売予定の11月からは大幅に延び延びになってようやくリリース。
ペネロープ号のミニカーは、コーギー製のオモチャ然としたものか、天賞堂やプロダクトエンタープライズのプロップレプリカのように、超絶クオリティだけにとても庶民の手が届くようなお値段ではないものかの両極端で、標準スケールでデキの良いペネロープ号が無いのがもどかしかったんだけど、ようやくヨンサンで決定版とも言えるペネロープ号がリリースされたのは喜ばしい限り♪
今月はここ数年で始めてミニカー購入が無い月になるかと思いきや滑り込みで高額アイテムが登場したけど、ことほど左様な状況で予算が残ってて助かった(^_^;)。
なんでも原型を中国に任せたら、原典を知らずに作ってるせいで、乗車しているペネロープのフィギュアを普通の人間の頭身で作って来るので何度もやり直させるんだけど、なかなか意図が伝わらずイメージ通りにならなかったそうで、やはり中国相手のやりとりは色々大変な模様。
時間がかかるのでいつになるかは分からないけど、次はこれをベースに映画版のモデル化を目論んでるそうなのでファンはお楽しみに。

フジミからヨシムラGSX-Rが出る・・・だと・・・?

「2010 第40回静岡ホビーショー発表アイテムご紹介」(フジミ模型)

フジミ 1/12 ヨシムラGSX-R750製品情報の画像

うおおおおおおっ!! 80年代、ヨシムラの黄金時代を築いたGSX-R750のインジェクションキットですとー!!
もっぱら積んどくモデラーなので買っても手を付けない可能性が高いけど(実際タミヤの隼 X-1はタンスの肥やしになってる(^_^;))、ヨシムラファンとしてはとりあえず押さえないとね。
しかし、1/12のマスプロダクトのキットで4,800円とはずいぶん高いね。まるでガレキじゃないっスか(´Д`;)。
8耐仕様へのコンバージョンパーツ同梱だったら嬉しいけど、さすがにそれはないか?(そうだったらちゃんとアピールするよね)
何はともあれヨシムラファン必携アイテムになることは間違いないですな!(゜∀゜)

#アッセンはキャンセルになっちゃったけど、第5戦 モンツァへの代替参戦も決まったし、確実にヨシムラの時代が来てるね!

「マン島TTへの挑戦」と言えばホンダのイメージが強いけど

「英国・マン島がスズキのTTレース参戦50周年記念硬貨を発行」(スズキ)

日本人初のウィナーはスズキから出てたんだよね。実は。
それにしてもこのコイン欲しいなー。日本でも入手出来るようにしてくれんかのぉ?>スズキはん。

小惑星探査機<はやぶさ>周辺が熱すぎる

「イカロスとはやぶさがキャッキャウフフしてたらボイジャー参戦w」(Togetter)

先日<はやぶさ>がプラモ化されるってのがIT系メディアで採りあげられたかと思えば、今度は衛生同士がツイートによる漫才をしていたことが発覚ですと? <あかつき>にはちゅねを載せる件といい、JAXA最近アグレッシブだね。
宇宙開発への関心を高める宣伝目的の意味あいが強いんだろうけど、こーゆー悪ノリは大好きだわ。
そのうえ擬人化版のはやぶさたんまでフィギュア化されるとかどんだけー?(はやぶさたんもJAXAの監修を受けるのか?(笑))
良い機会だから『現代萌衛星図鑑』でも読んでみようかな〜?

いやしかし、発売前の製品でこれだけ祭りになるのもアップルならではだな、と

「次世代「iPhone」のリーク画像--流出の経緯から考えられる疑問」(CNET Japan)
「『iPhone 4G / HD』かもしれない謎の携帯、拾われる」(engadget日本版)
「めざましでも紹介!バーで拾われた新iPhone 4Gを米Gizがスクープ!」(GIZMODO JAPAN)

アップルの陰謀(意図的なリーク)説まで囁かれる今回のiPhone 4G試作品?流出騒ぎ。
事の真意はともかく、これほど新製品に注目が集まり、その一挙手一投足に注目が集まる企業もそうそう無いよね。
90年代、いつ潰れてもおかしくない斜陽の時代を知ってる身としては隔世の感があるわー。

それにしても、GIZMODOの言い分が本当だとしても、常識的に考えて発売前の製品の試作品がマトモな手段・経緯で手に入るわけないんだから、「盗難品とは知りようが無かった」って言い訳はあまりにもコドモじみてるよねぇ。
それだけにかえって意図的なリーク説が信憑性を帯びるんだよね、今回の件は(ま、ギークの常識なんざそんなもん、って可能性も高いけど(^_^;))。

#ぶっちゃけ、ソリッドなシェイプのこの試作品?のデザイン、現行機より好みだからこのままで出て欲しいな。

アイスランドの火山噴火はヨシムラのSBK初挑戦にも水を差す

「スーパーバイク世界選手権 第4戦オランダ(アッセン) 参戦中止のお知らせ」(ヨシムラ)

これまたしょうがないことだけど、楽しみにしてただけに残念なニュースだなぁ。
当初の予定じゃ次は第12戦 イモラの予定だけど、なんとか前半戦に再チャレンジが実現することを期待!

ヨシムラGSXR1000 SBK仕様の写真

GP見てきてン十年にして初めてのハプニング発生!

「第2戦日本GP開催延期について」(motogp.com)

あちゃー、F1の中国グランプリは開催されてたからなんとかなるのかと思ってたらダメでしたか。
今週末は天気が良さそうだっただけに残念だけど、テキが自然災害とあっちゃぁ仕方ない。
まぁ、去年のカタールでの豪雨による順延のように平日にずらされても対応出来ない(会社休めない)かも知れないし、ガッツリ時期ずらしてくれたのは正解だろうね。

日本GP順延を伝えるもてぎのサイトのスナップショット

待て騙されるな、そのロボットは米軍の陰謀だ!

「人型ロボットが宇宙へ:宇宙ステーションで作業」(WIRED VISION)

そのヒト型ロボットは実は<ガーディアン>と言って、制宙権を確保せんと目論む米軍が密かに開発した兵器なんだ。IISに送り込んだりしてはいけない!(出典:『MOONLIGHT MILE』)

まさかのaprとエヴァのコラボ!

「apr31号車にエヴァンゲリオン! 第3戦富士から“初号機aprカローラ”に」(AUTOSPORTweb)

当然レーシングスーツやレースクイーンのコスはプラグスーツ風デザイン?(°∀°)
エヴァにはさして思い入れないけど、個人スポンサー募集とあっちゃ乗るしかない、このビッグウェーブに。
これで今シーズン、我がサイトは2ティームにスポンサードすることになるのか。胸が熱くなるな(笑)。
今回はディズニーよりはミニカー化のハードルは低そうだねよね、きっと。

ところで・・・

「エヴァ痛車が『SUPER GT』参戦」

まてまてITmedia。初号機風グラフィックまで「痛車」で括るのはどうか?
だったらOO DUNLOP SC430や仮面ライダーRTのCBRまで痛車になっちゃうぞ。

#「全てはGTAのレギュレーション通りに…。」に吹いた(笑)。

カップホルダーに差すスピーカーとは考えたな

「ソニー、車内でも使える新機軸のウォークマン用スピーカー━タンブラー風の「SOUND MUG」。カップホルダで固定」(AV Watch)

これは上手いこと考えたなー。
デザインもソニーにしちゃ結構垢抜けてるし、クルマ持ってたら真剣に購入を検討したな。

表紙がけ○おん!!だったらクレーマー化したところだ

とある雑誌をポイント目当てでヨドバシカメラで購入。
ここは立ち読み防止&付録抜き取り防止のため低粘着のビニールテープが巻かれているので、家でテープを剥がしてみたら・・・

『Newtype』2010年5月号の裏表紙の写真

テープにインクが移ってこの有様(゜Д゜;)。
同時に買った別の雑誌はそんなことなかったので、この雑誌のコーティングが弱かった模様。
別に保存用の雑誌じゃないから今回は不問に付すけど、これが保存のための雑誌とか某アニメが表紙だったりしたら、ガッツリクレーム行きまっせー。

嗚呼、せっかく国内でS102が拝めるチャンスなのに…

「童夢S102のテストプログラムを開始します。」(童夢)

え〜、S102が富士を走るってぇ!?
スポーツ走行枠なら、入場料さえ払えば見れるんでしょ?
でも平日かぁ。有休取って見に行っちゃおうかなぁ…。

BOSSにGPマシーンのミニカーが付いてくるキャンペインスタート

<走る!最速バイクコレクション フリクションバイク MotoGP>(SUNTORY BOSS)

車種セレクトは分かってらっしゃる感があって良いんだが、正直、造形がショボすぎる('A`)。
しかもコーヒーでドライとか口に合わなそう。
とりあえずシュワンツのγとノリックのミスター飲茶号だけは押さえるけどねー。

童夢、今年のル マン参戦を断念

「遥かなるルマン」(童夢)

『鈴木亜久里の挫折』を読んだ時も思ったけど、ホント、レース界とは魑魅魍魎の跋扈する魔窟なのだなぁ。くわばらくわばら。
まぁ、「スポンサー活動も性に合わないし、スポンサー頼りのレース活動には否定的だし」なんてポリシィというか主義というか矜持に拘ってたら、不愉快な目に合うのもある意味自業自得じゃない? と思わないでもないけど(^_^;)。
それはさておいても、ル マンへ参戦する費用とか、参戦の舞台裏で起きていたドロドロが赤裸々に綴られていてル マンウォッチャー必読のコラムでしたな。

【追記】
Sports-Ca Racingに、童夢参戦断念の件について郷 和道のインタヴュウが掲載されているので、合わせてクリップ。

「それでも日本はルマンを目指す 郷和道/チームゴウインターナショナル代表」

iPhoneにも「紳士」旋風が吹き荒れる・・・のか?

「KONAMI、iPhone/iPod touch『ラブプラス』発表」(GAME Watch)

AR技術やらGPSを使って「カノジョ」とお出かけですか。
こーゆー技術のムダ遣い感は決して嫌いじゃないぞ。
でも、その「大切な記録」のためにはiPhoneのカメラ性能はショボすぎるよね。

ダイジェストを深夜リアルタイムで見ると思ってんのか?

「『スーパーGTコンプリート』初回放送の視聴率は1.3%」(AUTOSPORT web)

まー、そんなもんじゃないの? 視聴率は。
だいたい、スキモノはJ SPORTS Plusのライブか、それを録画したのを見るだろうから、一週間遅れの深夜のダイジェストをリアルタイムで見てもらえるなんて期待する方がどうかしてる。
むしろ深夜番組で大事なのは視聴率より録画率でしょ? そっちの数字もちゃんと検証・分析した上で時間帯がどうのとか言ってるのかね?

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »