2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

ミニカー購入記(2013年11月30日号)

・スパークモデル 1/43 #45 モーガンLMP2−日産('13 SUPER GT)
mamboxの通販で5,580円で購入(送料、同時購入のヴァレンティーノ・ロッシフィギュアと合わせて700円)。
モーガンとOAKレーシングは共同でモーガンLMP2を開発(実製作はOAKのマニュファクチャー部門のオンローク・オートモーティブとペスカローロとの共同…って、ややこしい)、WECの2013年シーズンにOAKレーシングの3台目として投入。ル マンではル マン24時間レース90周年企画として、フェルナンド・コスタという道路標識を溶接したオブジェを得意とする彫刻家のデザインによるアートカーでエントリィ。“モーガン”のル マン復活、目を引くアートカーという組み合わせにコレクター心をくすぐられてお買い上げ。
しかし、西洋人の放射能の危険性に対する無頓着さというか、ポスト“フクシマ”の今の時代、放射能シンボルを様になるからとシャークフィンのような目立つ位置に堂々と持って来るセンス(まぁ、ゲージツ家のやることなので、もしかしたら皮肉を込めたのかもしれないけど)はいかがなものかと(苦笑)。

エブロは痛車はNGだとばかり思ってたのだが…

<エブロ 1/43 NAC 攻殻機動隊 ARISE DR PORSCHE SUPER GT300 2013 No.9 レジンモデル>(あみあみ)

同じPACFIC RACINGでもなんでイカちゃんはNGで攻殻はOKなんだ!? 納得いかねー。

イカ娘フェラーリ個スポ特典のミニカー再々延期に

この週末のJAF GPで'13シーズンも終わりを迎えようとしている本日、LMP MOTORSPORTからメールで「2011侵略記念特別コース」の特典であるミニカーが、製造元(ミニマックス?)とのトラブルが相次ぎ、イタリアのメイカーに発注し直すことになっため納期がさらに遅延するとの連絡が(´・ω・`)。
延期は残念だけど、この業界じゃ通常営業だし、イタリアの「一流メイカー」という触れ込みなので、おのずとアイドロン(MR Collection)かBBRに絞られるため、クオリティが保証されるという面では喜ばしいので楽しみに待つことにしましょうかね。

しかし、トラブルで依頼を取りやめた場合の費用ってどうなってるんだろう? メイカーの落ち度ならチャラ? そうだとしてもその他の費用はかかってるだろうからとっくの昔に予算と見合わなくなっている気が…(^ω^ ;)。

ミニカー購入記(2013年11月22日号)

・エブロ 1/43 #38 ZENT CERUMO SC430('13 SUPER GT)
アマゾンで5,120円で購入。
カラーリングを久々ゼントのコーポレートカラーである赤基調にイメチェンして'13シーズンに臨んだセルモ。
来年からDTMと車両規定の統一化を図ることからSCとしてはラストイヤーとなる今年、シーズンの滑り出しは好調だったものの、中盤戦でノーポイントが続いたことから一時はチャンピオン争いから脱落したかに思われたものの、第6戦 富士での優勝を契機に復活。第7戦、第8戦と表彰台を獲得、最終戦ではレクサス勢の「援護」もあり、セルモとしては2005年以来8年振り、ドライヴァーの立川は通算3勝目、平手はキャリア初のチャンピオンを獲得した38号車がアマゾンから到着。
今年のSCは、最初は久々2台出しとなったトムス37号車にしようかと思ったけど、カラーリングがイマイチ冴えないので、SC勢のカラーリングの中で一番カッコイイ38号車をチョイスしたらチャンピオンを獲得してくれてラッキィ♪

ミニカー購入記(2013年11月17日号)

・日の丸自動車興業特注チョロQ 水陸両用バス スカイダック
亀戸梅屋敷で900円で購入。
今年3月から運行開始され、地元でちょいちょい現物を目撃していたのにも関わらず、最近チョロQ関連に対する感度が鈍く、チョロQ化されてもおかしくない素材でありながら探そうという発想に至らなかったものの、今日たまたま亀戸梅屋敷の前を通りがかり、「もしかしてチョロQ売ってるんじゃね?」と思い付いて覗いてみたら、案の定販売されていたので確保。
ところでオフィシャルのオンラインショップでは800円なのに梅屋敷では900円なのはなんでなんだぜ?(゜д゜)

アマゾンが発表した「オールタイムベスト小説100冊」のうち自分が読んだのは…

「Amazon、ユーザーが支持した小説100冊『オールタイムベスト』公開」(ITmedia ニュース)
《オールタイムベスト小説100》(アマゾン)

アマゾンが独自のデータで小説のオールタイムベスト100を発表していたので、戯れに自分が読んだ本をカウントしてみた(中には学生時代の課題図書もあるけど(笑))。
そもそもラインナップに偏りというか「なんでこんなのが入ってるの?」という疑問(「謎のプリンス」なんか、ハリポタ中一番つまらんと思うんだが…)が無いではないけど、まぁお遊びお遊び。

[日本文学]
『こころ』夏目漱石
『塩狩峠』三浦綾子
『下町ロケット』池井戸 潤

[海外文学]
『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キイス
『グレート・ギャツビー』スコット・フィッツジェラルド△
『ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻』J.K.ローリング
『日の名残り』カズオ・イシグロ
『星の王子さま―オリジナル版』サン=テグジュペリ
『老人と海』ヘミングウェイ

[サスペンス・ミステリー・SF]
『天使と悪魔(上)』ダン・ブラウン
『夏への扉』ロバート・A・ハインライン
『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン
『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上)』スティーグ・ラーソン

[歴史・時代小説]
『坂の上の雲(1)』司馬遼太郎
『三国志(1)』吉川英治
『蝉しぐれ』藤沢周平
『天地明察(上)』冲方 丁
『壬生義士伝(上)』浅田次郎
『竜馬がゆく(1)』司馬遼太郎

[エッセー・随筆]
『深夜特急(1)香港・マカオ』沢木耕太郎

※△は訳者違いの版で読んだもの

以前、ハヤカワ文庫の100冊でカウントしてみた時も1/5だったけど、今回も不思議と1/5だな(^ω^ ;)。
やっぱ日本文学に弱い分、数が稼げないんだよね〜。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』2回目鑑賞でGetした“神”フィルムを自慢してみる

今日は来場者プレゼント第3弾のフィルム配布が始まるということもあり、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の2回目を鑑賞(1回目は初日に観に行き色紙もGet)、大当たり(参考価格(笑):2万円)のフィルムを引いたので自慢してみる。

「叛逆の物語」来場者プレゼントのフィルムの画像1

なんとハイパーアルティメットまどか、しかもアップですよ奧さん!(゜∀゜)
ほむほむを隔離していたインキュベイターの遮蔽フィールドを内部から打ち破り、ほむらを救おうとアルティメットまどかが降臨したカットですな。
その神々しい横顔をアップで。

「叛逆の物語」来場者プレゼントのフィルムの画像2

しかし、まさかこれがほむほむの罠で…(以下自粛)。

いやはや、普段クジ運悪い方だけど、まどマギのフィルムは去年の「始まりの物語/永遠の物語」の時のほむほむといい今回のまど神様といい、気持ち悪いくらい大当たりのカットを引くなぁ(*´∀`*)。

ミニカー購入記(2013年11月6日号)

・スパークモデル 1/43 #36 アルピーヌA450−日産('13 ル マン)
mamboxで5,580円で購入(送料、ミニチャンプス製ライダーフィギュアと合わせて1,000円)。
カルロス・ゴーンの肝煎りで復活したアルピーヌブランドアピールのため、オリジナルシャシーに日産VK45エンジンを搭載したLMP2マシーンA450(当初“N°36アルピーヌ”と名付けられたものの、すぐにアルピーヌのレーシングカーの伝統を継ぐA4xx系の名称に変更)を、2012年のELMSのタイトルを獲得したシグナテックのオペレイションにより2013年シーズンからELMSとル マンに投入。
ル マンでは15位と奮わなかったものの、アルピーヌブルーのレースカーが久々ル マンという大舞台に帰って来たことを祝してお買い上げ。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »