2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2,500円のEF24-105mm F4Lレヴュウ | トップページ | ミニカー購入記(2010年8月24日号) »

せめて優勝マシーンを眺めて2010年の8耐気分を味わう

展示の全景写真

ソロキャンパーに優しくないキャンプサイトシステムを採用するようになってすっかり脚が遠のいてしまった8耐。
今年はそれに加えて撮影会とバッティングしてしまい、ウェルカムプラザでの中継すら見れず終いで8耐成分に飢えてきたので、補充のためウェルカムプラザで展示されている今年の優勝マシーン、MuSASHi RT HARC-PRO. CBR1000RRを見に行くことに。
実は週末見に行ったら、ウェルカムプラザがお盆休みに入っていて計画が頓挫したため、所用を済ませるために代休を消化するついでに見に行くことに。

CBR1000RRの写真1

CBR1000RRの写真2

今年の8耐を制したハルクプロのCBR1000RR。
ライダーは現在BSBに出戻り参戦中の清成龍一/新進気鋭の高橋 巧/活動の場を世界からいったん全日本に移した中上貴晶の3人(ただし中上は第3ライダー登録のみで決勝は走行せず)。
今年ホンダはTSR、ケーヒン・コハラ、桜井ホンダ、ハルクプロの4ティームにファクトリィマシーンを供給、その中でも最もファクトリーパーツに頼っていないというハルクプロが勝利を勝ち取るというのも皮肉というか、8耐らしい結果ですな。

CBR1000RRの写真3

決勝後そのままの状態をキープしてあるため、こびりついたオイル? やタイヤカス?の跡が生々しいフロントカウル。
そのうちキレイに掃除しちゃうだろうから、これはこれで押さえておいて損の無い画ですな。

優勝トロフィーの写真

優勝トロフィーも併せて展示。
今まで気付かなかったけど、プレイト脇にコーラの瓶モティーフの彫刻が入ってるのね。

8耐速報を見る限り、今年はダレ場が少ない面白そうなレース展開だっただけに中継を見れなかったのがつくづく残念(>_<)。

« 2,500円のEF24-105mm F4Lレヴュウ | トップページ | ミニカー購入記(2010年8月24日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/49171152

この記事へのトラックバック一覧です: せめて優勝マシーンを眺めて2010年の8耐気分を味わう:

« 2,500円のEF24-105mm F4Lレヴュウ | トップページ | ミニカー購入記(2010年8月24日号) »