2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« はみだしブックレビュー:『アリ・バタネン 一秒への挑戦』 | トップページ | “OPERATION TOMODACHI”パッチが買えるですってー!? »

ミニカー購入記(2011年4月2日号)

・アウディ特注スパークモデル 1/43 #9 アウディR15 TDI プラス('10 ル マン)
Yahoo!オークションで5,000円(送料740円)で落札。
2009年のル マンでの惨敗を受け、アウディはR15で悩まされたオーヴァーヒート問題の解決と新レギュレイションへの対応のため空力面に徹底的なモディファイを加えたR15+を開発して2010年シーズンに挑み、本番のル マンでは予選はトップ4をプジョー908に独占され、決勝も序盤は908勢の圧倒的なスピードの後塵を拝しながらも、夜から朝にかけて次々とトラブルに見舞われ戦線離脱していく908勢を尻目にステディに走り続けたR15+勢が形勢を逆転、終わってみればプジョー全滅、アウディの表彰台独占というオマケ付きで去年の雪辱を晴らし、2年ぶりにル マンウィナーの栄光をアウディにもたらしたR15+の9号車をヤフオクで落札。
これまで優勝車はミニチャンプ製を揃えるのをデフォにしてたけど、R15に関してはいつまで経っても予定すら発表されないのに郷を煮やしてスパーク版を手を打つことに。
しかもどうやらアウディ箱版も流通しているようなので久々ヤフオクをチェックしたら、通常版の割引価格よりお値打ち価格の出品があったので入札、開始価格で落札に成功。
ちなみにパッケイジは、プジョーのように「サイズはスパーク通常品流用、紙箱や台座のデザインがメイカーオリジナル」というパターンではなくアウディオリジナルサイズ。
さすがスパーク、割と直線的でスッキリとしたイメージだったR15から、複雑なRで構成されたR15+のグロテs…ゲフンゲフン…有機的でマッシブに変貌したシェイプの再現度はなかなかのもの。
さて、ミニチャン版待ってスパーク版をスルーしてた09年型はどうしようかなぁ? イクソで出るの待つか…。

・ノレブミニジェット #1 プジョー908 HDi FAP('10 ル マン)
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで390円で購入。
用事ついでにアキバのヨドバシのホビーコーナーを覗いたら、ミニジェット版プジョー908の10年型が並んでたのでお買い上げ。
全滅したってのにちゃんと出すとはノレブも律儀な。この他オレカの908もあったけどこっちはさすがにパス。

« はみだしブックレビュー:『アリ・バタネン 一秒への挑戦』 | トップページ | “OPERATION TOMODACHI”パッチが買えるですってー!? »

コメント

こんにちは・・・

PMA社はここ数年モデル化する数を相当絞ったそうで
DTMとル・マンのアウディ車のモデル化をやめた模様です。
(実際のところ両方あまり売れなかったらしい)
現在アウディモノはレーシングカーはスパーク、
市販車はシュコーが作ってますね。

PMAもここ最近これだって言うモデルをイクソやスパークに
持ってかれて、看板商品のF1以外はニュル24hとかなり渋い
モデルばかりになってしまい、旧車を絡めたロードカーを
コツコツやってるみたいですね。

ただそのロードカーも同国のシュコーがVWやポルシェやベンツ
などいろいろかじってきているので最後の一枚岩のBMWを
何とか死守してる状態ですね。

こばさんさん、いつもコメントありがとうございます。

ミニチャンプスは、最近すっかり面白味のないメイカーになってしまいましたね。
「我が社は再生産はしません!(キリッ」とか言ってた頃がウソのようななりふり構わずさに、業界の厳しさが垣間見れますね、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/51274314

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2011年4月2日号):

« はみだしブックレビュー:『アリ・バタネン 一秒への挑戦』 | トップページ | “OPERATION TOMODACHI”パッチが買えるですってー!? »