2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2013 WEC 富士6時間 アウディR18 e-tron quattro特集 | トップページ | ブックオフの査定2013・秋 »

たった2ヶ月でLUMIXからPowerShotに出戻り

PowerShot S120の梱包箱の写真サブ機のコンデジとして8月にLUMIX LF1を買ったものの、いざ使ってみるとどうもしっくり来ない。そしてそのしっくり来ない点の積み重ねにとうとう「海より深い私の心も、ここらが我慢の限界よっ!」となってしまい、結局PowerShot S120に買い替えてもうた。
このS120、キヤノン直販価格で49,980円のところ、9月に発売になったばかりだというのに3万6千円台に下がっていたので、LF1を売れば1万ちょいで買えてしまうので、購入日時点で最安価格36,046円を付けていたアマゾンで「ポチッとな」(ポチとしたその日のうちに3万6千円を切ったのにはちょっとイラッとしたけど(^ω^ #))。

で、LF1の何がそんなに気に入らなかったのかを列挙してみる。

■EX光学ズームがキモチ悪い
トリミングズームに「光学」の名を冠するパナの姿勢はさておき、いかにメイカーが「画質の劣化が無い」をウリにしようとも(しかも、実際には劣化しているようだし)、「余計な処理」を入れて欲しく無い派なのでEX光学ズーム(EZモード)は使わないようにしたかったのだけれど、なんとEZモードを使わないためには最大記録画素数を選ぶしか無いというナゾ仕様──とゆーか、せっかくの画素数をフルに使わない方がデフォルトって意味がわからん──にカチン。
で、EZモードを嫌って最高画質で撮ると画が眠くてノイズが目立つという(・ω・)。

■広角側で歪曲収差を補正している(らしい)のがキモチ悪い
そりゃ、広角側で撮った画が樽型に歪んでいるのは美しくないけど、それはもうレンズ性能上仕方ないと割り切っているので、これまた「余計なことされてる感」があってイヤ。

■ファイル名リセットが手動
キヤノンのデジカメは撮影したファイル名について、オートリセットモードが選べ、メモリィカードを挿抜するとファイル名がリセットされるのが自分のファイル管理スタイルに合っていたんだけど、パナは通し番号か自分でリセットするかの二択なのが肌に合わない。

■ホワイトバランスがあまり賢くない
キヤノンのデジカメは、一眼にせよコンデジにせよオートホワイトバランスがかなり賢く、実物(というか自分の印象)と色味が違うと思ったことはまず無いんだけど、LF1のホワイトバランスはどうも全般的に納得のいかない色味の画になることが多い。
そんな実例を天使のミクさんでご紹介。
記録画素数は、2機種共通の画素数が640x480しか無いので、S90:2816x2112、LF1:2560x1712で撮影。

S90で撮影した初音ミクフィギュアの写真

PowerShot S90(50mm・F8・0.8・ISO100・AWB)

LF1で撮影した初音ミクフィギュアの写真

LUMIX LF1(50mm・F8・0.8・ISO100・AWB)

見ての通り、LF1は肌色がずいぶん黄色に寄った色味になっており、S90の方が実際の色味に遙かに近い印象。
で、これは肌色というか暖色系の色に過剰反応しているというわけでもなく・・・

S90で撮影したREITO MOLA GT-Rのミニカーの写真

PowerShot S90(35mm・F8・1.0・ISO100・AWB)

LF1で撮影したREITO MOLA GT-Rのミニカーの写真

LUMIX LF1(35mm・F8・1.3・ISO100・AWB)

これこの通り、黒とシルヴァーがメインのREITO MOLA GT-Rにおいてもシルヴァー部分が黄色被りしてるため、ちょっと大げさに言うと退色したような色味に見えちゃう。
多少発色の傾向が違うのはメイカーの個性と言えるけど、これは個性と言うよりホワイトバランスがバカとしか感じられず、個人的にはこれが最大のLUMIXに耐えられなくなったポイント。

とまぁこんな感じ。
ホワイトバランスの件以外はほぼ好き嫌いの問題だけど、なんとなくカメラ屋と家電屋のデジカメというプロダクトに対する考え方の差が自分に合わなかったのでは無いかという印象。
いやぁ、カテゴリィ、性能的にも同等の製品でも、メイカー変われば随分違うものですな。

で、PowerShot S120。まだ到着したばかりなのでいじり倒してないけど、S90の頃に感じたネガ部分を着実に潰し、タッチスクリーン等のトレンドテクノロジィを上手く注ぎ込んで完成度が上がっている感じで使い勝手は良さそう♪

【2013年11月2日追記】
S90とLF1をソフマップに持ち込んだところ、どちらも現時点の買取上限価格で引き取ってもらえ、S90=5,000円、LF1=24,000円の計29,000円となったので、これでS120は7,000円で入手したことに。7,000円なら良い買い物だわー。
ちなみにS90はカスタムグリップ付けていたけど、査定にはプラスにもマイナスにも働かないのは意外だった。

« 2013 WEC 富士6時間 アウディR18 e-tron quattro特集 | トップページ | ブックオフの査定2013・秋 »

コメント

カテゴリーをカテゴリィ、メーカーをメイカーとか表記しちゃう人の方が、よっぽど気持ち悪いです。。w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013 WEC 富士6時間 アウディR18 e-tron quattro特集 | トップページ | ブックオフの査定2013・秋 »