2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

ル マンのパブリックビューイングなんて何年ぶりだろ?

「ル・マン24時間レースの興奮を皆で味わおう! Audi Forum Tokyo Presents 『ル・マン24時間レース パブリックビューイングイベント』開催!!」(J SPORTS)
「ルマン24時間レース 2012 PUBLIC VIEWING Presented by Audi Forum Tokyo」(アウディジャパン)

ほぉ、今年は生中継やるだけあってJ SPORTSも色々仕掛けてくるね〜。
ル マンのパブリックビューイングなんて、昔大森のニスモでやってた時以来だよね?
しかし夜の8時からゴールまで観戦でアルコール付きとは「オットナ〜」なイヴェントっすな(写真撮影禁止ってのがケチくさいけど)。
でもさあ、日曜11時過ぎまでのイヴェントって、社会人にはちょっとハードル高いよね(^ω^ ;)。

#え〜と、Jスポリリースの発行日が「2011年」になってるんですが(笑)。

ミニカー購入記(2012年5月26日号)

・BBR 1/43 #66 フェラーリ458イタリア('11 ル マン)
・フジミ 1/43 #89 フェラーリ458イタリア('11 ル マン)
mamboxの通販で66号車:9,180円、89号車:7,040円で購入(送料500円)。
フェラーリの最新GTレースカーである458GTCが、何の偶然か予約していたBBR完成品、トゥルースケールミニチュア(ただし紙ボックスや台座はフジミ名義)と立て続けにリリースされたため同時に到着、時ならぬ458祭りに。
BBR版は、これまで平気で2~3万はしてた価格が、円高の影響なのか何なのか、突如定価で11,340円と、往時のレッドラインより安価に設定(エブロもゲイナー458をルックスマートじゃなくてBBRベースにしてくれれば買える価格になったのに…)されたことから「これは買うしかないっしょ!」と、日本ではハンコックポルシェでお馴染みのハンコックカラーがなかなか様になっている、同年のニュルでポールを獲る活躍を見せたフェルバーマイヤーの89号車(決勝リタイヤ)をチョイス。
そして最近、妙に商品展開を広げつつあるTSM版は、ハデなダンロップカラーが目を引く66号車(決勝24位)をチョイス。いやー、458は最近のGTクラス車両では久々ドストライクゾーンのデザインなのでついついポチってしまう。しかも今後マテル版も控えてるんだよねぇ(^ω^ ;)。
ことほど左様に458は近年稀に見る競作になってることからも、やっぱ世間的にも人気あるんだね。
BBR版は、スジボリやエアインレット等の造形のシャープさはTSM版に負けてるけど、全体的なシェイプの抑揚の付け方、クリア塗装の美しさなどはさすがのBBRクオリティでハイコストパフォーマンスな一品。
対してTSM版は、マクラーレンF1 GTRで個体差が激しいという話が聞こえて来ていたのでちょっと不安だったけど、リアウイングが水平ではなく、リアから見て右に若干下がっちゃってるくらいで、これならスパークでもたびたびあるレベルの個体差なので個人的には許容範囲。
それにしてもTSM版は今月予約が始まったかと思ったらもうリリースされたのでビックリした。こんなに予約からリリースの期間が短いのって初めての経験だわ。
しかし、マクラーレンF1 GTRはTSM名義なのに458はフジミ名義なのね。この辺の棲み分けがいったいどうなってるのかナゾだわー。

ミュージックレインモバイルの配色センスが酷すぎる件

『けいおん!』でその存在を知ってからファンになった豊崎愛生(当ブログでは有名人は基本敬称略で記載しております。悪しからず。<誰への言い訳だ?(笑))の新曲『シロツメクサ』がリリースされたので早速購入。
今回は購入者限定プレゼント企画をやっているので、どうせ当たるわきゃ無いと分かっていつつ一応応募するため応募サイトにアクセスしたら・・・

ミュージックレインモバイルの画面キャプチャー

おいおい、入力例がまるで読めねーぞ!ヽ(`Д´)ノ
いやぁ、ようもまぁ、今時こんな健常者でも識別不能な、アクセシビリティガン無視な配色出来るな。
このサイト制作者はもう一度ウェブ制作のイロハを勉強しなおすべきだな、うん。

2012年5月19日、モタスポ好きの方はどのように過ごされているでしょう?

今日はニュルブルクリンク24時間レースの真っ最中。年々サイトの情報が充実していくGazoo Racingは、TwitterやらUstremaやらブログやらを活用して情報を届けてくれてありがたい限り(でも、トヨタのモータースポーツサイトではニュルは完全スルー。なんなんだろうね、この縦割り具合は?)。
TS030で復活するル マンでもこれくらいしてくれるといいんだけどねぇ。

それはさておき、今日は日テレG+でMotoGP フランスGPの予選(10:00〜)と決勝(17:45〜)、J SPORTSでDTM 第1戦 ホッケンハイム(13:00〜)、SBKの第5戦 ドニントンパーク(14:00〜)とレース番組が目白押しなのでTV観戦で忙しいったらありゃしない(^ω^ ;)。
ウチでは今日は、日比谷オクトーバーフェストに行ってシュニッツェルとソーセージの昼メシでドイツ気分を味わい(…ながら中継見ようと思ってたんだけど、残念ながら回線が細くてUスト再生出来んかった(´・ω・`))、帰ってからPCでGazoo RacingのUスト消音で流してケーブルテレビ見るという体勢で挑んでるけど、皆様はどのように楽しみました?

2012年ニュルブルクリンク24時間レースのGazoo RacingのGPSリアルタイム走行位置情報のスクリーンショット

いやしかし、リアルタイムの走行位置情報配信とかすっかり当たり前になったけど、5年前ですらこんな情報が手軽に見られるようになるなんて想像も付かなかったよねぇ。便利な世の中になったもんだ。

#それにしてもGazoo Racingは、Gazoo Ladyを始め、Ustremの中継MCやレポーターにも今井優杏嬢に竹沢友美嬢採用したりと、レースクイーン出身者を登用するの好きだな(笑)。

'12型のGazoo Racingのニュル参戦車両のカラーリングイマイチやねぇ

「チーム紹介 | ニュルブルクリンクへの挑戦2012」(GAZOO Racing)

今年はLFA 1台、86 2台で参戦とはトヨタ86に賭けてるなぁ。
でも、スポーツカーをニュルに参戦させてマーチャンダイズに活用するのは正しい姿勢だよ、うん。
だけど残念ながらカラーリングは、去年・一昨年ベースだけど、個人的には劣化してる気がするなぁ。イマイチ食指が動かん・・・って、どうせまたミニカーは限定でしか売らないんだろうなぁ('11は通常版売ったけど)。

#ニュルは独自のUstream中継までやってるけど、ル マンもこのくらい情報発信してくれるのかねぇ?

ハイブリッドを積まないプリウスなんて、クリープを…(以下略)

「apr PRIUS、セパンではハイブリッドを搭載せず」(オートスポーツweb)(AUTOSPORT web)

規制でハイブリッドシステムが海外に持ち出せないって事情は仕方ないけど、だからってハイブリッド積まないでも出てOKってのは、いかにBPOで調整入るとは言えなんか釈然としないのだけど…。

#TS030がキャパシターを採用しているのは、その規制に抵触しないようにするって側面もあるのかしらん?

フジミの'10 エヴァ初号機ZX-10R完成品はレジン製

<1/12 エヴァンゲリオンRT初号機TRICK☆STAR Kawasaki ZX-10R 2010年仕様>(フジミ)

なんだー、てっきりタミヤのマスターワークのようなキットの素組み品かと思ったらレジン製かぁ。ならいらないや。
しかし、なんでキットがあるのにわざわざレジンで作り直すんだろ? もちろんオールレジンなわきゃないけど、レジンでバイク特有の細かいパーツのシャープさが再現できるか不安だし、特に薄いカウル部分が経年劣化に耐えられるのか不安だわー。

J SPORTSでWECの放送決定! ル マンはスタートとゴールを生中継!

『6月16日(土) FIA 世界耐久選手権 2012 第3戦【スタート】 ル・マン24時間レース(フランス) 21:30~30:00』J SPORTS)
『6月17日(日) FIA 世界耐久選手権 2012 第3戦【ゴール】 ル・マン24時間レース(フランス) 18:00~23:00』

Jスポでル マンの生中継キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!

去年はG+がダイジェストすら放送しなくてマジ涙目だったけど、今年は分割形式とはいえ12時間分も生で見れるとは嬉しい(放送時間だけで言うと計13.5時間だけど、12時間ってのはレースの正味分ってことで、あとは予選の模様やマシーン解説部分なのかしらん?)。
当然、解説は由良拓也呼んでくれるよね? テレ朝時代の「由良拓也が斬る」的コーナーも再現してくれたらJスポ神なんだが。
今はハードディスクレコーダーという文明の利器もあるし、見られない(起きていられない)時間帯もフォロー出来るのがありがたいっすな。

#しかし「30時」って表記初めて見たよ(笑)。

ミニカー購入記(2012年5月12日号)

・スパークモデル 1/43 #007 アストンマーティンAMR-One('11 ル マン)
mamboxの通販で5,100円で購入(送料500円)。
09・10年とローラB09/60をプロドライブがモディファイしたLMPカーでガソリン勢としては奮闘したアストンマーティンワークスが、2011年は完全新規開発の屋根無しオリジナルLMPマシーンを投入したものの、LMS開幕戦、ル マンテストデイではエンジントラブルが多発してマトモに走れず、スパ1000kmをキャンセルしてネガ潰しに取り組んで本番のル マンに挑んだものの、予選ではLMP2勢に埋もれ、決勝でも007・009号車共にレース開始早々トラブル発生によりピットインを強いられ、結局009号車は2周でリタイヤ、007号車は長時間のピットインの末再び走り出すも計4周を走ったところでリタイヤ。その上アストンマーティンが11年をもってプロトタイプカープロジェクトを終了させたことから1年でお蔵入りとなってしまい、近来稀に見る失敗作として記憶に残ることとなってしまったAMR-Oneがスパークから登場したのでお買い上げ。
一応エースナンバーということで007号車予約したけど、いざ届いてみると、どうせならドンケツの009号車の方がネタとしては面白かったかしらん? とか思えてきたり(^_^;)。

エブロ'12シーズンGT300車両リリース予想の結果は?

エブロから2012シーズンのSUPER GT参戦車両のリリース予定が発表されましたな(SC430GT-RHSV-010GT300 Vol.1GT300 Vol.2)。
黙っていても全ティーム出るGT500は放っておいて、先日予想を試みたGT300勢の答え合わせを。

[発売決定]
・#3 S Road NDDP GT-R:◎
・#21 ZENT Audi R8 LMS:○
・#31 apr HASEPRO PRIUS GT:▲
・#52 GREEN TEC & LEON SLS:▲
・#61 SUBARU BRZ R&D SPORT:◎
・#911 エンドレス TAISAN PORSCHE:◎

[未確定]
・#0 GSR 初音ミク BMW:◎
・#5 マッハGoGoGo車検Ferrari458:△(でもメイクアップOEMでゲイナー458出るし、もしかして…)
・#27 PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ:○
・#48 DIJON音々CALLAWAYワコーズED:○(実はあまり期待してなかったけど、RUNUPが出る以上ディジョン特注の可能性高まったね!)

だいたい予想通りだけど、プリウスとSLSは単穴にしてただけにちょっと以外。嬉しいけど財布が…。
ま、あとはどんだけ予定通りリリースされるかですな。

'11 ゲイナー458がエブロから登場・・・が、価格はなんと28,140円!!

<JIMGAINER DIXEL DUNLOP 458 GTC SUPER GT300 2011>(エブロ)

ゲイナー458欲しいけど、さすがに2万越えは引くわー(え?「イカちゃんF430GTC申し込んだだろ」って? あれは個スポ代込みだからいいのだ(^ω^ ;))。
しかしメイクアップからOEM供給受けるとは予想の斜め上行くな、エブロは。
どうせ外注するならトゥルースケールにすればもうちょっとコレクターの財布に優しい価格になりそうなもんなのに・・・ミク997をダマで出したのを根に持ってるのかしらん?

「スーパームーン」をシグマ 120-400mmで撮ってみた

なにやら今年はにわかにニュースになっている、月が近地点を通るため年内の通常の満月と比べて最大で14%大きく、30%明るく見えるという「スーパームーン」。
昨夜は晴天で月が良く見えたこともあり手持ちのシグマ APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSMで撮影。
たまたま、レンズを購入後、試しに撮った中秋の名月の画像が残っていたのでスーパームーンとの大きさ比較画像を作ってみた。

スーパームーンと中秋の名月の比較画像

[サムネイル画像をクリックすると拡大画像が表示されます]

撮影時間や見た方角など観測条件に違いはあるけど、この画像で約11%大きく理論値にかなり近い大きさ。
さすがに「明るさ」は表現出来なかったけど、確かに大きく見えることが確認出来て面白かった♪

2012 SUPER GT 第2戦 富士で撮った痛GTカー集

昨年、痛車がまさかのクラス制覇を成し遂げたGT300クラス。今年も前年覇者グッドスマイルレーシングが2台出し、エヴァレーシングは紫電の1台体勢に縮小したものの、LMP MOTORSPORTはF430GTC継続、ティームマッハは458 GT3にスウィッチ、ディジョンはキャラとマシーンを一新して参戦と、キャラ物GTカーは衰え知らず。
今年もゴールデンウィーク恒例の富士戦観戦に行ってきたので痛GTカーの写真をお届け。

Canon EOS 40D + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM & SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSMで撮影
(いずれもAdobeRGBで撮影したものをsRGBに変換)

#0 GSR 初音ミク BMW(BMW Z4 GT3)“GSR&Studie with TeamUKYO”

連覇を狙うグッスマレーシングは、今シーズンからBMWモータースポーツのサポートを得られるようになり、「BMWカスタマーレーシングチーム」の看板を掲げ、Z4 GT3の2011年ヴァージョンの新車と、2011年ヴァージョンにアップデイトした昨年の優勝車を投入して2台体勢で挑むことに。
チャンピオンゼッケンの0号車はチャンピオンドライヴァーの谷口信輝と、その谷口の「片岡を呼んでくれたら残留する」という条件提示でティーム入りが実現した片岡龍也のコンビ。
今シーズンはポルシェ、アウディが有利なナゾのBOPにより若干苦戦気味で、富士も厳しいという話だったけど、4番手グリッドからスタート、一時エネオスSC430に当てられて5番手まで下がったものの、レース終盤突如降り出した雨の中、怒濤の追い上げを見せてトップを奪って見事今季初優勝をGet!

GSR 初音ミク BMWの写真1

GSR 初音ミク BMWの写真2

GSR 初音ミク BMWの写真3

GSR 初音ミク BMWの写真4

GSR 初音ミク BMWの写真5

GSR 初音ミク BMWの写真6

#4 GSR ProjectMirai BMW(BMW Z4 GT3)“GSR&Studie with TeamUKYO”

グッスマレーシングの2台目4号車は前年谷口のパートナーだった番場 琢と、09年にミク996/997を走らせた佐々木雅弘が復帰。マシーンはセガのゲーム『初音ミク Project Mirai』とのコラボグラフィック。
昨年さんざ谷口に「勝つためには番場を外してくれ」と言われ続けた番ちゃん。チャンピオンを獲った昨年1年を通じて成長したかと思いきや、前戦岡山、今回の富士と予選でクラッシュしてしまい、谷口の「やらかすイメージ」を脱し切れてないご様子。
今回も結構激しいクラッシュを演じ、ラッピングが施された予備のボンネットが無かったため、即興でカーボン地の素のボンネットを個人スポンサーの寄せ書きで埋めるというアイディアを実施するところがこのティームらしい(笑)。
クラッシュしたため予選不通過。久々の嘆願書で24番手最後尾グリッドからスタートして11位フィニッシュ。

GSR ProjectMirai BMWの写真1

GSR ProjectMirai BMWの写真2

GSR ProjectMirai BMWの写真3

GSR ProjectMirai BMWの写真4

GSR ProjectMirai BMWの写真5

#2 エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電“Cars Tokai Dream28”

今年はカーズ東海の紫電1台に絞っての参戦となったエヴァレーシング。高橋一穂/加藤寛規の鉄板コンビは継続。

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電の写真1

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電の写真2

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電の写真3

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電の写真4

#27 PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ(フェラーリF430GTC)“LMP MOTORSPORT”

一時は458 GT3へのスウィッチも検討したというLMP。シーズンオフ中にレギュレイションを吟味した結果、GT2規定のF430GTCでもイケると判断したものの、最終的なBPOはGT2車両に厳しく絶賛苦戦中のイカちゃんF430。
今回も予選は計測出来たクルマの中ではブービーの22番手、決勝も一時は12位まで順位を上げたものの、ガス欠寸前まで粘って予定のピットインをしたら、ART TASTEポルシェのホームストレイトでのクラッシュ処理のためのセイフティカーが出るタイミングとかち合ってしまい、運悪く60秒のピットストップペナルティを喰らってしまうという不運もあって、ブービーの17位というなんともショボ〜ンな結果。

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真1

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真2

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真3

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真4

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真5

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真6

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリの写真7
「ハ〜イ、パワ〜ド〜♪」みたいな(笑)。

#48 DIJON音々CALLAWAYワコーズED(CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3)“DIJON Racing”

昨年『涼宮ハルヒの驚愕』とコラボしてハルヒ痛車で参戦したディジョンは、今季は日本橋応援キャラクターの音々・光を採用し、マシーンもKTRのポルシェからコーヴェットZ06Rにスウィッチ。のいぢ繋がりなのは偶然なのか「誰かの」シュミなのか?(笑)
予選は16番手だったものの、レース開始早々トラブルで線線離脱してしまい、せっかく参加したグリッドウォークで見つけ損なった挙げ句、その有様だったおかげで音々Z06Rの写真全然撮れなかった…○| ̄|_

DIJON音々CALLAWAYワコーズEDの写真1

DIJON音々CALLAWAYワコーズEDの写真2

DIJON音々CALLAWAYワコーズEDの写真3

DIJON音々CALLAWAYワコーズEDの写真4

#5 マッハGoGoGo車検Ferrari458(Ferrari458 Italia GT3)“TEAM MACH”

最後はマッハ先輩・・・なんだけど、予選で大クラッシュを喫してマシーンが大破してしまったため決勝はキャンセル。決勝日は絶賛撤収作業中だったためこちらもクルマの写真は全然撮れず。
その代わりトランポに積み込むためのラッピング作業という、ある意味レアなシーンは撮れたけど(苦笑)。

マッハGoGoGo車検Ferrari458の写真1

マッハGoGoGo車検Ferrari458の写真2

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »