2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« '12 トヨタTS030 ル マン仕様ディテイルアップフォト | トップページ | ブックオフの査定2012・秋 »

ミニカー購入記(2012年10月30日号)

・エブロ 1/43 #18 ウイダー HSV-010('12 SUPER GT)
mamboxの通販で4,640円で購入(送料、他3台と合わせて800円)。
NSXからスウィッチして3年目となるHSV-010の18号車の12年モデルがエブロからリリースされたのでお買い上げ。
HSVはレイブリック→エプソンと来たので今年はエース格のウイダーをチョイス。相変わらずサイドの“ウイダー in ゼリー”のカタカナロゴがダサいけど(※個人の感想です)、改善の気配が無いので諦めた(苦笑)。
それでも全体的に精彩を欠いた今シーズンのHSV勢中、唯一第3戦 セパンでポール・トゥ・ウィンを獲得したのがこの18号車だったので、まぁ良いチョイスだったかと。ランキングは6位。

・hpi-racing 1/43 #38 トヨタTS010('93 ル マン)
mamboxのYahoo! オークション出品分を5,120円で落札。
NA3.5リッター規定のグループCラストイヤーにプジョー VS トヨタの一騎打ちとなった93年のル マン。日本車によるル マン初制覇の期待が高かったものの、3台投入したTS010はメカニカルトラブルや他車との接触等により次々と脱落してしまい、36号車が4位に残るも結局プジョーの1-2-3フィニッシュを許す結果に。
そんなTS010がhpiからリリースされたので8位に入った38号車を確保。

・スパークモデル 1/43 フォードフィエスタRS WRC #4('12 モンテカルロ)
mamboxの通販で5,530円で購入。
2011年からのS2000規定に合わせ、フォードはIRCに投入していたフィエスタS2000をベースにWRCの規定合わせたフィエスタRS WRCを開発。初年度はミッコ・ヒルボネンとヤリ−マティ・ラトバラのコンビを走らせたフォードワークスは、12年はヒルボネンがシトロエンに移籍したため、ラトバラをナンバーワンドライヴァーに据え、ナンバーツーとしてペター・ソルベルグを起用。
ソルベルグにとっては4年ぶりのワークスティームからの参戦ということもあって期待が高まる中、シーズン緒戦で見事3位表彰台を獲得。速さが健在であることを見せつけたモンテカルロ仕様がスパークからリリースされたのでお買い上げ。

いやしかし、スパークがレジンの特性を活かしてシーズン中にミニカーをリリースするせいでイクソが出す頃には旬が過ぎた感がしちゃうのはどうにかならんもんか?(苦笑)

・ミニチャンプス 1/12 #46 ドゥカティデスモセディチGP11('11 MotoGP)
mamboxの通販で8,400円で購入。
2011年、ヴァレンティーノ・ロッシは、7年間在籍して4回の王座獲得を果たしたヤマハを離れドゥカティに移籍。イタリア人ヒーロー+イタリア製バイクというオールイタリアンパッケイジでの王座獲得に期待が高まるも、意外や意外、ロッシとデスモセディチの相性はマッチせずシーズン通して苦戦を強いられ、ロッシとしてはキャリア初の優勝の無いシーズンとなり、ランキングも7位に低迷。そんな屈辱のシーズンを過ごしたロッシのデスモセディチGP11がミニチャンプスからリリースされたのでお買い上げ。

« '12 トヨタTS030 ル マン仕様ディテイルアップフォト | トップページ | ブックオフの査定2012・秋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« '12 トヨタTS030 ル マン仕様ディテイルアップフォト | トップページ | ブックオフの査定2012・秋 »