2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« PACIFIC RACING、今年はラブライブ!痛車で参戦 | トップページ | ミニカー購入記(2014年2月18日号) »

新生GSR、ワンフェスでミクZ4 2014 Ver.のカラーリングをお披露目

今年もワンフェスにおいてグッドスマイルレーシングの参戦決起集会を開催、しかも今年は3年ぶりにステージ撮影が解禁されるとあって張り切って開場の幕張メッセへ・・・向かったものの、前日降った東京地方では13年ぶりという大雪警報が出されるほどの雪の影響で、総武線・京葉線は動いていたものの武蔵野線が運転を見合わせていたため千葉回りで海浜幕張へアプローチするハメに(´д`;)。
そんなハプニングはありつつ11時半過ぎ幕張メッセ到着。軽くホール内を冷やかしてからグッスマブースに向かい、決起集会の前のプログラムから観覧エリアに陣取ったおかげで2列目を確保することに成功。

ミクZ4 GT3 2014の写真1

ステージ横にはベールに包まれてたたずむミクZ4が。

ステージ上ティームメンバーの写真

今季は、ミクGTプロジェクト立ち上げ時からのエントラントの母体であるスタディが別ティームを立ち上げたため、グッスマ主体のエントラントとしてスタートを切ることになったGSR。登壇したのは安藝代表、片山監督、大橋ゼネラルマネージャーに、今季も続投を決めてくれたドライヴァー2人・・・のはずが、残雪による道路渋滞により、谷口選手まさかの遅刻で片桐選手のみ。
基本的な体制は年末の忘年会で発表されていたので、ここでのトピックは2014年型Z4 GT3が通関待ちというデリバリィ状況とレーシングミクサポーターズのメンバー、TEAM MIRAIとのコラボも継続、今年は挑戦の舞台をマン島TTからパイクスピーク移すことくらい。
そしていよいよレーシングミクサポーターズによりベールが取り払われミクZ4 2014年仕様のカラーリングのお披露目。

ミクZ4 GT3 2014の写真2

ミクZ4 GT3 2014の写真3

艦これのヲ級をデザインしたことでその筋の人にはお馴染みらしい(ブログ主は艦これ疎いので知らなかった)、絵師のおぐち氏デザインの今季のレーシングミクさんは、なんか妖艶な雰囲気を漂わせてますな。
そして「車体機構デザイン」の謎もついに明らかに。
まぁ、河森正治が参加するという時点で予想できた通り、ミクZ4がトランスフォーマーばりに変形してロボットになるというオチだったけど。
無断でオファーしてトリガーに怒られたという、コヤマシゲトデザインのカラーリングには、変形時の分割の都合も反映されているとのこと。

ミクZ4 GT3 2014の写真4

ミクZ4 GT3 2014の写真5

ミクZ4 GT3 2014の写真6

ミクZ4 GT3 2014の写真7

ミクZ4 GT3 2014の写真8

ミクZ4 GT3 2014の写真9

ルーフのスポンサー数は当然ながら「0000」。

ミクZ4 GT3 2014の写真10

ウイングの翼端板から覗くうーさーがかわええ(*´∀`*)。

ティームメンバーの集合写真

フォトセッションでは、ティーム専属カメラマンらしき人が、取材のメディアを屈ませてファンにも撮るチャンスをくれるというサービス精神の旺盛さはさすが。

【おまけ】

河森正治の写真

決起集会終了後、実写のリサーチに余念の無い河森正治を激写(笑)。

« PACIFIC RACING、今年はラブライブ!痛車で参戦 | トップページ | ミニカー購入記(2014年2月18日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PACIFIC RACING、今年はラブライブ!痛車で参戦 | トップページ | ミニカー購入記(2014年2月18日号) »