2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

口座持ってない三井住友銀行を騙るフィッシングメールが来ましたよ

「三井住友銀装うフィッシングが発生 - 他行への攻撃と同じサーバを利用」(Security NEXT)

来たきた、ウチにも来ましたよ! 「Yahoo.comドメインの三井住友銀行」(笑)からのメアド確認依頼メール。

しかし良く分からないのは「宛先」のメアドが自分のメアドじゃないんだよね(gooですらない)。
どうしてこれでウチにメールが届くんだろか?

ありゃ? フリーイングのTT零13ノンスケールになっちゃった

<ex:ride Spride.06 TT零13>(グッドスマイルカンパニー)

ワンフェスの原型展示では1/12表記だったから期待してたのにな〜。
結局figmaにスケールを合わせると1/12を維持出来なかったってことか。
でも、まぁ、「figmaを乗せて遊べる」プレイヴァリュウは捨てがたいから買っちゃおうかな。

6年で故障とか、Lレンズの耐久性もそんなもんか

先日、EOS 7D+EF24-105mm F4L IS USMの出番としては初めてとなるのでとある撮影会に気合いを入れて挑んだところ、撮影途中から「Err 01」が出て撮影不能に。
電源のオン/オフ、レンズの脱着、接点を指で拭ったりの応急処置を試みるも復活しなかっため、中座して先代の40Dのボディと別レンズを取りに戻るハメに。
色々な組み合わせを試した結果、レンズの不調であることが判明したので、先週の土曜日キヤノンサービスセンター銀座に持ち込んで診てもらったところ、なんの巡り合わせか、1年前のシグマ 18-250mmに続いて絞り羽根の動作不良との診断が下ったため修理依頼。
予定では23日完了予定だったけど、18日には修理完了の連絡があったため本日受け取りに行き無事復活。修理代は12,960円也。

う〜ん、プロスペックのLレンズが6年で故障するってのがサイクルとして一般的なのかはわからないけど、個人的印象としてはちょっと早い気がするなぁ。

RC213Vのマルケス号が公道走っとる!(゜Д゜;)

「MotoGP参戦マシン『RC213V』が浅間ヒルクライムに特別参加」(ホンダ)

寡聞にして浅間ヒルクライムのことは知らなかった上、ホンダがワークスマシーンを走行させるという英断を下したことに驚嘆。
元町の商店街でユッキーがJSB仕様のGSX-R1000でパレードしたような例はあるけど、観光道路を封鎖して純レーシングカーを走らせることを実現した運営の地道な努力に拍手。

なんだ、やっぱイマドキの子供もカッコイイスポーツカー好きなんじゃん

「1/1『トミカ警察 トヨタ86パトロールカー』がメガウェブで展示開始 / 8月半ばからは同乗走行、9月以降は試乗も可能に」(Car Watch)

“タカラトミースタッフによると、86のミニカーが常に子供達の人気であること(2011年には数あるトミカの中でベスト1を獲得)”

これで「若者のクルマ離れ」を招いた責任の一端は、スポーツカーをないがしろにしてミニバンばっか作ってた自動車メイカー自らが招いたことが露呈しましたな。

スタディ特注のZ4 GT3はやはりミニチャンプス製

「チームOfficialミニカー(1/43)の1stサンプルが出来ました。」(BMW Sports Trophy Team Studie Facebook)

サンプル写真観る限り、やっぱGTA絡みのデカールはオミットされてますなぁ。
だとしたら本戦仕様原理主義のわたしゃエブロ待ちますわ(出るよね?(^ω^ ;))。どうせどっちも中身はミニマックス製でクオリティ差は無いだろうしね。

#とゆーわけで広報さん、ミニチャンは残念ながら「Made in Germany」じゃないっすよ。

Porsche Cafe Aoyamaでル マン気分を盛り上げる

ポルシェワークスとしては16年振りとなるル マンのトップカテゴリィへの参戦を記念して、6日から15日までの期間限定で“Mission 2014-Our Return to Le Mans”をスローガンに<Porsche Cafe Aoyama>に模様替えしている<Royal Garden Cafe 青山>に、いよいよ今夜スタートとなるル マン気分を少しでも盛り上げようと青山へ覗きに行く。

国道246号線からいちょう並木道に入ったすぐのところに店を構えている<Porsche Cafe Aoyama>。

店先にはパナメーラS E-ハイブリッドを展示。
あのさぁ、さすがに現地で展示してるようなル マン参戦車両をシュツットガルトから持ってこいとは言わないけどさ、せめてカレラカップカーとか、レースにまつわるクルマを展示してもバチは当たらないんじゃないの?

店外にはあまりル マンを感じさせるディスプレイは無く、店の入口にWEC 富士のポスターが掲示してあるくらい。

せっかくなので店に入ってアイスティーを注文して店内を見物。
パネルやポスターが掲示されている店内ディスプレイは結構それっぽい雰囲気。

モニターではポルシェのレース活動のプロモーションヴィデオが流れてたけど、食いついていた人はほとんど無し(苦笑)。

ポルシェオーナーにしか頒布しないものと思ってた記念ステッカーも、飲食したら普通に貰えてラッキィ♪
ご覧の通り、ランチョンシートも919を紹介する特別仕様だったので、会計時もらえないか訊ねてみたら、歴代の参戦車両が紹介されてる別ヴァージョンとセットでくれたヨ〜ヽ(´∀` )ノ。
レジに今年のレース活動の概要をまとめた小冊子がこれ見よがしに置いてあったので、てっきり無料頒布か販売物かと思って値段を訊ねたらサンプル(ディスプレイ)とのこと。紛らわしことスンナ!(笑)

せっかくル マンをテーマにオープンするんだから、もうちょっと店全体でレーシングテイストを感じさせて欲しかったところだけど、優勝してもそれらしいイヴェントやらないアウディよりなんぼかマシか。

ル マンで中嶋一貴が日本人ドライヴァー初のポールポジションを獲得!

「一貴&トヨタがル・マン24時間のPP獲得!日本人初」(AUTOSPORT web)

おお〜、どちらかと言うとアンチトヨタのブログ主でもこれは素直に嬉しいニュース。
今年はWECのシリーズでもトヨタに追い風が吹いているし、これは23年ぶりの快挙きちゃう?(゜∀゜)

・・・と、久々の日本車ル マン制覇の機運が高まってるし、明日は梅雨の合間の晴れ間が覗くらしいというのに、バイクを車検に出してしまってパブリックヴュウイングを観に行くアシが無いと言う…○| ̄|_

#ZEOD RCやタイサンの458も購入マストだし、コーヴェットC7-Rもモデルチェンジして超カッコ良くなってるし、今年はミニカーの集め甲斐がありそうだ。

MOBILITY STATIONの神対応に感激

今年の8耐に、昨年に続いてシュワンツが出場、しかも、辻やんと組んでヨシムラの12号車を駆るとあっちゃヨシムラ&シュワンツファンとしては観ないわけにはいかないでしょう、というわけで前売り発売開始と同時にヨシムラ応援席をMOBILITY STATIONで購入。
ところが、ホスピタリティラウンジでの観戦が出来るヨシムラファンラウンジ券が好評で完売した途端、ピットビル3階での観戦ながら、パドック入場、ピットウォーク参加、激感エリアへの入場可など、ファンラウンジ券と共通で個人的に惹かれる特典が付いて32,500円と、お値段的にも折り合いが付く価格のヨシムラファンテラスの発売が開始されてショックを受ける。
あまりにも悔しかったので、ダメもとで応援席からファンテラスへのアップグレイド手段は無いのかをMOBILITY STARIONに問い合わせてみたところ、なんと、新たにファンテラス券を購入してその旨連絡をすれば応援席の代金返金で対応してくれると言うではないか! いやー、これぞまさに神対応! これで今年の8耐観戦がますます楽しみになってきた〜。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »