2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 1/12のバイクモデルで1万7千円とかもう庶民には手が出ないよ… | トップページ | ミニカー購入記(2015年4月25日号) »

MOTOR SPORT JAPAN 2015に'15 日野レンジャーGT降臨

昨年10月開催の第9回は、WTCC 日本ラウンドの予選日観戦と《ヨシムラ 60th アニバーサリーフェスタ》見物を優先したためパスした《MOTOR SPORT JAPAN》が今年は春開催となり、今回は他のイヴェントとバッティングしていなかったので久々見物。
といっても、10周年という節目の開催の割りには展示マシーン・来場ドライヴァー共にパッとせず(開幕戦とぶつかっていることもあってWEC勢は全滅だしね)、個人的にテンション上がったのは今年型の日野レンジャーくらい。
というわけで、《ダカールラリー・フェスタ》ではお目にかかれなかった日野レンジャーGTのスナップをお届け

来場したのは義正お父ちゃんがステアリングを握ったゼッケン524の1号車(トラック部門排気量10リッター未満クラス2位)。

ボディはキレイにしてあったけど、足回りは南米の砂塵を着けた状態のウェザリング仕様(ウェザリング言うな)。

2014年は先行開発車両の1号車のみに採用していたヨシムラの排気ディバイス。効果が確認されたのか今年は2台とも装着して出場。

コースを開放して行われたグリッドウォークで、HINO Team Sugawaraはタイヤ交換デモを実施。
実際にダカールでメンテに当たったメカニックがタイヤ交換を披露する中、菅原親子によるマシーン解説が行われるというマニアにはたまらない企画。
トイレットペイパーすら個数制限をしたり芯を抜いて搭載して軽量化に配慮していた、なんてトリヴィアを披露してくれるのでとっても面白かった。

エアジャッキも現地で使っていたものを使用してデモンストレイション。

トルクレンチもこのデカさ(笑)。

« 1/12のバイクモデルで1万7千円とかもう庶民には手が出ないよ… | トップページ | ミニカー購入記(2015年4月25日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/12のバイクモデルで1万7千円とかもう庶民には手が出ないよ… | トップページ | ミニカー購入記(2015年4月25日号) »