2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

ミニカー購入記(2014年12月26日号)

・イクソ 1/43 #1 フォルクスワーゲンポロR WRC('14 モンテカルロラリー)
ミニカーショップ アートグランの通販で5,151円(送料680円)で購入。
セカンドドライヴァーのヤリ−マティ・ラトバラの躍進も手伝い、エースのオジェが8勝、ラトバラが4勝と、全13戦中12戦で勝利を飾り、フォルクスワーゲンがマニュファクチャラーズ・ドライヴァーズのダブルタイトルを獲得した'14シーズンのWRC。
シトロエン、フォードが震わなかったとはいえ、両ドライヴァーの活躍により圧倒的な強さを見せたポロR WRCがイクソからリリースされたので、'13モデルはスパークを押さえたのでローテイションに従いお買い上げ。
予約もし損ない、11月末に入荷していたようなのになぜか入荷情報も見落としてしまい、気づいたらどこも完売状態で焦ってググりまくったらなんとか在庫を見つけたので、購入は初となるアートグランでポチッとな。
まぁ、イクソならバリも期待出来るしそんなに慌てなくていいのかも知れないけど、やはりモンテ仕様(ライトポッドも付いてるし)のオーラには勝てずほぼ定価購入も辞さなかった次第。
それにしても、久々イクソのミニカー買ったけど、いまやイクソも定価で6千円弱ですか…。まだまだ他メイカーよりはコストパフォーマンスは良い方とはいえ、コレクターのお財布にはどんどん厳しくなりますなぁ。

GSR & TeamUKYO 2014年忘年会でミニカー当たっちゃった♪

今シーズン、3年ぶりにSUPER GT GT300クラスのドライヴァーズチャンピオンを獲得した我らがGOODSMILE RACING & TeamUKYOの忘年会に参加。
会場の東京カルチャーカルチャーが狭かったのはいただけなかったけど、お土産(参戦報告書、ヨコハマタイヤのポスター、タオル、卓上カレンダー、缶バッジ)あり、早くも来期の体制発表あり(SLS AMG GT3へのスウィッチは、ビーエム屋だったスタディと袂を分かった以上、無いことは無いとは思ってたけど、実行するとは思わなかった)、ここには書けないような裏話(笑)ありで楽しかった〜。
で、この手のイヴェントお約束のプレゼント抽選会があり、普段クジの女神に見放されてるのでまったく期待していなかったところ、なんとグッスマ製1/32 '14 ミクZ4 開幕戦Ver.のミニカーが当たったではないか!

いやー、1/32はコレクト対象外だけど、その年のチャンピオンマシーンのミニカーがティームの忘年会で当たるなんて、個スポ&ミニカーコレクター冥利に尽きる幸運♪

商品はミクサポの山村ケレール嬢から頂戴しましたー♪

「2014年WEC TOYOTA Racing活動報告会」にモリゾウ社長はなぜいない?

「トヨタ、『2014年WEC TOYOTA Racing活動報告会』開催」(Car Watch)

レース好きを公言して、GAZOO Racing絡みのイヴェントには積極的に顔を出すモリゾウ社長が出席していないと、「トヨタ本体とTMGの関係が冷え込んでいる」というウワサを裏付けてるように感じてならないよねぇ。

PowerShot S120にカスタムグリップ装着

S90使用時に重宝していたので、S120にもカスタムグリップを装着したいなぁと思い調べたところ、S90に着けていたリチャードフラニエックからはS120用がリリースされていないため(G7 X用は出したのに…)、オリエンタルホビーオリジナルのKOGEN製のS120用カスタムグリップを購入。

パッケイジは台湾ブランドとは思えないしっかりした造りで、なんと予備の両面テープも同梱!
デザイン的にリチャードフラニエックほどエレガントじゃないのがちょっと残念だけど、アルミ削り出しで質感的には決して負けてはいないし、S120とのマッチングも及第点。
リチャードフラニエック同様、レンズ収納部以内に収まるよう設計されているため、ポーチへの収納性を犠牲にしていないところも○。
とゆーか、リチャードフラニエックはなまじラインが滑らかなため、ファインダーを覗いている時のホールド感は良いものの、持ち歩いている時は指が滑ってしまっていたけど、KOGENの方はしっかりとグリップ出来るのでより安心感が増していてグッド。
4千円でこの安心感が得られるならコスパ的には決して悪くないと思う。

ミニカー購入記(2014年12月5日号)

・エブロ 1/43 #23 MOTUL AUTECH GT-R('14 SUPER GT)
mamboxの通販で7,160円で購入。
DTM規程導入元年となるSUPER GTの'14シーズン、日産は必勝を期してドライヴァー陣をシャッフル。ワークス23号車のハンドルを松田次生/ロニー・クインタレッリに預けて挑み、シーズン通すと浮き沈みはあったものの最終戦 もてぎをランキング3位で迎え、このレースで優勝し、ランキングトップのペトロナス RC-Fが3位以下に沈めば逆転チャンピオンという状況の中、そのペトロナスをカルソニックがオープニングラップに捨て身の特攻を仕掛けるというナイスアシスト(違)も手伝い、ポール・トゥ・ウィンを飾った23号車は、日産/ニスモとしては6年振りのシリーズチャンピオン、松田次生は悲願のGTチャンプの称号を獲得。そんな'14シーズンチャンピオンマシーンがエブロからリリースされたので確保。
マシーンスウィッチ初年度ということもありポリシィに従いニスモを予約したところ、「初年度に強いニスモ」のジンクス通りチャンピオンを獲ってくれたおかげでチャンピオンマシーンを押さえることが出来たラッキィ♪

しかし値引き有りで7千円台とか、S-GTミニカーも随分高くなったもんだねぇ(´・ω・`)。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »