2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

DIDの激似アクションフィギュアの顔がリアル過ぎてコワイ

ホビー通販ショップを巡回していたら、『バンド・オブ・ブラザース』のリチャード・ウィンターズ中尉にとても良く似た(BOBのウィンターズは中尉〜大尉だったから別人別人♪)12インチフィギュアが掲載されていたので、「またドラゴンは…」とか思って良く見て見たら、DRAGON IN DREAMというドラゴンと付いてはいるものの別のアクションフィギュアメイカーであることが判明。
で、サイトを覗いてみたら、『スターリングラード』でジュウド・ロウが演じたザイツェフエド・ハリス様が演じたケーニッヒに良く似たフィギュアやら、トム・ハンクス演じる『プライベート・ライアン』のミラー大尉に良く似たフィギュア等々、なかなか魅力的なラインナップで攻めてるんだけど、それより何よりビックリなのがそのフェイスのディテイル。

ケーニッヒ少佐のフィギュアの写真

これ、マジか?(゜Д゜;)
設計用の3Dモデリングデータってわけじゃないよね?
肌の質感やら髭の細かさとか、「12インチフィギュアってレベルじゃねーぞ!」ってくらいの緻密さで、スゲーを通り越してコワイんですけど(^ω^;)。
「日本のフィギュアの造形力は世界いちぃぃぃ!」とか思ってたけど、少なくとも12インチフィギュアの世界じゃ中国はトンデモないレヴェルに達してるようですな。

ミニカー購入記(2010年7月24日号)

・トミカリミテッドヴィンテージNEO ホンダバラードスポーツCR-X Si
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで1,130円で購入。
トミカリミテッドヴィンテージNEOにCR-Xのカラバリが登場したのでお買い上げ。
去年の10月に黒/グレイ・赤/グレイが出た時すっかり出遅れて、TLVとしてはめずらしく瞬殺だったため手に入らなくてちょっと悔しい思いをしていたところにカラバリを出してくれたので今度は即Get。
ホントは赤の方が好きなんだけど、ホンダ車は白のイメージも強いからまぁいいか。

・ディズニー・ピクサー トミカコレクション カーズ マック
タムタムで1,680円で購入。
ライトニング・マックィーンの良き相棒トランポ、マックが、同シリーズのマックィーンを搭載出来るトミカサイズ(?)として登場したのを、先週別の目的でタムタムを覗いた際見かけたので、割り引きとポイント目当てでヨドバシで買うつもりでとりあえずスルーしたところ、地元のヨドバシにも今日覗いたアキバのヨドバシにも無かったので諦めてタムタムに舞い戻って確保。
ところで「トミカを乗せて遊べるトミカ」って実は珍しくない?

ヨシムラの2010年8耐限定グッズ発表

2010鈴鹿8耐限定グッズ紹介ページのスクリーンショット
ヨシムラが今年の8耐限定グッズを発表・・・したのはいいけど、今年は惹かれるグッズが無いなぁ。

そういや今年はスポンサーがJOMOからエネオスにスウィッチしちゃったんだよね。
共石時代から数えると20年以上のパートナーシップが解消されてしまったのにはどんな事情があったんだろうか?(´・ω・`)
それにもうあのエロイコスチュームも見れないかと思うと寂しいなぁ…(寂しがりドコロそこ?)。


エヴァ初号機カローラ補完計画@アムラックス

池袋のアムラックスで初号機カローラの展示とドライヴァートークショウが開催されると聞きつけ、サーキットではマトモに観察する機会が無かったので、これを機に写真を撮りまくっておくことに。
で、せっかくなら空いてるうちにマシーンの撮影を済ませたいのと、あわよくばトークショウの整理券をGetしようと10時に家を出てアムラックスに着いたら実はまだ開館前で1階入口の待機列に並ぶ。
開館と同時に地下の会場に誘導され、座席指定(しかも自分で席を選択可!)の整理券を受け取ってからマシーンを撮影。その成果をお披露目。

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真01

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真02

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真03

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真04

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真05

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真06

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真07

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真08

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真09

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真10

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラの写真11

トークショウの方は、アムラックスという場所柄もあって、レースの知識が無いギャラリーにも配慮したことと、そもそもが富士のアピールも兼ねたイヴェントなのであんま濃い話は聞けず少々期待外れ。
しかも、「長いから覚えられないんだよね〜」などとボケる松浦のためにモニターに表示されたマシーン名が…。

モニターの写真

思いっきり間違ってるやん! しかも2カ所も!(゜Д゜;)
実は開場直後、エヴァレーシングのスポンサー特典のレイ&アスカフィギュアが展示されていたので撮影している最中、スタッフがその机を動かそうとしてレイのフィギュアを転倒させて腕がもげてしまうというハプニングもあったりして、なんだかドジっ子属性の強いスタッフ揃いのイヴェントでしたわ。

オマケ
レースクイーンの水谷望愛さん(レイ)と千葉悠凪さん(アスカ)の写真

フォトセッションで撮影したエヴァレーシングのレースクイーンのお二人、水谷望愛ちゃん(レイ)と千葉悠凪ちゃん(アスカ)の写真。
この手のイヴェントでファン向けにフォトセッション、しかも下の写真のようにクレインズも来てたんだけど、ちゃんとエヴァレーシングのRQとクレインズの立ち位置入れ替えをしたりとずいぶん親切仕様だったのには感心。

フォトセッションでの集合写真

ミニカー購入記(2010年7月18日号)

・エブロ 1/43 #21 ASTON MARTIN 赤坂 DBR9('09 SUPER GT)
ヨドバシカメラマルチメディアAkibaで5,710円で購入。
「09年に開催されるアジアン・ル・マン岡山で優勝し、10年のル マン出場を目指す」という目標のもと一ッ山レーシングがフェニックスレーシングがFIA GTで走らせていたプロドライブ製DBR9を購入、オペレイションとメインテナンスをノバ・エンジニアリングが担当するという体制を築き、勝負は二の次でテストを兼ねてSUPER GTにもエントリィしたアストンマーチン 赤坂 DBR9がエブロ(当然中の人はスパーク)から登場。
岡山での2レースの結果的ライヴァルのJLOCと同率(1位1回・2位1回)だったものの、先に勝利を挙げた方が勝者というルールに泣き、残念ながら念願のル マン出走は果たせず。
JLOCのあのテイタラクを見るくらいならハッキリ言って一ッ山/ノバDBR9が走る姿が見たかったなぁ。
ちなみにアジアン・ル・マン仕様も同時に発売されたものの、こちらの方が人気らしくヨドバシでは見かけず。
しかも出荷と同時にメイカー売り切れと言っても、ヨドバシにあるくらいだらタムタムとかは楽勝だろうと思ってチェックしてみたらどちらも売り切れと、以外と人気があった模様。

9月30日までにiPhone買った方がケースが付いておトク(違)

「Bumper購入者には返金:Apple、iPhone 4購入者にケースを無償配布 アンテナ問題解消のため」(ITmedia)

こっそりハード的な改修をしてるなんてウワサもあるけど、根本的には問題解決してないんでしょ?
10月以降、アンテナ感度の問題に不満を覚えたユーザーに対してはどうケアしてくれるっちゅうねん。
問題をオープンな形で認めただけでも事実上の敗北宣言だけど、ガチガチのマカーながら、さすがに今回のアップル(ジョブズ)の潔の悪さには引いたわー。

あらやだ、マリのRQクオリティ高いっすね

「エヴァレーシング、ついにマリのRQが登場!」(ASCII.jp)

マリのRQの登場は想定の範囲内だけど、降臨するのは菅生かぁ。
しかし、菅生と鈴鹿にアスカが同時に現れるとはどーゆーことか? あ、片方は惣流でもう片方は式波って解釈か!(ホントか?)

#しかしギャルパラを擁するイデアが富士急ハイランドに取材に行っていないとは抜かったな。

アムラックスに初号機出撃す

「富士スピードウェイ SUPER GT Rd.7 PRイベント」(富士スピードウェイ)

をを! 初号機を都内で間近で見られるチャンス到来! これは見に行かねば。
しかしどうせならトリックスターも併せて展示・・・は、ヤマハ系ティームならともかくさすがにムリか。

アムラックスの告知ページの色づかいや極太明朝の使い方の分かってない感がパネェっす。

《ジャパニーズ ル・マン》@ヴィーナスフォート

《Japan power in 24 HEURES DU MANS》の看板の写真
ヴィーナスフォートに併設されているヒストリーガレージで、ル マンで好成績を挙げた日本車3台──マツダ787B(91年優勝)、トヨタGT-One(99年 2位)、日産R390 GT1(98年 3位)を6月23日から8月31日まで展示する《ジャパニーズ ル・マン》という企画展をやっているので、どのクルマも見たことあるものの、トヨタ系の施設にワンテーマでマツダ車、日産車が展示されるという快挙(?)を写真に収めておこうとコンデジ持ってお台場へ。

会場全体の写真
会場内はこんな感じ。写真展示とともに『栄光のル・マン』のダイジェストを流してたりも。

787B・TS020・R390 GT1の写真
表彰台獲得縛り(?)で集められた3台。こうして振り返ると90年代って充実してたんだなぁ。

787B・TS020・R390 GT1の写真
ダンロップブリッジを模した壁をバックにパチリ。

マツダのパネル展示の写真
各車の大西 靖氏撮影の写真パネルの展示の様子。マツダに…。

トヨタのパネル展示の写真
トヨタに…。

日産のパネル展示の写真
日産…と、写真点数と扱いに差別は無し(笑)。

日本人ドライヴァーのパネル展示の写真
ダンロップブリッジ側の壁には主な日本人ドライヴァーのプロフィールも。
15日からは歴代日本車・日本人ドライヴァーの全成績と、寺田御大、関谷、ドリキンのインタヴュウ記事も展示されるそうなので、興味ある方は15日以降に行くのがオススメ。

ST185 '93サファリ用マールボロデカール到着…でも

今回もキャンペイン開始と共に応募したhpiのST185 '92/'93 サファリ共通マールボロデカールが早速到着・・・あれ? 今回メイカーのステッカーサーヴィス無いんだ。
ST165の時キャラステッカーにケチつけたことにスネちゃったかな?(^_^;)
それはいいんだけど、せっかく↓の画像用意してあるんだから、白黒コピーでもいいから貼付位置インスト着けてくれたら、hpiの好感度がさらにアップしたんだけどなぁ(笑)。

hpiの応募ページのスナップショット

大人の超合金第2弾はスペースシャトル

「写真で解説する『大人の超合金 スペースシャトル エンデバー』」(ITmedia)

発射台を模したディスプレイベースに照明が仕込んであるのが超カッコイイんですけど(´д`;)。
とは言えスペースシャトルにはアポロほど惹かれないから4万7千円は出せんなー

それはさておき、次ははやぶさたんを手頃な価格で出すんだバンダイ。今ならバカ売れ間違い無しだ!

#1/144スペースシャトルと聞いてバンダイのインジェクションキットを思い出すブログ主はリッパなおっさんか?

サークルKサンクス×京商ミニカー第44段 ランボ3にはJLOCマシーンが!

<Lamborghini Minicar Collection 3>(京商)

ほほぉ、今度のランボルギーニコレクションにはディアブロとムルシェのGT仕様入りですか。ここのところこのシリーズはGTづいてますな。
ところで、リニューアルしてからラインナップページが無くなっちゃったせいで画像が小さいから断言出来ないんだけど、JLOCムルシェの一番右、ゼッケンが緑だからル マン仕様だよね? だったらコレだけ欲しいな。レンタルショウケースで買おうっと。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »