2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« キャラホビ2015 C3×HOBBYでミクSLSとミクサポを撮影 | トップページ | ミニカー購入記(2015年8月29日号) »

デレマス19話の作画崩壊酷かったねぇ・・・

・・・木村夏樹のカタナの(笑)。

ざっと突っ込むと。
・タンク位置が低すぎ
・フロントフォークがハンドルと繋がっておらずタンクから生えてる。これじゃハンドル切れない
・制止中なのにほぼフルボトム状態のフロントフォーク。てか、もはやスプリング抜けてるよこれ
・アクスルとホウィールのセンターが合ってない
・なぜか集合部(集合してないけど)から素材(色)が変わるマフラー
・しかもマフラーから生えてるサイドスタンド
・リアカウルが寸詰まり過ぎてナンバープレイトがリアタイヤと接触寸前だし、これだとリアサスがちょとでも稼働したらカットしたリアフェンダーに当たっちゃう

そしてカットが変わっても崩壊は止まらない。

・リアサス右のユニットが無い
・ノーマルだったはずなのに右側だけサイレンサーがアップタイプになってる

などなど、カタナファンにとっては噴飯ものの作画崩壊っぷり。
設定資料がどうなってるかは知る由も無いけど、プロならもうちょっと構造ってもんを理解して描こうよ。

ちなみにホンモノはこちら(ブログ主のウン十年前の愛車だった750カタナ)。バランスが全然違うのが良くわかるでしょ?

« キャラホビ2015 C3×HOBBYでミクSLSとミクサポを撮影 | トップページ | ミニカー購入記(2015年8月29日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャラホビ2015 C3×HOBBYでミクSLSとミクサポを撮影 | トップページ | ミニカー購入記(2015年8月29日号) »