2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 大洗海岸に10式戦車進撃す! | トップページ | UKホンダ×TOP GEARの「暴走」っぷりが本気過ぎる »

ミニカー購入記(2013年7月20日号)

・スパークモデル 1/43 デルタウイング-日産 #0('12 ル マン)
モデルガレージロムの通販で6,500円(送料500円)で購入。
もともと次期インディカー向けシャシーのコンペ用としてベン・ボウルビーによって設計されたものの、インディカー用シャシーとしては採用されなかったため、ル マンにその活躍の場を求め、賞点外の“ガレージ56”枠を勝ち取り、アストンマーティンAMR-Oneのモノコックに日産MR16DDT 1.6リッターエンジンという組み合わせで2013年ル マンに登場。
その特異なエクステリアに加え、ティームの母体はハイクロフト・レーシングとドン・パノスの共同プロジェクトながら、日産エンジン+ドライヴァー陣にクルムと本山が加入していたことも相まって日産色が強かったこともあり、注目度ではアウディ VS トヨタのハイブリッド頂上決戦を上まっていたんじゃないか? というほどの盛り上がりを見せたデルタウイングがスパークモデルから登場。
決勝では本山のドライヴ中、セイフティカー明けのリスタートの混乱の中、あろうことか中嶋一貴駆るTS030にガードレイル送りにされてしまい、本山の必死の修復作業の甲斐無くリタイヤ。
このモデル、スパークジャパンが設立される端境期で、注文時、メイカー×問屋×ショップ間でちょっとした混乱があったようで、予約リストに載ったショップと載らないショップに分かれ、ブログ主がいつも予約しているショップは載らないグループだったので、デルタウイングは予約必須だろうと、慌てて予約を受け付けているショップを探してロムで予約。
で、いざ6月に発売になったはものの分割納品で、自分の予約分は7月入荷分に回され、焦れったい思をしている間にル マンのパブリックヴュウイングを観に日産グローバル本社ギャラリー行ったら、ギャラリー内の日産ブティックで普通に売ってて、すごい釈然としない気分を味わったんだよねぇ。

« 大洗海岸に10式戦車進撃す! | トップページ | UKホンダ×TOP GEARの「暴走」っぷりが本気過ぎる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大洗海岸に10式戦車進撃す! | トップページ | UKホンダ×TOP GEARの「暴走」っぷりが本気過ぎる »