2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« リバティーでミニカーを買い取ってもらってみた Part4 | トップページ | ミニカー購入記(2012年11月23日号) »

ミニカー購入記(2012年11月18日号)

・イクソ 1/43 #37 ミニ ジョン・クーパー ワークスWRC('11 サルディニア)
ミニカーショップイケダで4,830円で購入
BMWはミニのブランドイメージ向上のため、カントリーマン(日本名:クロスオーバー)をベイスとしたS2000規定のWRCカー、ジョン・クーパー ワークスWRCをプロドライブとの共同で開発、'11シーズンからWRCに投入することを決定。'11シーズンはサルディニア、フィンランド、ドイツ、フランス、スペイン、グレートブリテンの6戦にスポット参戦し、後半戦ではコンスタントに表彰台に名を連ね、'12シーズンからのフル参戦での活躍を期待させるポテンシャルの高さを証明。
そのうちデヴュウ戦となった第5戦 サルディニアで、プロドライブ運営のワークスティーム、ミニWRCティームからエントリィしたダニエル・ソルドのドライヴにより、6位に入った37号車がイクソからリリースされたのでお買い上げ。
いやしかし、「ミニ」のWRC復活には心躍ったけど、まさかフル参戦開始直後にプロドライブと決裂した上、わずか2年でワークス活動を停止しまうなんて残念な結果になるとは夢にも思いませんでしたなぁ。
予約していなかったので、いつも利用してるネットショップのヤフオク出品分を狙ってたんだけど、以外と入荷数が少なかったのか、ヤフオクに流れてこなかったので久々リアル店舗で購入。
それにしてもイクソ製品を定価で買ったのなんか何年ぶりだろ?(笑)

#スパークのフィエスタ買った時も書いたけど、ダイキャストマンセーとしては、コストパフォーマンスの良いダイキャストモデルを出し続けてくれてるイクソにはがんばってもらいたいんだけど、やっぱ翌シーズン末にリリースされても鮮度がねぇ(苦笑)。

・イクソ 1/43 #8 アウディR8R('99 ル マン)
ミニカーショップイケダで特価品を2,000円で購入
R8Rは、アウディが99年のル マンに挑戦するにあたり、「オープンボディとクローズドボディ、どっちがレギュレイション上有利か分からないなら両方走らせてみればいいじゃない」という、なんともドイツらしい合理主義と言えば合理主義、豪快と言えば豪快な決断のもとオープンのR8R 2台、クローズドのR8C 2台の計4台を送り込み、初参戦にも関わらずオープンボディの2台が3・4位を獲得、その後のR8の快進撃の礎となったクルマで、3位表彰台に上った8号車(フランク・ビエラ/ディディエ・テイズ/エマニュエル・ピッロ組)をイクソがモデル化したものをバリとして確保。
このモデル、海外では日本での発売の随分前から流通していたのに、日本でのリリースが遅れたのはどーゆー理由からなんだろうか?
ところでこのR8R、イクソ製ということもあり特に予約せずにいたところ、いざリリースされてみたら以外と足が速く、自分の行動範囲内のショップからは早々に姿を消してしまったので入手を諦めかけていたものの、ミニ JCWを探しにイケダに行ったら特価品コーナーに並んでいたため首尾良く入手出来たもの(しかし、確かイケダも探したと思ったんだけど…)。
値引き率の良さとネットで予約出来る手軽さで最近ネットショップに頼ってばっかだったけど、こういう“出会い”があるからリアル店舗巡りは侮れませんなぁ。

・TMG特注スパークモデル 1/43 #7 トヨタTS030ハイブリッド('12 ル マン)
ミニカーショップガリバーで7,770円で購入。
2009年でF1参戦を取りやめたトヨタ/TMGは、次なるレース活動の場をプロトタイプスポーツカーの場に求め、プリウスで培ったハイブリッド技術を注ぎ込んだガソリンハイブリッドエンジン搭載のLMP1カー、TS030を開発。2012年から20年ぶりに復活した、ル マンを含むFIA 世界耐久選手権(WEC)への参戦を決定(オペレイションはオレカが担当)。
第2戦からの参戦を予定していたものの、テストでのクラッシュで第2戦はキャンセル。第3戦 ル マンにぶっつけ本番で挑むことになったTS030は、予選では7号車(アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール/中嶋一貴組)が4番手、8号車(セバスチャン・ブエミ/ステファン・サラザン/アンソニィ・デイヴィッドソン組)が6番手を確保し、決勝でもアウディ勢を交わして一時的にトップを奪う速さを見せるものの、8号車はLM-GTEクラスの車両と接触、宙を舞ってダイヤバリアに突っ込む大クラッシュを喫してリタイヤ、7号車もエンジントラブルでリタイヤと、デヴュウ戦でいきなりル マンに棲むマモノの餌食となるハメに。
そんなTS030のスパークモデル製ミニカーが、TMG特注で通常品よりいち早く登場。一部専門ショップで取り扱いが始まったのでお買い上げ。
実はTS030はスパーク通常品を予約済みなのでトヨタ特注品はスルーするつもりだったんだけど、ミニ JCW探しで巡ったショップで現物を見たら、いつの間にかレジに持って行ってしまっていたという…。恐るべし別注品の魔力。<アンタのさじ加減ひとつだろ(笑)。

« リバティーでミニカーを買い取ってもらってみた Part4 | トップページ | ミニカー購入記(2012年11月23日号) »

コメント

R8Cも2台でした〜〜〜です( ̄▽ ̄)

http://www.racingsportscars.com/photo/Le_Mans-1999-06-13.html

> Pochi。さん、お久しぶりです。

あれ? そうでしたっけ? てっきりR8Cは1台だと思い込んでました。
やはり記憶だけで書いちゃダメですねー。
早速修正しました。ご指摘感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リバティーでミニカーを買い取ってもらってみた Part4 | トップページ | ミニカー購入記(2012年11月23日号) »