2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2012年4月29日号) | トップページ | 「スーパームーン」をシグマ 120-400mmで撮ってみた »

2012 SUPER GT 第2戦 富士で撮った痛GTカー集

昨年、痛車がまさかのクラス制覇を成し遂げたGT300クラス。今年も前年覇者グッドスマイルレーシングが2台出し、エヴァレーシングは紫電の1台体勢に縮小したものの、LMP MOTORSPORTはF430GTC継続、ティームマッハは458 GT3にスウィッチ、ディジョンはキャラとマシーンを一新して参戦と、キャラ物GTカーは衰え知らず。
今年もゴールデンウィーク恒例の富士戦観戦に行ってきたので痛GTカーの写真をお届け。

Canon EOS 40D + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM & SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSMで撮影
(いずれもAdobeRGBで撮影したものをsRGBに変換)

#0 GSR 初音ミク BMW(BMW Z4 GT3)“GSR&Studie with TeamUKYO”

連覇を狙うグッスマレーシングは、今シーズンからBMWモータースポーツのサポートを得られるようになり、「BMWカスタマーレーシングチーム」の看板を掲げ、Z4 GT3の2011年ヴァージョンの新車と、2011年ヴァージョンにアップデイトした昨年の優勝車を投入して2台体勢で挑むことに。
チャンピオンゼッケンの0号車はチャンピオンドライヴァーの谷口信輝と、その谷口の「片岡を呼んでくれたら残留する」という条件提示でティーム入りが実現した片岡龍也のコンビ。
今シーズンはポルシェ、アウディが有利なナゾのBOPにより若干苦戦気味で、富士も厳しいという話だったけど、4番手グリッドからスタート、一時エネオスSC430に当てられて5番手まで下がったものの、レース終盤突如降り出した雨の中、怒濤の追い上げを見せてトップを奪って見事今季初優勝をGet!

GSR 初音ミク BMWの写真1

GSR 初音ミク BMWの写真2

GSR 初音ミク BMWの写真3

GSR 初音ミク BMWの写真4

GSR 初音ミク BMWの写真5

GSR 初音ミク BMWの写真6

#4 GSR ProjectMirai BMW(BMW Z4 GT3)“GSR&Studie with TeamUKYO”

グッスマレーシングの2台目4号車は前年谷口のパートナーだった番場 琢と、09年にミク996/997を走らせた佐々木雅弘が復帰。マシーンはセガのゲーム『初音ミク Project Mirai』とのコラボグラフィック。
昨年さんざ谷口に「勝つためには番場を外してくれ」と言われ続けた番ちゃん。チャンピオンを獲った昨年1年を通じて成長したかと思いきや、前戦岡山、今回の富士と予選でクラッシュしてしまい、谷口の「やらかすイメージ」を脱し切れてないご様子。
今回も結構激しいクラッシュを演じ、ラッピングが施された予備のボンネットが無かったため、即興でカーボン地の素のボンネットを個人スポンサーの寄せ書きで埋めるというアイディアを実施するところがこのティームらしい(笑)。
クラッシュしたため予選不通過。久々の嘆願書で24番手最後尾グリッドからスタートして11位フィニッシュ。

GSR ProjectMirai BMWの写真1

GSR ProjectMirai BMWの写真2

GSR ProjectMirai BMWの写真3

GSR ProjectMirai BMWの写真4

GSR ProjectMirai BMWの写真5

#2 エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電“Cars Tokai Dream28”

今年はカーズ東海の紫電1台に絞っての参戦となったエヴァレーシング。高橋一穂/加藤寛規の鉄板コンビは継続。

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電の写真1

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電の写真2

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電の写真3

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電の写真4

#27 PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ(フェラーリF430GTC)“LMP MOTORSPORT”

一時は458 GT3へのスウィッチも検討したというLMP。シーズンオフ中にレギュレイションを吟味した結果、GT2規定のF430GTCでもイケると判断したものの、最終的なBPOはGT2車両に厳しく絶賛苦戦中のイカちゃんF430。
今回も予選は計測出来たクルマの中ではブービーの22番手、決勝も一時は12位まで順位を上げたものの、ガス欠寸前まで粘って予定のピットインをしたら、ART TASTEポルシェのホームストレイトでのクラッシュ処理のためのセイフティカーが出るタイミングとかち合ってしまい、運悪く60秒のピットストップペナルティを喰らってしまうという不運もあって、ブービーの17位というなんともショボ〜ンな結果。

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真1

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真2

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真3

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真4

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真5

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真6

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真7
「ハ〜イ、パワ〜ド〜♪」みたいな(笑)。

#48 DIJON音々CALLAWAYワコーズED(CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3)“DIJON Racing”

昨年『涼宮ハルヒの驚愕』とコラボしてハルヒ痛車で参戦したディジョンは、今季は日本橋応援キャラクターの音々・光を採用し、マシーンもKTRのポルシェからコーヴェットZ06Rにスウィッチ。のいぢ繋がりなのは偶然なのか「誰かの」シュミなのか?(笑)
予選は16番手だったものの、レース開始早々トラブルで線線離脱してしまい、せっかく参加したグリッドウォークで見つけ損なった挙げ句、その有様だったおかげで音々Z06Rの写真全然撮れなかった…○| ̄|_

DIJON音々CALLAWAYワコーズEDの写真1

DIJON音々CALLAWAYワコーズEDの写真2

DIJON音々CALLAWAYワコーズEDの写真3

DIJON音々CALLAWAYワコーズEDの写真4

#5 マッハGoGoGo車検Ferrari458(Ferrari458 Italia GT3)“TEAM MACH”

最後はマッハ先輩・・・なんだけど、予選で大クラッシュを喫してマシーンが大破してしまったため決勝はキャンセル。決勝日は絶賛撤収作業中だったためこちらもクルマの写真は全然撮れず。
その代わりトランポに積み込むためのラッピング作業という、ある意味レアなシーンは撮れたけど(苦笑)。

マッハGoGoGo車検Ferrari458の写真1

マッハGoGoGo車検Ferrari458の写真2

« ミニカー購入記(2012年4月29日号) | トップページ | 「スーパームーン」をシグマ 120-400mmで撮ってみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/54641742

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 SUPER GT 第2戦 富士で撮った痛GTカー集:

« ミニカー購入記(2012年4月29日号) | トップページ | 「スーパームーン」をシグマ 120-400mmで撮ってみた »