2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« KOMATTI-MIRAI RACING、松下選手の遺志を継ぎマン島TT参戦継続へ | トップページ | TS030 HYBRID 東京本社に降臨。でも写真撮影はNG »

シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC OS修理記

ゴールデンウィークのSUPER GT 富士戦で、ズーム側でやたら露出オーヴァーになるわ、「Err 01」が出るわの不具合に見舞われたので、とりあえず問題がボディ側かレンズ側かを切り分けるためにキヤノンサービスセンター銀座に持ち込んでみたところ、レンズの絞り羽の動作不良という診断結果が出たため(ちなみにこの診断は無料)、シグマに修理を出すことに。
久々点検・修理ページを覗いたら、以前は梱包から発送から何から自分で手配しなければいけなかったのが、いつの間にか引き取りサーヴィスを始めていたので、手順に沿って引き取りを依頼、25日に宅配便に引き取ってもらい、28日には症状の確認と費用の提示がされたので承諾。そして4日に修理完了と発送案内があり本日無事受け取り。お代は修理費用:8,500円+引き取りサーヴィス利用料:500円+消費税450円で9,450円也。

いやしかし、引き取りサーヴィスを始めてくれたのは進歩だし、進捗を随時メールで知らせてくれる丁寧さには感心したけど、初期不良品はあるわ、たった4年で絞りが動作不良起こすわとなると、やっぱこの個体はハズレだったとしか思えないよねぇ(´・ω・`)。

引き取りサーヴィスの梱包状態の写真

« KOMATTI-MIRAI RACING、松下選手の遺志を継ぎマン島TT参戦継続へ | トップページ | TS030 HYBRID 東京本社に降臨。でも写真撮影はNG »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KOMATTI-MIRAI RACING、松下選手の遺志を継ぎマン島TT参戦継続へ | トップページ | TS030 HYBRID 東京本社に降臨。でも写真撮影はNG »