2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

サークルKサンクス×京商ミニカー第45弾、「スポーツカー」コレクションにジープが混ざる怪

<USA SPORTS CAR Minicar Collection>(京商)

サークルKサンクス×京商ミニカー第45弾はUSAスポーツカーコレクションですか。GT40のガルフは欲しいねぇ。
しかし、コーヴェットがC6-RからC5-Rに遡ったり、タイトルに使ったウィリスが混じってたりと、シリーズ構成のコンセプトが良くわからんのぉ。

ハセガワがRS250Wの青山博一車を製品化!

「1/12スケール スコットレーシングチーム ホンダ RS250RW 2009 WGPチャンピオン」(ハセガワ)

ほぉ、ハセガワがバイクモデル。しかもタミヤとの競合を避けてかニッチな250ccクラスをモデル化するとはビックリ。
どうせ組みはしないだろうけど、シリーズに弾みが付くよう買わせて頂きますか。
そうすりゃそのうちRSWの原田車とかNSRの大ちゃん車とかが日の目を見るかも知れないからね。

#しかしフジミのGSX-Rといい、ホンモノが売れてない割りには地味にバイクのインジェクションキットは製品化が相次ぐね。

70-300mmのLだと?・・・ゴクリ・・・

「キヤノン、『EF 70-300mm F4-5.6』に“L”レンズの新製品」(デジカメWatch)

〜300mmでLで10万円台とかなんだよこれ? ヤバイ、久々物欲を刺激されるレンズ登場。
冬のボーナスはコレのために諭吉が飛んでいきそう。
と言いつつも、実際問題、1キロのレンズ持ち歩く気になるかは微妙なんだけど…。

#ところで製品ページの「新たなシャッターチャンスお出会える一本です。」て…(笑)。

#あ、あれ? 価格.comの口コミじゃ評判悪いね…(´・ω・`)。

童夢がル マンから手を引くことを表明

「Graduation from Le Mans」(童夢)

あちゃー、御大ついにさじ投げちゃったかぁ。
でもまあ、自分のカネで好きなことしてるのを外野にやいのやいの言われたか無いってのは確かだよね。
でも、やっぱ日本唯一のスポーツカーコンストラクターたる童夢がル マンから去るってのは残念至極。そのうち気を変えて参戦してくれることを祈りましょう。

ミニカー購入記(2010年8月24日号)

・エブロ 1/43 #12 カルソニック IMPUL GT-R('10 SUPER GT)
アートミニカーで4,536円で購入。
今シーズンのSUPER GT車両がシーズン半ばにしてリリース開始。今年のGT-R勢からチョイスしたカルソニックが入荷したので受け取ってきたもの。
昨年は惨憺たる成績だったインパルだったけど、今年は第4戦 セパンでポール・トゥ・ウィンを決め、'08年の最終戦 富士以来となる勝利を挙げ、現在ランキングはドライヴァー/ティームともに5位と好調。
今回は良い方だけど、GT車両は気に入ったカラーリングかつローテイションを優先している上、予約開始時に購入車種を決めちゃう都合上、結果チョイスしたマシーンの戦績が振るわなくてショボ〜ンってことがあるのが難点ですなぁ。
ま、でも最近GT500の方はそんな極端にショートすることも少なくなったからそんな焦らなくてもいいのかも知れないけどね。

せめて優勝マシーンを眺めて2010年の8耐気分を味わう

展示の全景写真

ソロキャンパーに優しくないキャンプサイトシステムを採用するようになってすっかり脚が遠のいてしまった8耐。
今年はそれに加えて撮影会とバッティングしてしまい、ウェルカムプラザでの中継すら見れず終いで8耐成分に飢えてきたので、補充のためウェルカムプラザで展示されている今年の優勝マシーン、MuSASHi RT HARC-PRO. CBR1000RRを見に行くことに。
実は週末見に行ったら、ウェルカムプラザがお盆休みに入っていて計画が頓挫したため、所用を済ませるために代休を消化するついでに見に行くことに。

CBR1000RRの写真1

CBR1000RRの写真2

今年の8耐を制したハルクプロのCBR1000RR。
ライダーは現在BSBに出戻り参戦中の清成龍一/新進気鋭の高橋 巧/活動の場を世界からいったん全日本に移した中上貴晶の3人(ただし中上は第3ライダー登録のみで決勝は走行せず)。
今年ホンダはTSR、ケーヒン・コハラ、桜井ホンダ、ハルクプロの4ティームにファクトリィマシーンを供給、その中でも最もファクトリーパーツに頼っていないというハルクプロが勝利を勝ち取るというのも皮肉というか、8耐らしい結果ですな。

CBR1000RRの写真3

決勝後そのままの状態をキープしてあるため、こびりついたオイル? やタイヤカス?の跡が生々しいフロントカウル。
そのうちキレイに掃除しちゃうだろうから、これはこれで押さえておいて損の無い画ですな。

優勝トロフィーの写真

優勝トロフィーも併せて展示。
今まで気付かなかったけど、プレイト脇にコーラの瓶モティーフの彫刻が入ってるのね。

8耐速報を見る限り、今年はダレ場が少ない面白そうなレース展開だっただけに中継を見れなかったのがつくづく残念(>_<)。

2,500円のEF24-105mm F4Lレヴュウ

といっても当然ホンモノのレンズではなく、実在のレンズのレプリカ飲料カップ。
AKIBA PC Hotline!に掲載された再入荷の記事で存在を知り、その週の週末に三月兎に探しに行ったものの売り切れ。本日再チャレンジしてみたら入荷していたのをGetしてきたので実物の21-105mm F4Lと比較してみましょう。

まずはパッケイジの比較。

EF24-105mm F4L IS USM型飲料カップのパッケイジの写真

パッケイジは、レンズを保護する緩衝材が無い分、ホンモノと比べると二回りほど小さい。
デザインはホンモノを模しているものの配置はバラバラ。
カップの方が製品写真が入っていてそれっぽいのがおかしい。

続いてパッケイジの中でも特にホンモノを意識した面のデザインを比較。

パッケイジ側面の写真

パッケイジ側面。
フォントは違うけど配色・レイアウトはまんま。

パッケイジ上面の写真

パッケイジ上面。こちらもソックリ。

さて取りだしてみると本体はこんな感じ。

EF24-105mm F4L IS USM型飲料カップの写真

レンズキャップと花形レンズフードが一体になってカップのフタになってる。
ホンモノ同様レンズの鏡筒の先端に溝が彫ってあって、そこにフード爪をはめ込んで固定するんだけど、この擦り合わせの精度が悪く、えらく固くて廻しづらかった。
ズームリングとフォーカスリング部分にちゃんとラバーを使ってあるのにはビックリ。
それはさておき“Canon”のロゴ使ってるけど大丈夫なんか? てか、もしかしてライセンス品?

ではいよいよホンモノのEF24-105mm F4Lとご対面。

実物のレンズとの比較写真1

サイズは1/1。遠目で見たらどっちがホンモノか分からないんじゃないかなぁ?
梨地のところは梨地、ツルツル仕上げのところはツルツルにと、意外と芸が細かくて感心。
細部のディテイルやラインが微妙に違うので、どうやらホンモノから型取りしたというわけではない模様。

実物のレンズとの比較写真2

各種刻印もバッチリ再現。

ステンレスの内張も無く、前述したようにフタの精度も悪くて、正直、飲料カップとしての実用性は皆無だし、それでいて2,500円は高過ぎると思うけど、ネタにはなるのでキヤノンファン、EF24-105mmユーザーの方で、コレクターズアイテムと割り切れれば手を出しても良いのでは?

スヌーピーを3Dで見て何がうれしいのやら

「ソニー、スヌーピーの漫画「ピーナッツ」 60周年記念イベント“SNOOPY LOVE GINZA (スヌーピー ラブ ギンザ)”を銀座 ソニービルで開催」(ソニー)

いやー、うん、ピクサーやドリームワークスのアニメみたいなフル3DCGなら3D映像との親和性も高くて意味あると思うんだけど、ピーナッツみたいな思いっきり平面的な絵柄のアニメを3D化しても、せいぜい切り絵人形劇になるだけで何のメリットも無い気が…。
最近のネットスラングでいう「誰得?」ってヤツですな。

愛車を猫被害から守るために

「愛車への野良猫攻撃に悩んでいる人へ 」(Car Watch)

ウチもカヴァーをかけたバイクの中に潜り込んで臭いやら爪痕やら残すのに困ってカヴァーをバンド留めするようにしたんだけど、出かける時にカヴァーを丸めて置いておくと、そこで昼寝ついでに小便していくからなんとかならんもんかと思ってたんだけど、へ〜、ちゃんとこんな猫避けグッズがあるのね。今度使ってみようかな?
ただ一つネックなのは、ウチは共用のバイク置き場だから勝手にこんな臭いを発する物置いて怒られないかだなぁ。あと、風で吹っ飛んじゃったりしたら後始末が面倒かも。

iTunesカードがPETカードに戻ってるね

明日発売の楽曲を買うつもりでいたものの、iTunesのチャージが底を突いていたので慌ててiTunesカードを買いに走る。
そうしたらカードがプラスティックカードからPETカードに戻って、スクラッチも剥がしやすくなってましたな。
これはあれかね? やっぱプラスティックカードにした時コードも削ちゃった人が多発してクレイムが殺到して戻したのかね?

交換レンズ型飲料カップがアキバに登場中

「一眼レンズの飲料カップが再入荷、今度はニコンも」(AKIBA PC Hotline!)

ほぉほぉ、公式アイテムではないけど交換レンズ型のカップ買えるのか。しかもEF24-105mm F4Lがあるではないか!
これは24-105mm F4Lユーザーとしてはゼヒ押さえておかねば。

#しかし保温機能も無いカップが2,500円とは、結構イイ値段するね。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »