2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« Fポンにも痛フォーミュラが参戦、しかもティームは… | トップページ | BOSSを買うとボンドカーのミニカーが付いてくるキャンペイン始まる »

ガンダム、再びお台場の地に立つ

ホンダがこの春発売した、BMWのF系やカワサキのER-6系と同セグメントのNC700が気になり、お台場で開催された《2012 Honda DREAM Festa 試乗・商談会》に試乗に行ったついでに、4月19日オープン予定のダイバーシティ東京の敷地内に実物大ガンダムが帰って来ていたので撮影してみた(コンデジだけど)。

2012年版お台場ガンダムの写真1

ダイバーシティ東京内にオープンするガンダムフロント東京のインテリア(?)として再びお台場に立ったRX-78-2。
マーキングが追加され、「マグネットコーティング施工後」という設定でディテイルアップパーツが追加されているので、潮風公園や静岡で展示された際に見た方でも違いを見比べる楽しみ有り。
まぁ、個人的にはマーキング追加はゴテゴテしただけにしか思えず、あまり好みでは無いのだけど。

2012年版お台場ガンダムの写真2

2012年版お台場ガンダムの写真3

2012年版お台場ガンダムの写真4

2012年版お台場ガンダムの写真5

静岡展示の際に追加されたビームサーベルがオミットされてしまったのは惜しいけど、相変わらずの存在感。
ただし、ガンダムよりでかい建築物がそばにあるため、見通しの良い潮風公園展示時に感じたあの圧倒的な威圧感は薄れちゃったかな?

2012年版お台場ガンダムの写真6

あと、視界にショップの看板が入ると(後ろのユニクロロゴの圧倒的な存在感(笑))、途端にテーマパークのアトラクションというかアクティビティ臭というか、俗っぽさが醸し出されてしまい、潮風公園で見た時の神々しさが感じられなくなっちゃったのも残念。

2012年版お台場ガンダムの写真7

とは言え、このように「ガンダム ナメ ビル」というアングルで撮影すると市街戦的雰囲気が出て、これはこれで面白い。

オープン前とは言え、ガンダムの周囲に設置されたスピーカーから間欠的に戦闘中のSE・BGMを流したりしてるし(ファーストだけじゃなくSEEDのも流れてたけど)、いざオープンしたらすごい人だかりになるのは目に見えているので、撮影するならむしろ今のうちかも(つっても、あと4日でオープンしちゃうけど)。

« Fポンにも痛フォーミュラが参戦、しかもティームは… | トップページ | BOSSを買うとボンドカーのミニカーが付いてくるキャンペイン始まる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/54484882

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム、再びお台場の地に立つ:

« Fポンにも痛フォーミュラが参戦、しかもティームは… | トップページ | BOSSを買うとボンドカーのミニカーが付いてくるキャンペイン始まる »