2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

ミニカー購入記(2013年12月31日号)

・BBR 1/43 #71 フェラーリ458イタリア GTC('13 ル マン)
FORZAの通販で14,175円で購入(送料無料)。
F1でのシートを失った小林可夢偉が加入したことで俄然日本のファンの注目を集めたAFコルセの71号車(総合21位)がKBモデルコラボBBR完成品としてリリースされたのでお買い上げ。KBモデルコラボのおかげなのか、15,000円とリーズナブルなお値段(<金銭感覚おかしい)だったのでBBR製に手を出した次第。
購入は、いつも利用しているショップが予約をしなかったため、予約を受け付けているショップの中では送料を加味しても一番安かったFORZAでポチッとなしておいたのが大晦日になって到着。本年最後の買い物に。
それにしても、なんで458はTSMとBBRの購入時期がカブるのだろう?

ミニカー購入記(2013年12月30日号)

・スパークモデル 1/43 #2 アウディR18 e-トロン クワトロ('13 ル マン)
mamboxの通販で5,830円で購入(送料600円)。
セイフティカーが12回も入り、スタート直後に死亡事故まで起きるという荒れた展開となった今年のル マンで、3連覇を狙う1号車はメカニカルトラブル、3号車はクラッシュを喫するなど、アウディ勢も決して盤石なレースでは無かった中、雨の予選でポールポジションを獲得し、決勝でも堅実な走りを見せたクリステンセン/デュヴァル/マクニッシュ組の2号車が優勝をもぎとり、アウディにはル マン4連覇を、ドライヴァーのクリステンセンは9勝達成をもたらせたアウディのハイブリッドLMP1カーのR18が到着。紙パッケイジはル マン24時間レース90周年記念の特別仕様。
ここのところスパーク製品で予約したアイテムが、ショップの取り置き期間を越えてから散発的に入荷するせいで、送料で割引が相殺されちゃうので買い得感が無くて困る。

ミニカー購入記(2013年12月28日号)

・TSM-Model 1/43 #66 フェラーリ458イタリア GTC('12 ル マン)
Joshin webの通販で9,912円で購入(送料無料)。
去年からブランド名称を“TSM-Model”に変更したトゥルースケールミニチュア(代理店が京商に移ったのにいまだフジミのパッケイジなのはなんでなんだぜ?)がリリースした'12 ル マン参戦458イタリア GTCのうち、戦績はリタイヤと奮わなかったものの、黄色地に大胆な黒のブラッシュパターンを配したカラーリングが目を惹くJMWモータースポーツの66号車を購入。
いつも利用しているショップが予約・販売共に扱いが無かったのでネットで漁ったら、Joshin webという意外なショップが最安値を付けていたのでポチッとな。

結局hpi(MIRAGE)→イグニッションモデルでファイナルアンサー?

「新製品情報13/12/19」(ミニカーショップコジマ)

このイグニッションモデルの新規受注リスト見て「hpiがキャンセルしたアイテムのリストと丸被りやん!」と思ってたら、どうやら「今後はhpiのDNAを引き継ぎ、新ブランド「ignition model」で多岐にわたるジャンルを展開していきます。」と宣言していることからも、少なくともレジン製の資産はIGモデルに引き継がれるってことで良さそうだね。
しかしIGモデルって「hpi開発スタッフの自主企画ブランド」というナゾの位置づけだったけど、これはやっぱhpi内で内紛でもあったのかね?
今にして思えばMIRAGEブランドの廃止や、hpiのブログでのイグニッションモデルに対する「今後、クラシック、ネオクラシックカーを中心に展開していくようです。」というよそよそしさはすべて今回のhpi撤退の布石だったのだな。
どうやら玄人受けはしてないようだけど、当ブログ主的には国産車レースカーを出してくれる貴重な国産ブランドとして期待しているので生暖かい目で見ていきたいですわ。

久々秋葉館らしいガジェット来たな

「秋葉館からアップル「角マウス」ことADBマウス復刻版、初回販売は限定100個」(Engadget Japanese)

おお〜、自分がMacデビュウした時はまだ角マウスだったからこれは懐かしいね〜。
マウスにゴッキュッパは出せないからスルーだけど、こーゆーバカっぽいガジェットご無沙汰だからちょっと胸が躍ったわ。

【悲報】hpi-racingがミニカー事業から撤退

「重要なお知らせ」(LIFE with MODEL CARS ブログ)

立ち上げ当初は後出しジャンケンなラインナップで面白味のないブランドだったけど、最近は上手く隙間を突いたクルマを出してくれるし、何よりダイキャストモデルについては精緻な造形の割りにはコストパフォーマンスのよいミニカーを出してくれるし、ル マンカーに関してはエブロと違って車検ステッカーをちゃんと再現してくれたり、タバコデカールを無料で頒布してくれたりと、製品に対する真摯な姿勢に好印象を抱いていただけに残念。
とはいえ1/43に注力してればいいのに、1/18やら1/6のバイクやらに手を広げたのはやり過ぎだったんじゃないかねぇ?

#hpiがいつか出してくれるのを信じてスパークのトヨタ94C-V見送ったのに…(´・ω・`)。

ミニカー購入記(2013年12月14日号)

・スパークモデル 1/43 #97 アストンマーティン ヴァンテイジ V8('13 ル マン)
mamboxの通販で5,580円(送料600円)で購入。
レース開始直後、GTE-AmクラスのヴァンテイジV8 95号車はコントロールを失いテルトルルージュのガードレールに激突、不幸にもドライヴァーのアラン・シモンセンが亡くなるという悲劇に見舞われたもののアストンマーティンレーシングはレース続行を決定。レース終盤にはAMR GTE-Proクラスのエース97号車がトップを奪取するものの、雨によるセイフティカー導入の混乱でマンタイのポルシェ勢にトップを奪われクラス3位に甘んじてしまったヴァンテイジV8を、一般公募によりデザインされたスペシャルカラーが目を引いたこともあってお買い上げ。
しかし、リリースが早いからついスパーク買っちゃうけど、ル マンカーに関しては去年、今年とスパークのミニカーしか買ってなくてコレクションの幅的につまんないなぁ。このスパーク無双の状況なんとかならんもんだろうか?

ホンダがスマートフォン用エアバッグを開発!?

<Smartphone Case N>(N STORE)

こんなバカでかいケース持ち歩けるか~い!・・・って、フィクションだけど(笑)。

いやしかしNシリーズが好調なせいか、エイプリルフールでもないのに、日本でもこんなバカ企画やるとはホンダも余裕が出来たもんだな~。いいぞ、もっとやれ。
こーゆーバカなことを真面目にやるホンダは好きだぞ。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »