2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« サークルKサンクス京商ミニカー、シリーズ57作目はセナコレ! | トップページ | ミニカー購入記(2013年1月1日号) »

ミニカー購入記(2012年12月28日号)

・エブロ 1/43 #52 GREENTEC & LEON SLS GT3('12 SUPER GT)
mamboxの通販で4,640円で購入(送料、その他5台と合わせて700円)。
'01年のGT500チャンピオンであり、セルモの監督としてもSUPER GTで活躍してきた竹内浩典が、自身が代表を務めるシフトを母体に、グリーンテック、雑誌『レオン』をスポンサーに迎えて新たな体制を築き、AMG初のオリジナル開発でメルセデスの往年の名車300SLを現代に甦らせたとでも言うべきスーパーカー、SLS AMGのGT3仕様を引っさげてSUPER GTに復帰。
シーズン前は「結構いいところに行くんじゃ無いか?」との下馬評だったものの、蓋を開けてみれば第4戦 菅生で2位表彰台を得るものの、その後はシーズン通してマシーンの潜在力を引き出すには至らずランキングも12位留まり。
「メルセデスと言えばシルヴァーアロウでしょう」というティーム関係者の意向で、シルヴァー1色に黒のスポンサーステッカーというシンプルな組合せのエクステリアが渋いGREEN TEC & LEON SLSがエブロからリリースされたのでお買い上げ。
結果は伴わなかったけど、この問答無用のカッコ良さと、「ドロドロドロドロ」という独特のエキゾーストノートで、個人的にはGT300クラスで存在感は5本の指に入ってたと思う。

・KBモデル/イクソ 1/43 #7 三菱ギャランVR-4('91 アイヴォリーコーストラリー) mamboxの通販で3,600円で購入。
篠塚健次郎がWRC初優勝を飾ったアイヴォリーコーストラリー(ラリーコートジボワール)仕様のギャランVR-4がKBモデルからようやくリリース。
メイクスタイトルが決していたためワークス勢が軒並み参戦を見送っていた中での優勝という背景事情はあったものの、それでも「日本人ドライヴァー初のWRC優勝」という栄誉あるクルマなら買うしか無いじゃ無い! あなたも、わたしも! というわけ(どーゆーわけだ?)でお買い上げ。

・hpi-racing 1/43 #2 三菱ランサーEvolution III('95 サファリラリー)
mamboxの通販で5,120円で購入。
95年のサファリと言えば、「藤本吉郎が日本人初のサファリラリー覇者となった1戦」という印象が強いけど、どっこいこのサファリでは篠塚建次郎が2位に入っており、W2L戦だったとは言え“サファリラリー”の表彰台に日本人が並び立ったという点でも貴重な年。そのシノケンがサファリで駆ったエボ3がhpiのMIRAGEラインからリリースされたのでお買い上げ。
予約開始から延び延びになったギャランとランエボが同時期に入荷したので、ちょっとしたシノケン祭りになってしもた(笑)。

・hpi-racing 1/43 #57 トヨタスープラ LM('96 ル マン)
mamboxの通販で10,240円で購入。
hpiから95年型に続き、96年型のスープラ LMがリリースされたのでお買い上げ。
この年は影山正美/光貞秀俊に前年ウィナー関谷正徳を加えたトリオで挑むものの決勝はクラッシュによるリタイヤ。
そしてスープラプロジェクトはこの年で終息。MCR-8のみで挑んだ97年は、ターボ過給率規定違反によるタイム抹消で予備予選を通過出来なかったため、事実上サードとしてのル マン参戦最後のマシーンということまって確保。

#ところでウィキペェディアの記事はどうして「MCR-8」表記と「MCR8」表記が混在しているのだ?

・エブロ 1/43 #3 S Road NDDP GT-R('12 SUPER GT)
mamboxの通販で4,640円で購入。
ハセミモータースポーツの参戦休止に伴い、'11シーズンはGT300クラスへの参戦が途絶えていた日産は、'12シーズンになりNDDP(ニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム) RACINGを立ち上げ、ニスモが新規に開発したFIA-GT3仕様のGT-Rを、長谷見昌弘監督の元、関口雄飛/千代勝正という若手ドライヴァー陣に託してGT300クラスに復帰。参戦初年度ながら第4戦 菅生で優勝、第5戦 鈴鹿1000kmで2位に入るなどの活躍を見せてランキング4位を獲得(千代の成績。関口のモラルハザード適用による第6戦の出場停止があった分のマイナスによりティームランキングは5位)。
スポンサーがGT500のMOLAと同じS Roadだったことから、ファンの間では「子鮭」なんて愛称で呼ばれたGT-R GT3がエブロからリリース。
しかし、FIA-GT1への参戦を2年で切り上げて、S-GTとS耐くらいにしか参戦しないGT3仕様をわざわざ作るってのも良くわからん戦略だと思うのは自分だけ?

#エブロの12月発売分、分割納品になったけど、なんでこんな1週間程度の微妙な差が付くんだ???

« サークルKサンクス京商ミニカー、シリーズ57作目はセナコレ! | トップページ | ミニカー購入記(2013年1月1日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サークルKサンクス京商ミニカー、シリーズ57作目はセナコレ! | トップページ | ミニカー購入記(2013年1月1日号) »