2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 奥山清行ってドカのバイクのデザインもしてたんだ | トップページ | アイディアの勝利。空母赤城の飛行甲板タオル »

ミニカー購入記(2013年8月2日号)

・hpi-racing 1/43 #206 三菱パジェロ('93 パリ-ダカールラリー)
・Dslot43 1/43 #39 マクラーレンF1 GTR('96 ル マン)
あみあみの通販でパジェロ:10,240円、マクラーレンF1 GTR:2,353円で購入(送料500円)。

パジェロは、三菱とシトロエンの仁義なきワークス争いが行われていた90年代のパリダカを戦ったプロトタイプパジェロのうち、93年のパリ-ダカールラリーでブルーノ・サビーが駆って2連勝を決めた三菱石油カラーの206号車がhpiからマスプロダクトとして初登場したのでお買い上げ。
この年のパジェロはスターター完成品を持っていたけど、ようやくレジン製とは言えマスプロダクト化されたのはパリダカウォッチャーとしてはありがたい限り。
ところでなんで今回あみあみで手に入れたのかと言うと、いつも予約しているショップで予約した際、オペミス・確認モレから誤ってニコンカラーの207号車をポチってしまったのを入荷の段になって気づき、いつものようにヤフオク出品分を落札すればいいやと高を括っていたら、ヤフオクには1台しか流れてこず、しかも大抵開始価格で決着するのに、今回に限って競りが発生して落札し損なったため、↓のマクラーレンF1 GTRと併せて買うのにちょうどいいやとあみあみで購入した次第。

マクラーレンF1 GTRは、dNaNoが盛り上がらなかったことからスロットカーにボディの転用を計って生き残りをかけた京商の1/43スケールシリーズDslot43に(以上、ブログ主の憶測だけでお送りしました)、いつの間にかワークスカラーの39号車がラインナップされていた上、たまたまあみあみのセール対象品で5割引になっていたのでポチっとな。
京商製品だけに車検ステッカーはオミットされているものの、走行モデルとしては破綻の無いプロポーションに仕上がってる。
ホントのところ、ショートボディのワークスカラーはhpiかTSMで揃えようかと思ってたんだけど、なかなかアナウンスされないので業を煮やしてDslot43版に手を出してしまった。

« 奥山清行ってドカのバイクのデザインもしてたんだ | トップページ | アイディアの勝利。空母赤城の飛行甲板タオル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥山清行ってドカのバイクのデザインもしてたんだ | トップページ | アイディアの勝利。空母赤城の飛行甲板タオル »