2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミュージックレインモバイルの配色センスが酷すぎる件 | トップページ | ル マンのパブリックビューイングなんて何年ぶりだろ? »

ミニカー購入記(2012年5月26日号)

・BBR 1/43 #66 フェラーリ458イタリア('11 ル マン)
・フジミ 1/43 #89 フェラーリ458イタリア('11 ル マン)
mamboxの通販で66号車:9,180円、89号車:7,040円で購入(送料500円)。
フェラーリの最新GTレースカーである458GTCが、何の偶然か予約していたBBR完成品、トゥルースケールミニチュア(ただし紙ボックスや台座はフジミ名義)と立て続けにリリースされたため同時に到着、時ならぬ458祭りに。
BBR版は、これまで平気で2~3万はしてた価格が、円高の影響なのか何なのか、突如定価で11,340円と、往時のレッドラインより安価に設定(エブロもゲイナー458をルックスマートじゃなくてBBRベースにしてくれれば買える価格になったのに…)されたことから「これは買うしかないっしょ!」と、日本ではハンコックポルシェでお馴染みのハンコックカラーがなかなか様になっている、同年のニュルでポールを獲る活躍を見せたフェルバーマイヤーの89号車(決勝リタイヤ)をチョイス。
そして最近、妙に商品展開を広げつつあるTSM版は、ハデなダンロップカラーが目を引く66号車(決勝24位)をチョイス。いやー、458は最近のGTクラス車両では久々ドストライクゾーンのデザインなのでついついポチってしまう。しかも今後マテル版も控えてるんだよねぇ(^ω^ ;)。
ことほど左様に458は近年稀に見る競作になってることからも、やっぱ世間的にも人気あるんだね。
BBR版は、スジボリやエアインレット等の造形のシャープさはTSM版に負けてるけど、全体的なシェイプの抑揚の付け方、クリア塗装の美しさなどはさすがのBBRクオリティでハイコストパフォーマンスな一品。
対してTSM版は、マクラーレンF1 GTRで個体差が激しいという話が聞こえて来ていたのでちょっと不安だったけど、リアウイングが水平ではなく、リアから見て右に若干下がっちゃってるくらいで、これならスパークでもたびたびあるレベルの個体差なので個人的には許容範囲。
それにしてもTSM版は今月予約が始まったかと思ったらもうリリースされたのでビックリした。こんなに予約からリリースの期間が短いのって初めての経験だわ。
しかし、マクラーレンF1 GTRはTSM名義なのに458はフジミ名義なのね。この辺の棲み分けがいったいどうなってるのかナゾだわー。

« ミュージックレインモバイルの配色センスが酷すぎる件 | トップページ | ル マンのパブリックビューイングなんて何年ぶりだろ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/54802919

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2012年5月26日号):

« ミュージックレインモバイルの配色センスが酷すぎる件 | トップページ | ル マンのパブリックビューイングなんて何年ぶりだろ? »