2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« カホタン、それホウィールちゃう! | トップページ | EOS 7Dのモードダイヤルをロック機構付きに換装 »

ミニカー購入記(2014年8月2日号)

・TMG特注スパークモデル 1/43 #7 トヨタTS040 ハイブリッド('14 ル マン)

F1ショップGRANDPRIXで9,800円(850円)で購入。
1周あたりの使用燃料量と最大流量を規制する一方で4輪回生&力行がOKとなったレギュレイションに対応すべく、トヨタ/TMGはブランニューマシーンTS040をWEC/ル マンに投入。
第1戦 シルバーストーン、第2戦 スパ・フランコルシャンを制し意気上がるトヨタ勢は、第3戦 ル マンの予選で中嶋一貴の果敢なアタックにより7号車(ブルツ/サラザン/中嶋組)がポールポジションを獲得。これにより一貴は日本人初のポールシッターの称号を得、俄然トヨタのル マン初制覇への期待が高まるなか迎えた決勝。PPスタートの7号車がスタート早々にリードを築きレースを支配したものの、13時間が経過した夜間走行中、突如ハイブリッドシステムのシャットダウンでTS040はストップ。再始動することなくそのままリタイヤとなり、またもやトヨタのル マン制覇はおあずけに。
そんなTS040 7号車が早くもTMG特注品としてリリースされ(でもtoyotahybridracing.comショップにはラインナップされていない不思議)、並行輸入品(?)を扱っているショップをたまたま見つけたのでお買い上げ。
成績上で言えば序盤のクラッシュによる後退にめげずレースを続行して3位表彰台を獲得した8号車の方が上だけど、押さえるならやはり日本人初のポールポジション獲得車でしょう、ということで入手した次第。
まぁ、しばらく待てばもう少しお安い正規輸入品(しかし、TMG特注はミニカーショップに流れてくるのと、サーキットなんかのオフィシャルグッズショップ扱いとで値段が違いすぎるので、なにが「正規」なのかようわからん)が出回るかもしれないけど、なるべく早く入手したいからね。
しかし、ロードラッグ仕様としてはスパ後から設計を始めたとしても、ル マンからこんなに間を置かずにル マン仕様を出せるとか、スパークはどんだけメイカーの協力を得ているんだろう?

« カホタン、それホウィールちゃう! | トップページ | EOS 7Dのモードダイヤルをロック機構付きに換装 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カホタン、それホウィールちゃう! | トップページ | EOS 7Dのモードダイヤルをロック機構付きに換装 »