2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

ミニカー購入記(2013年3月30日号)

・エブロ 1/43 #31 apr HASEPRO PRIUS GT('12 SUPER GT)
・エブロ 1/43 #11 GAINER DIXCEL R8 LMS('12 SUPER GT)
・エブロ 1/43 #66 triple a vantage GT3('12 SUPER GT)
プリウスとR8 LMSはmamboxの通販で各5,760円、ヴァンテイジは同Yahoo! オークション出品分を5,760円で落札。
'12シーズンのGT300クラスを彩ったマシーンがまとめて入荷。
プリウスGTは、aprがカローラからスウィッチした、SUPER GT初のハイブリッドレースカーで、前評判ではハイブリッドシステムのネガ部分が懸念されたものの、シーズン序盤から以外な速さを見せ、第6戦 富士では初のポールポジション、2位表彰台を獲得するなどの活躍を見せ、JAF-GTの可能性を見いだした1台(ランキング10位)。
R8 LMSは、'12シーズンに4台参戦したR8 LMSのうち、12年仕様のウルトラを購入したゲイナーのマシーン。ニュル24時間では活躍を見せているだけに前評判は高く、現に開幕戦 岡山でデヴュウウィンを飾るものの、'12シーズンに導入されたFIA-GT3のBPOを適用するルールが足を引っ張り後半は目立った活躍を見せること無く終わり、ランキングも7位止まり。モデルのデキは・・・う〜ん、シェイプがなんかボッテリしててイマイチだなぁ。
V12ヴァンテイジ GT3は、10・'11シーズンと'12シーズン第1戦までV8ヴァンテイジ GT2でGT300クラスに挑戦したA SPEEDが、第2戦 富士から投入したマシーン。
FIAのBOPに準拠したレギュレイションを味方に付けて抜群の速さを見せたヴァンテイジは、第5戦 鈴鹿1000kmでポールを獲るも車両規定違反によりタイム抹消、最後尾からのレースとなったものの怒濤の追い上げを見せて全車両をオーヴァーテイクして優勝。第7戦 オートポリスでも優勝しチャンピオン争いを繰り広げたものの、マシーンの信頼性に難があり、メカニカルトラブルによるリタイヤも多く、最終戦までチャンピオンの可能性を残しながらも、最9戦 もてぎでは予選でまたもやマシーントラブルによるノータイム、決勝でもピットロード速度違反によるペナルティを受ける等の不運が重なりチャンピオンには届かずランキング3位。そしてA SPEED自体'12シーズンをもって活動を休止という、少々寂しい結末に。
アストン自体は好きなクルマなものの、ガルフカラーのパチモン臭と、どうにもあの“でちゃう!”のロゴの品の無さが嫌でこれまで買う気が起きなかったんだけど、今年はオレンジ主体カラーリングの妙であまりロゴが目立たなかったし、GT300クラスを盛り上げた立役者だったのでGet。

・ミニチャンプス 1/12 ヤマハYZR500 #1('90 WGP)
mamboxの通販で11,200円で購入。
80年代後半、エディ・ローソンの後を継いでヤマハのエースとなり、93年のシーズン終盤、イタリアGPでの転倒で頚椎損傷を負って下半身不随となりライダー生命を絶たれるまで、3年連続で500ccクラスチャンピオンを獲得した偉大なライダー、ウェイン・レイニーが90年に初タイトルを獲得した際のマシーンがミニチャンプスのWGPクラシックラインからリリースされたのでお買い上げ。

東京国際アニメフェア2013でミクTT零13を激写

ミクZ4&ミクTT零13の写真1

今日は《東京モータサイクルショー》見物ついでに《東京国際アニメフェア2013》も覗き、秋葉原タウンブースに展示されていた、GSRのZ4 GT3とMIRAIのTT零13という、ミク繋がり2&4マシーンの見物もしてきたので画像をお届け。

ミクTT零13の写真2

ミクTT零13の写真3

ミクTT零13の写真4

ミクTT零13の写真5

ミクTT零13の写真6

ミクTT零13の写真7

ミクTT零13の写真8

ミクTT零13の写真9

いやしかし、今年のモーターサイクルショーはあまり目玉となる展示やネタになる展示も少なく見所が少ない中、TAFの方がレース的にも技術的にもよほど要チェックなバイクが展示されてるってのが、なんともはや…。

ITmediaに林みのる社長絡みの記事が載るとわ

「『私の最後のお遊びに使い果たそうと』 童夢オーナー、グループ会社売却理由をあまりに率直につづる」(ITmedia)

カーグラで特集された直後でこの売却のニュースは驚いたけど、歯に衣着せぬぶっちゃけトークは社長の芸風だから、その点についてはレースファンにとっちゃあ何を今さらなんだけどね(笑)。

エブロが1/18スケール市場に参入

<ゲイナー ディクセル R8 LMS No.11 スーパーGT300 2012>(ミニカーショップスタイル!!)
<エンドレス タイサン 911 No.911 スーパーGT300 2012 チャンピオン>

やや旧聞ですが、エブロが1/18(レジン製)でSUPER GTマシーンをモデル化しますな。
しかし第一弾がGT300とは・・しかもチャンピオンの911はともかく、R8 LMSってそんなに需要あるかなぁ?
こんなhpiへの対抗意識燃やしたような新ラインに開発リソース割いてるヒマあったら、1/43のGT300クラス車両をちゃんと揃えることに注力して欲しいんだけどねぇ。

旧イカ娘フェラーリ個スポとしてはやるせない気分になるPACIFIC 攻殻機動隊ARISE

「PACIFIC RACINGが『攻殻機動隊ARISE』とタッグ」(AUTOSPORT web)

パートナーを始め、エンジニアやら広報のメンツが、ほぼイカ娘フェラーリからのシフトですな。
しかしなんだろう? この発表を素直に喜べない、嫉妬にも似たなんとも言えないモヤモヤ感は(^ω^ ;)。

#攻殻はあんま興味無いから個スポはパスかなぁ。

ただでさえ天使のミクさんがマン島に降臨!

「レーシングミク、マン島を駆ける!」(GOODSMILERACING 広報ブログ)

おお〜、やっと二輪に目を向けてくれましたか安藝社長!
もう、いっそこの勢いでエヴァRT同様、全日本か8耐参戦ティームのスポンサードして4輪/2輪のダブルエントリィしちゃいましょう!

可夢偉がAFコルセ入りしたり アルピーヌが復活したり

「可夢偉、フェラーリと正式契約。今季はWEC参戦」(AUTOSPORT web)
「アルピーヌ、ル・マン復帰を正式発表。ELMSにも」

おお、モータスポーツシーズン開幕に向けて色々なトピックスが飛び込んできますな。今年のル マンは見所満載でたのしそうだ(^ω^)。

#しかし、可夢偉が乗るんじゃ今年のAFコルセ号は予約必至だな。

iPhoneが高性能露出計に変身する!・・・かも

「iPhoneを2000円台で高性能な露出計に早変わりさせる『Luxi』」(GIGAZINE)

「おお、2,000円台ならシャレで買ってもいいか!」と思ったら、まだアイディア段階なのねん。
でも、もし本当に製品化された暁にはポチってみようっと。

日産のモータースポーツトークショーで星野・長谷見監督のサイン、グェットだずぇ〜

監督・ドライヴァーのサイン会があると聞きつけ、横浜の日産グローバル本社ギャラリーで開催された《モータースポーツトークショー》にカメラとミニカー担いで参加。
持参したミニカーは、Q-MODEL製'90 R90CP #23、オニキス製'98 R390 GT1 #23、オニキス製'99 R391 #22、エブロ '12 MOLA GT-R #1の4台。
トークショウ自体は、活動計画発表会〜監督トークショー〜ドライバートークショー〜監督・ドライバーサイン会〜日産系チーム全員との記念撮影という盛りだくさんな内容でなかなか楽しめた。
で、肝心のサイン会が、限られた時間で効率的に参加者を捌こうという工夫のためか、ティーム毎にコーナーをフロア内で分散させるという方式。今回は星野・長谷見両監督のサインが主目的だったのでインパル〜NDDPと巡ったところでタイムアウトを迎えてしまい、結局、インパルで星野監督にミニカー、松田/オリベイラコンビに色紙。NDDPで長谷見監督にミニカー、星野一樹/佐々木大樹コンビに色紙にサインを頂戴するに留まる。

オニキス製'98 R390 GT1 #32の写真

オニキス製 #32 日産R390 GT1(星野一義/鈴木亜久里/影山正彦) 1998年総合3位

Q-MODEL製'90 R90CP #23の写真

Q-MODEL製 #23 日産R92CP(星野一義/長谷見昌弘/鈴木利男) 1990年総合5位

いやぁ、このお二人には前々からサインを頂戴したかったものの、巡り合わせが悪くてなかなかミニカーにサインしてもらう機会が無かったんだけど、ようやくGet出来て一安心♪

サークルKサンクス×京商ミニカー第59弾でマツダロータリーエンジン車の歴史を愛でろ!

<Mazda Rotary Engine Minicar Collection>(京商)

お〜、このシリーズ久々の国産メイカーはマツダで攻めてきましたか。
787Bもあることだし久々に引いてみるか・・・って、787Bは今は無き(?)ビーズコレクションで既に持ってるじゃん!(^ω^ ;)

世界一うまいコカ・コーラが、板橋の大山に、あったぁ

「東京で、沖縄を思いながら、タコライスを!」(デイリーポータルZ)

“――メキシコ産のコーラなんです。人工的な甘味料が入ってなくて、砂糖のみで作っているそうです。”

普段気になったこと無かったけど、果糖ブドウ糖液糖すらホンモノの砂糖の味には敵わないのか。
こりゃ、コーク好きには見逃せない情報ですな・・・つっても、コストコくらいでしか売ってないのか〜。

1/12フィギュア用スタチューの広がり止まらない!

<1/12スケール 鉄道小物シリーズ EK-03 自動改札機 日本信号製 GX7(白色タイプ)>(あみあみ)

ハセガワの机&椅子、アオシマ(マイルストン)のトイレに続いて今度はトミーテックまで自動改札で参戦かよ!(笑)
しかもちゃんと実在する機械をモデル化するところはさすが鉄道模型屋。
でも、これ、フィギュアと組み合わせて遊ぶ時用にICカードも同梱してくれないとなぁ。

・・・とはいえ数十個並べて『涼宮ハルヒの消失』のシーンを再現するくらいしか用途が思いつかない(^ω^ ;)。

ミニカー購入記(2013年3月2日号)

・スパークモデル 1/43 #1 アウディR18 e-トロン クワトロ('12 ル マン)
mamboxの通販で5,360円で購入(送料、他4点と合わせて700円)。
予約しておいた通常版のR18 e-トロン クワトロが到着。このモデルはアウディ特注をヤフオクで落としてしまったのでお蔵入り・・・と思っていたんだけど、特注版と通常版で何か仕上がりに差があるのかチェックしてみたところ、な、なんとアウディ特注は発表時のラウンチ仕様でル マン仕様では無かったことが判明!
というわけで、結局スパーク通常版を残してアウディ特注の方を処分するハメに…。
あー、出品者の「LeMans Winner 2012年」の説明を鵜呑みにして失敗したわー。<つーか入手時にチェックしろよ、自分(^ω^ ;)

・スパークモデル 1/43 #12 ローラB12/60クーペ('12 ル マン)
mamboxの通販で5,360円で購入。
2011年からトヨタエンジン(S-GT・Fポンで使用してるRV8Kの耐久仕様)を積み、2012年はビジネスパートナーにロータスが加わったからか、カラーリングが黒地にゴールドのラインという懐かしのJPS風にリニューアルされたりと、ここ数年存在感を増しているプライヴェイターの一角、レベリオンレーシングのローラB12クーペがスパークからリリースされたのでお買い上げ。
ル マンでの成績は、元F1パイロットのニック・ハイドフェルド、アラン・プロストの息子のニコラ・プロストドライヴの12号車が、ガソリンエンジン勢ではトップの総合4位を獲得。ル マン仕様なので「叛乱」のマーキングが無いのがちょっと残念(笑)。

・スパークモデル 1/43 #37 トヨタ89C-V('97 ル マン)
mamboxのYahoo! オークション出品分を5,360円で落札。
トムス/童夢85Cに続いてトヨタのCカー、89C-VがスパークからリリースされたのでTaka-Qカラーの37号車を確保。
Q-MODEL版も持ってるけど、Q-MODELの37号車は幻のポールポジションを獲得したTカーだったからダブリじゃないもんねっ。

・オートアート 1/43 #508 日野レンジャー('12 ダカールラリー)
mamboxの通販で8,850円で購入。
アルゼンチン〜チリ〜ペルーを舞台に戦われた2012年のダカールラリーで、排気量10リッター未満クラス3連覇(総合では9位)を達成した日野チームスガワラの2号車(菅原照仁/鈴木誠一組)が、なんとオートアートからリリースされたのでお買い上げ。
ノレブ製よりお高いけど、お高いだけあってディテイルの繊細さはさすがのオートアートクオリティ。ノレブ版ではややオーヴァースケールだった鯉のぼり(別パーツの組み付け式)も適正スケールに見えるし造形も細かい。・・・はいいんだけど、ボックスがムダにデカ過ぎ(゜Д゜;)。コレ、1/12のバイク用じゃない?
それにしても、オートアートは最近1/43のレースカーから遠ざかっちゃて寂しい思いをしていたら、いきなりパリダカカミオンに手を出したからビックリした。
現時点でノレブからのアナウンスが無いけど、もうノレブは手を引いちゃったのかしらん?

・ホットウィール 1/43 DMCデロリアン(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』)
mamboxのYahoo! オークション出品分を5,460円で落札。
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場した、デロリアンを改造したタイムマシーンがホットウィールのエリートラインからリリースされたのでお買い上げ。
無印版のデロリアンは、既に持っているアオシマ版を、かな〜り前から予告のあったミニチャンプス版がリリースされたらリプレイスする予定でいたものの、一向に登場する気配が無いので、今回のマテル版とリプレイスして『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3作品に登場したデロリアンのメイカーをバラけさせる計画をようやく達成。
それにしてもミニチャンプス版のデロリアンは結局企画倒れってことなんだろか?

#ちなみに今回の入荷分にはR18各種も含まれていて、予約したe-トロン クワトロ1号車も購入したんだけど、アウディ特注版を買ってしまったのでこちらはお蔵入り(^ω^ ;)。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »