2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« MZ RACINGで787Bのミニカー+記念切手シートセットが販売されるも瞬殺でオレ涙目 | トップページ | ブックオフの査定2011・臨時増刊 »

シグマ APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM@富士のダンロップコーナー

先週観戦したSUPER GT富士戦。全国的に晴れなのに、富士方面だけ雨マーク付きという予報だったことから持って行くかどうするか悩んだものの、プラチナVIPチケットを買ったイカ娘フェラーリのホスピタリティ<海の家れもん>で荷物預かりをしてくれるというので、「いざとなったられもんに預ければいいや」と腹をくくってシグマ120-400mmを投入。
幸い雨は午前中に一時的に降っただけで決勝は快晴だっため、第2戦の時は断念したダンロップコーナーでの撮影を敢行。
300mmとの画角の差は、以前DBR9の写真を撮りまくった時の記事を参考にしてもらうとして、ダンロップ2個目のクリップ付近でフレイミングさえ決まれば、なかなかイイ感じな収まり具合になることが判明したので投資した甲斐はあったかと。
ただ、手ブレ補正機能のおかげで手ブレによる大ハズしはほとんど駆逐出来たものの、フォーカスがなかなか上手いこと合わずバチピンもなかなか無く、超望遠レンズでのレース撮影の難しさを痛感した次第(やっぱ、AFに頼らず、男は黙って置きピンですかねぇ?)。
そんな中でも納得のいったカットから、成績上位のクルマと痛GTカーを中心にお届け。

[GT500クラス]

ZENTセルモSC430の写真

GT500 1位:#38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)“LEXUS TEAM ZENT CERUMO”

カルソニックインパルGT-Rの写真

GT500 2位:#12 カルソニック IMPUL GT-R(松田次生/J・P・デ・オリベイラ)“TEAM IMPUL”

KEIHIN HSV-010の写真

GT500 3位:#17 KEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大)“KEIHIN REAL RACING”

GT500は予選でトップ5をSC430が独占したし、ポールのサード39号車とセルモ38号車のトップ争いが熱かったので、てっきり決勝もSC430祭りになるかと思いきや、終わってみれば優勝こそ富士マイスターの立川駆る38号車が飾ったけど、それ以外は8位以下に沈むという以外な結末に。
そんな中、39号車と38号車のトップ争いでイイ感じに撮れたカットがこちら。

デンソーサードSC430とZENTセルモSC430の写真

[GT300クラス]

ミクZ4の写真

GT300 1位:#4 初音ミク グッドスマイル BMW(谷口信輝/番場 琢)“GSR&Studie with TeamUKYO”

SGチャンギIS350の写真

GT300 2位:#14 SG CHANGI IS350(折目 遼/アレキサンドレ・インペラトーリ)“Team SG CHANGI”

紫電の写真

GT300 3位:#2 エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電(高橋一穂/加藤寛規)“Cars Tokai Dream28”

GT300は、我らがミクZ4が国内初優勝を飾ると共に、エヴァ初号機が3位に入るという、第3戦 セパンに続き痛車勢が活躍するという、個人スポンサー孝行(笑)な結果に。
GT300関連の写真では、2クラスのポールシッターが絡んだ下のカットがお気に入り。

デンソーサードSC430とミクZ4の写真

ここからは前回の記事の時点で整理がついていなかった、痛GTカー達の走行時の写真をお届け。

#4 初音ミク グッドスマイル BMW(BMW Z4 GT3)“GSR&Studie with TeamUKYO”

ミクZ4の写真1

富士を颯爽と駆け抜け、見事ポール・トゥ・ウィンを飾り富士をみっくみくにしてやった2011ヴァージョンのレーシングミクさん。カッケーっす。

#27 PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ(フェラーリF430)“LMP MOTORSPORT”

イカ娘フェラーリの写真1

イカ娘フェラーリの写真2

決勝前は、予選での作戦が失敗してえらいピット内がピリピリしてたというイカちゃん号。一時的に3位に上がったけど結果は7位。
来シーズンも個人スポンサーを募集するそうなので、継続してスポンサードしますかね(^ω^)。

#2 エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電(紫電 MC/RT-16)“Cars Tokai Dream28”

紫電の写真

今季、決勝ではトラブルを抱えて涙を飲むことの多かったエヴァ初号機もようやく3位表彰台をGetして一安心。このまま波に乗れるか?

#7 エヴァンゲリオンRT弐号機DIRECTION(ポルシェ911GT3R)“DIRECTION RACING”

エヴァ弐号機ポルシェの写真1

エヴァ弐号機ポルシェの写真2

第6戦を終え、突如第7戦以降の参戦取りやめが発表されたディレクションのエヴァ弐号機。というわけでこれが弐号機の最後の勇姿ということに。

#34 ハルヒレーシングHANKOOKポルシェ(ポルシェ 911GT3 RSR)“HANKOOK KTR”

ハルヒポルシェの写真1

ハルヒポルシェの写真1

予選ドベ、決勝リタイヤとさんざんだったハルヒ997。一度でいいからスーパーラップに進出して『恋のみくる伝説』流してもらいたかったんだけどねぇ(笑)。
あ、そうそう、ピットウォークの時、ハルヒの看板撮ろうとしたら高森博士にジャマされそうになったんだよね。あの人ホント大人げねーな(笑)。

最後は、痛車とは無関係だけど、個人的に今シーズン参戦しているクルマの中で最もカッコイイと思うJIMゲイナー11号車の458イタリア(そーいや、中継ではちゃんと「ジェイ・アイ・エム・ゲイナー」って呼んでるけど、現場の人達はいまだ習慣で「ジムゲイナー」って呼んじゃってるよね(笑))。
レッドラインがフェラーリから手を引いちゃったから、S-GT仕様が出る可能性が低くなっちゃったのが残念無念(´・ω・`)。

JIMゲイナー458の写真

#11 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458(田中哲也/平中克幸)“JIMGAINER”

さて、いよいよ実戦投入したシグマ120-400mm。MOTEGI 2&4の時はレースディスタンスが短かったからそんなに負担に感じなかったけど、今回1時間ほど振り回してたら、踏ん張ってた脚は強ばるわ、手指は痛くなるわ、やはりこのクラスのレンズは一筋縄ではいかないと実感。ピントの件も合わせて修行を積まんといかんね。

« MZ RACINGで787Bのミニカー+記念切手シートセットが販売されるも瞬殺でオレ涙目 | トップページ | ブックオフの査定2011・臨時増刊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/52755729

この記事へのトラックバック一覧です: シグマ APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM@富士のダンロップコーナー:

« MZ RACINGで787Bのミニカー+記念切手シートセットが販売されるも瞬殺でオレ涙目 | トップページ | ブックオフの査定2011・臨時増刊 »