2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

ミニカー購入記(2012年2月28日号)

・グッドスマイルカンパニー(エブロ) 1/43 #4 初音ミク グッドスマイル BMW セパンVer.('11 SUPER GT)
あみあみで6,830円(送料500円)で購入。
2008年に「ファンと共に走る」をスローガンに、ボディにキャラクターイラストを大胆にあしらったいわゆる“痛車”を引っさげてSUPER GTのGT300クラスに参戦開始。当初は予選通過もおぼつかない有様だったものの、初音ミクという吸引力あるキャラクターの採用と、魅力的な特典を用意した個人スポンサー制度の導入により着実にファンを増やしていきつつ、ティームの体勢については紆余曲折あったものの徐々に戦闘力を増していき、参戦4年目の2011年は、ドライヴァーに2009年からハンドルを握っている番場 琢に加えて谷口信輝、スポーティングディレクターに片山右京というビッグネームを迎え、メインテナンスガレージも前年までRE雨宮のメインテナンス担当だったRSファインに切り替えるなど、「勝てる体勢」にこだわったティームを構築して挑み、第3戦 セパンでついにポール・トゥ・ウィンでティーム初勝利を得たBMW Z4 GT3が、エブロ製作(といってもレジン製なので、例によって中の人はミニマックス製と思われ)・グッドスマイルカンパニー名義でリリースされたのでお買い上げ。
エブロ製なので当然GTA承認済みのため、'10の996/997の時とは違いハチマキやゼッケンのマーキングもちゃんと再現された本戦仕様。
これまでエブロは様々な大人の事情からキャラクター物を避け続けてきただけに、グッスマ名義とは言え、痛車GTカーの本戦仕様がモデル化されたのは喜ばしい限り。
これでふっきれたのかどうかは知らないけど、この後はエブロ自身からハルヒポルシェもリリースされるし、この調子でエヴァ紫電もモデル化してくれないかねぇ?

それはさておき、シーンズ途中に予約を開始したので「買うなら初優勝したセパン仕様っしょ!」と速攻で予約したものの、終わってみればなんとチャンピオンまで獲っちゃったので、ついカッとなってチャンピオン決めたもてぎ仕様も予約しちゃったんだよなぁ(汗)。
ポルシェの時とは違い、ミクさんのグラフィックが変わったわけでも無いのでポリシィ上はどっちか1台に絞んなきゃいけないところだけど・・・まぁ、個スポでもあるし、初優勝記念とチャンピオン獲得記念を押さえてもおかしくはないよね?(おかしーわ!(笑))

簡易撮影セットフォトラ導入記

従来の撮影環境の写真これまでコレクションのミニカー撮影は、ボックス型のライティングスタジオ(ソフトライティングスタジオ)を使っていたんだけど(右の写真)、ちゃんとライティングする手間は省いて自然光頼りだったため、どうしても露出が安定しないし、曇天などの暗いコンディションの時用にLEDライトを用意したとはいうものの、やはり撮影は昼間に限られるため、撮影するミニカーが溜まっても週末用事があって撮影時間が取れないと溜まる一方になってしまうのにネックを感じていたところ、とあるフィギュアレビュー系のサイトで大里化工のフォトラという、ボックス型のライトと背景紙ホルダー、ディフューザーがセットになった簡易撮影セットがあることを知り、ライトがボックス型ならセッティングもスタンド型よりは敷居が低いだろうと、メイカーのオンラインショップでポチっとなしたのが本日到着(19,800円+送料600円)したので、1〜2月到着分のミニカーで早速実践テスト。

フォトラをセッティングした状態の写真

フォトラのライトは13ワットの2連蛍光ランプ使用でそれなりに光量があるので、ミニカー撮影程度のブツ撮りなら十分の明るさ。
セット付属のホリゾント用グラデイションペイパーはグレイなので、これまで撮影した分との統一を図るため、ホリゾントにはこれまで使っていたソフトライティングスタジオ付属のブルーの布を使用。
ところがセットの背景紙ホルダーは、段ボールを折り曲げて組み立てる安普請なシロモノなので、強度的に不安な上(使い込んだらすぐヘタレそう…)、軽くて安定感がイマイチなので少々使い勝手がよろしくない。
ホルダーの件は後で対策を考えるとして、ひとまず上の写真のようなセッティングで撮影した結果が下の写真。

フォトラ純正セットで撮影したミニカーの写真

う〜ん、悪くはないんだけど、ホリゾントの明るい部分とR部分の影の明暗差が目立ち過ぎているような…。それに明るい部分が妙にギラついた感じがするのも気になるし。
そこで「これはもしかしたらソフトライティングスタジオと組み合わせた方が、より光が柔らかく回るかも!」と思いつき試してみたのが下の写真。

ソフトライティングスタジオ+フォトラのライトで撮影したミニカーの写真

おお、ソフトライティングスタジオのスクリーンがあるから不要かと思ってフォトラの拡散板を外したせいで、光が強すぎてドアウィンドウが白トビしちゃったけど、拡散板を付けるか、距離や角度を調整すれば、こっちの方が全体に均一に光が当たってイイ感じじゃね?
それに、フォトラ直当てよりこっちの方がイエロゥの色合いが自然に見えるし、何よりホリゾントの安定感があるのが良い(ソフトライティングスタジオがゴミにならないで済むし(笑))。
うん、これはライトのベストポジションさえ見つければ、ソフトライティングスタジオ+フォトラの組み合わせの方がベストな気がする。

こうして導入してみたフォトラ。ライト本体は本棚に収納出来るかも知れないけど、段ボール筒に巻いて収納することになる背景紙は結構嵩があるので「スッキリ収納」の売り文句はやや誇大広告気味だし、背景紙ホルダーのショボさはなんとかして欲しいけど、これまでこの分野の製品が、「簡易」といいつつもなんだかんだで大仰な筐体になったり、ライトは別に用意しなきゃいけなかったりといった敷居の高さがあったのに比べれば遥かに手軽に撮影セットを構築出来るのは間違いないので、日常的にフィギュアやミニカーの撮影をするコレクターの方なら導入を検討してみる価値があるんじゃないかと。

ミニカー購入記(2012年2月19日号)

・エブロ×hpi-racing 1/43 #21 イエローコーンマクラーレンGTR('01 JGTC)
タムタムで5,712円で購入。
2001年のJGTCでヒトツヤマレーシングが走らせたイエローコーンマクラーレンが、エブロ×hpi-racingコラボの“GO FOR IT JAPAN !!”企画第2弾としてリリースされたのでお買い上げ。ホントはヨドバシで買うつもりだったけど売り切れてたので久々タムタムで購入。
ロングテイルマクラーレンF1 GTRのJGTC仕様は、かつてミニチャンプスが散発的にリリースして以来の登場。しかもhpiクオリティでイエローコーンマクラーレンがコレクション出来るのはGTファンとしては喜ばしい限り。

ミニカーとは直接関係無いけど、SUPER GT.netがリニューアルして過去レースのアーカイブデータが無くなっちゃったのは調べものする時不便になって痛いなぁ(゜д゜)。
結果だけならJAFのサイトでも検索出来るけどマシーンの写真までは無いからねぇ。そのうち新しいフォーマットでデータを追加していってくれることを切に願う。

ミニカー購入記(2012年2月18日号)

・ノレブ 1/43 #526 日野レンジャー('11 ダカールラリー)
mamboxの通販で6,560円で購入(送料500円)。
11年のダカールラリー(アルゼンチン−チリ)でカミオン部門総合9位・市販車排気量10リッター未満クラスで2連覇を飾った日野レンジャー2号車(菅原照仁/鈴木誠一組)がノレブからリリースされたのでお買い上げ。
これまでレンジャーは戦績がどうあれお父ちゃんの1号車しか出さなかったノレブだけど、今回はクラス優勝の2号車を出してくれてありがたい限り。
ところでこのレンジャー、昨年11月頃一部ショップでも出回ったけど、パッケージとか特に違いが見あたらないけど何が違うんだろう? 並行輸入品?

ミニカー購入記(2012年2月11日号)

・スパークモデル 1/43 #2 アウディR18('11 ル マン)
mamboxの通販で5,100円で購入(送料500円)。
2011年のエンジン規定変更に伴い、アウディはこれまでのV10 5.5リッターからV6 3.7リッターにエンジンをスケールダウンさせると共に空力性能を重視した屋根付きボディを選択。自慢の“Audi ultra”テクノロジー(あのR18に乗った羽毛を吹き飛ばそうとすると本体も動いちゃうCM面白いよね)を投入したR18を新規開発。本番のル マンには3台を投入し、予選では“日本一速いフランス人”ブノア・トレルイエがマークしたタイムでポールポジションを獲得。決勝では開始早々クリステンセン/カペッロ/マクニッシュ組の3号車がマクニッシュのドライヴ中に、ベルンハルト/デュマス/ロッケンフェラー組の1号車も夜になってロッケンフェラードライブ中に大クラッシュを喫して戦線を離脱してしまい、フェスラー/ロッテラー/トレルイエ組の2号車が孤軍奮闘して猛追するプジョー908勢を振り切り、アウディにとって2年連続10回目の勝利を獲得。その優勝車がスパークからリリースされたのでお買い上げ。
ミニカーにアンドレとブノアのサイン貰いたかったけど、二人ともWEC行っちゃうから最短でも10月の富士6時間まではチャンス無いのが残念。
そーいや、TGRFの時、寿一がアンドレのこと「もうアウディの人だから」ってイジってたのがおかしかったなぁ。
しかし良く考えたら、去年後半のS-GTのパドックって、4人ものル マンウィナーが闊歩していたんだからゼータクなだったよねぇ。

大入り感謝記念追加分のフィルムにハズレ無し!?

『映画 けいおん!』の大入り感謝記念入場者特典も早くも第3弾。世間からはあこぎな商売と揶揄されようとも、けいおん厨としてはここまで来たら「毒を喰らわば皿まで」の精神で本日8回目の鑑賞に向かい、大入り感謝記念で鑑賞した3回分で新たなフィルムをGetしたのでお披露目。

『映画 けいおん!』メモリアルフィルム4

うおおっ! 「天使にふれたよ」の歌い出しの唯(カットNo.138-7)キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!
これは今までの中でも一番「けいおん!」らしいカットでマジ嬉しい!
しかし『映画 けいおん!』のフィルム、特に大入り感謝記念のフィルムはハズレが無いなぁ。
これはもしかしてファンサーヴィスでハズレは混ぜてないんだろうか?

『映画 けいおん!』メモリアルフィルムの拡大画像

【2012年7月22日追記】
BDを購入したのでカットナンバーを記載。

日本のおにゃのこフィギュアは世界いちぃぃぃ!

<FIGURINE YAMAHA GRID GIRL MOTOGP 2004>[PDF](ミニチャンプス)

ミニチャンプスが1/12 MotoGPマシーンミニカーのアクセサリィとしてグリッドガールの予約を始めましたな。
いや別にこのフィギュアが萌える造形である必要もエロい造形である必要も無いけど、服のシワやらニーソの食い込み具合にまでこだわった日本のフィギュアを見慣れてる日本人の目からすると、やっぱこの造形は大味過ぎるよねぇ。

エヴァレーシング2012年体制発表。でも個人スポンサー特典は相変わらず微妙

「2012年エヴァンゲリオンレーシング参戦体制発表」(ラナエンタテインメント)

基本は去年の体制維持か。
ほほぉ、個人スポンサーは今年は四輪と二輪でそれぞれコースがあるのか。
それにしても、、、

エヴァレーシング「シルバーコース」:12,600円でキャップ、Tシャツ
イカ娘フェラーリ「応援部隊コース」:9,000円でVIPカード、キャップ、マフラータオル、リボルテック、'11イカちゃん号原画ペイパー

エヴァレーシング「ゴールドコース」:31,500円でキャップ、Tシャツ、パスケース、デイパック
イカ娘フェラーリ「応援隊長コース」:27,000円でVIPカード、ディレクターチェア、キャップ、マフラータオル、リボルテック、'11イカちゃん号原画ペイパー
イカ娘フェラーリ「2011年侵略記念特別コース」:27,000円でVIPカード、特注ミニカー、マフラータオル、ドライヴァー直筆サイン

・・・・・・・なんだろう? この圧倒的なおトク感の差は(・ω・)。しかもグッズのデザインビミョウだし・・・。
しかも、どうせお安いシルバーコースだといざという時パンピー扱いだし、だからと言ってゴールド以上が魅力的か?っつーとそうでもないし、、、今年はちょっと遠慮しちゃおうかなぁ、、、。

ミニカー購入記(2012年2月7日号)

・スパークモデル 1/43 #302 フォルクスワーゲンレーストゥアレグ3('11 ダカールラリー)
Yahoo! オークションで4,750円(送料580円)で落札。
アルゼンチン−チリ間を舞台に戦われた2011年のダカールラリーで、他に協力なライヴァルもいなかったことも手伝い、'09ウィナーのジニール・ドゥビリエ、'10ウィナーのカルロス・サインツら、フォルクスワーゲンのティームメイトと壮絶なトップ争いを繰り広げ、フォルクスワーゲンとしては3年連続、自身初となるダカールウィナーとなったナッサー・アル=アティヤの駆ったレーストゥアレグ3がスパークからリリース。
特に予約はせず、他のアイテムの入荷状況次第で最近メインで利用しているネットショップのヤフオク出品分かリアル店舗で購入…と目論んでいたら、意外と入荷数が少なかったのか、ネットショップはヤフオク出品分無し、リアル店舗でも早々に店頭から姿を消してしまった中、ヤフオクで割安の出品を発見したので落札、無事入手。
まったく、何年コレクターやっててもミニカーの入荷数だけは読み切れないねぇ。

今年もダカールラリー2012 トークショー行けないな(´・ω・`)

「ダカールラリー2012 トークショー 2/12(日) お台場メガウェブにて」(パリダカ日本事務局)

あちゃー、去年はけいおん!!のライブで今年はワンフェスとカブったかぁ。
ランクルとレンジャーの試乗はヒジョーは捨てがたいけど、今年はグッスマレーシングとエヴァレーシングの決起集会の方を優先させてもらおう。

今年のGT300クラスは新車だらけで例年以上に注目ですな

「ホンダ、GT300にハイブリッド『CR-Z』を投入」(AUTOSPORT web)

CR-ZもGT300クラス参戦するのかー。
これで現時点で判明しているR8 LMS、86、BRZ、プリウス、GT-R GT3加えると、GT300だけで最低6台もミニカー買わなきゃいけないのかぁ(そこかよ)、こりゃ先が思いやられるぞ。

童夢、ペスカローロ・童夢で2012年のル マンに復活!

「童夢、ペスカローロと組み今季ル・マン挑戦を発表」(AUTOSPORT web)
「本年度のルマン24時間レースに参戦します。」(童夢)
2月2日「ルマンへ復活する童夢  ペスカロロ童夢の誕生!」(Sports-car Racing)

うおお〜、こりゃ久々テンション上がるニュースだなぁ!(°∀°)
またぞろ自爆臭がプンプンするプロジェクトだけど、S102の姿がサルテで見られるかと思うと胸踊るなぁ。
これだけ日本勢が参戦するんだから、何とか中継復活してくれないもんかねぇ?

#そーいや、去年のル マンは、結局G+のダイジェストも無かったね…。

チャールズ・ブロンソンdisってんのか? このiPhoneホルダー

「気分は警察官?ガンホルスター風iPhone向けホルダーが発売、変装用の“付けひげ”と“もみあげ”も同梱」(AKIBA PC Hotline!)

ショルダーホルスターを模してる割には、ストラップが胸を斜交いに横切るナゾの留め方するのも気に入らん。
バカグッズとはいえ、なんか愛が感じられないなー。

AMIEのペネロープ号のディフォルメはアリかナシか?

「AMIE 『ペネロープ号』 いよいよ発売です!!」(株式会社国際貿易 スタッフブログ)

カッコ良さ優先でローダウン化するのはディフォルメの範疇として目を瞑るとしても、ちょっとフロントグリルの傾斜は付け過ぎじゃね?
それに「映像や各種資料を参考に設計を開始」した割りには、自分の手元にあるサンダーバードの資料と見比べても、フロントのモールとヘッドライトアッシーが離れてたりバンパーが突き出し過ぎてたりと、「考証違い」とまでは言わないけれど、この解釈には納得いかない点が多々あるので、個人的には4万出す価値は見いだせないなぁ。

ウチのDBR-Z150、強ぇな

「レグザブルーレイ『DBR-Z160/DBR-Z150』ご愛用のお客様へのお詫びとお知らせ」(東芝)

価格.comで散々不具合報告がされてるものの、先行して買ったテレビで録画したHDDの番組をブルーレイにムーブしたいし、東芝機ならではの編集機能も捨てがたいので12月にDBR-Z150買ったら、今のところ何の不具合も出てないんだよね(まぁ、失敗率の高いというAVC変換使ってないってこともあるだろうけど)。
この1月30日のアップデイトでも不具合出てないし、幸いウチの個体は当たりだったんだろうか?

#まぁ、そもそも当たりハズレがあるって時点でアウトだろって気はするけどね。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »