2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

ミニカー購入記(2015年8月29日号)

・スタディ特注ミニチャンプス 1/43 #7 Studie BMW Z4('15 SUPER GT)
Studie楽天市場店で10,584円(送料込)で購入。
荒 聖冶/ヨルグ・ミュラーコンビ継続で'15シーズンのSUPER GTに挑むことになったスタディ。潜在能力は折り紙付きにも関わらず、第4戦終了時点で、第3戦 タイこそ3位表彰台をGetするものの、第1戦 岡山=リタイヤ、第2戦 富士=6位、第4戦 富士=リタイヤと不運続きでランキング8位とイマイチ奮わない状況。後半巻き返しなるか?
今期のカラーリングは、往年の3.5CSLをトリビュートしたMカラーのラインが追加されてますますワークスさが増してカッコ良くなったので、今年もミニカーが発売されることを期待してサイトをちょいちょいチェックしていたのだけど、特に予告が無かったので「今年は出ないのか?」と思い始めてサイトチェックの間が空いたところでしれっと発売されていたので慌ててポチッとな。
それが27日だったんだけど、モノが届いた29日には楽天市場店分は品切れ起こしてたから危なかったー(^ω^ ;)。
しかし、ティーム特注で、しかもミニチャンプス製でエブロより遥かに早いタイミングでシーズン中にリリースに漕ぎ着けるとは…スタディ恐るべし。

デレマス19話の作画崩壊酷かったねぇ・・・

・・・木村夏樹のカタナの(笑)。

ざっと突っ込むと。
・タンク位置が低すぎ
・フロントフォークがハンドルと繋がっておらずタンクから生えてる。これじゃハンドル切れない
・制止中なのにほぼフルボトム状態のフロントフォーク。てか、もはやスプリング抜けてるよこれ
・アクスルとホウィールのセンターが合ってない
・なぜか集合部(集合してないけど)から素材(色)が変わるマフラー
・しかもマフラーから生えてるサイドスタンド
・リアカウルが寸詰まり過ぎてナンバープレイトがリアタイヤと接触寸前だし、これだとリアサスがちょとでも稼働したらカットしたリアフェンダーに当たっちゃう

そしてカットが変わっても崩壊は止まらない。

・リアサス右のユニットが無い
・ノーマルだったはずなのに右側だけサイレンサーがアップタイプになってる

などなど、カタナファンにとっては噴飯ものの作画崩壊っぷり。
設定資料がどうなってるかは知る由も無いけど、プロならもうちょっと構造ってもんを理解して描こうよ。

ちなみにホンモノはこちら(ブログ主のウン十年前の愛車だった750カタナ)。バランスが全然違うのが良くわかるでしょ?

キャラホビ2015 C3×HOBBYでミクSLSとミクサポを撮影

ワンフェスは8耐のPVとバッティングしたり、S-GT 夏の富士戦は猛暑続きに心が折れてパスしたりと、3月の合同テスト以来まともに鑑賞する機会が無かったミクSLSが、《キャラホビ2015 C3×HOBBY》で展示される上、レーシングミクサポーターズのプチ撮影会も開催されるというので幕張メッセに出撃。

のぼりや個スポのパネルも掲示してありピット風の趣きのグッスマブース。

今シーズン、第1戦・第2戦は5位でポイントを積むも、第3戦 タイではタイヤバーストで13位、第4戦 富士では痛恨のピット作業ミスで18位に沈み2戦連続ノーポイントと、ティーム自身はもとより個スポにもフラストレイションが溜まるレースが続き歯痒い状況のGSR。来週の鈴鹿1000km以降の巻き返しに期待!

キャラホビお約束(?)のマシーン前でのポージングタイムでミクサポちゃんを撮影。

GSRはちょいちょいホビー系のイヴェントにマシーン&RQを派遣してくれるので、他のティームのRQに比べて、レース以外でコス写真を撮るチャンスが多いのがありがたい。

ミクサポ3年目のつっつ(荒井つかさ嬢)。

元エヴァレーシングの綾波でミクサポ2年目の水谷望愛嬢。

こちらもミクサポ2年目のケレネキ(山村ケレール嬢)。なんか色っぽさが増したような…。

今シーズンからミクサポに加入した熊江琉唯嬢。

ポージングタイムに続いて、12時からの撮影会に参加。
撮影会は、ブースに設えられた2種類の背景を使ってローテイションするシステム。
一人ひとりの時間はちゃんとカウントしているので公平っちゃ公平だけど、ミクサポちゃんの出番の間に均等に回数が回って来る保証が無いのがネック。

望愛嬢&琉唯嬢。

ケレネキ&つっつ。

ケレネキ&つっつの「いっちば~ん」のポーズで締め。

世間ではやれパクりだトレースだと騒がしいですが…

『ジュエルペット マジカルチェンジ』 第20話 「押しかけシスター!」でローラが披露した「妹っぽい服」&ポーズが、どう見ても黒猫(『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』)の白ワンピ姿のトレースです。本当にありがとうございました。

ジュエペシリーズでパパママ世代しか分からないパロディを仕込むのはのはもはやデフォだけど、こんな俺妹クラスタにしか通じないネタをどうして仕込んだのか?(笑)

次はタイヤカス消しゴムなんかもいいんじゃないかな?

「すべらんな~ 横浜ゴムの「タイヤパターン消しゴム」が受験生にマジオススメ」(ねとらぼ)

よし、レース好きに向けてスリックタイヤヴァージョンも作ろう!……って、あれ? それじゃ単なる黒い消しゴムか。
それはさておき、オンラインショップ以外は、どこ行きゃ買えるんだ?
サーキットのアドバンブースに置いてあるかな?

Car Watch サーキット撮影ガイドシリーズまとめ

Car Watch のモータスポーツ撮影攻略ガイドシリーズにようやく富士編が来たのを機会にクリップ。
この記事有用なんだけど、年に1回、1サーキットしか採り上げないのがもどかしいんだよねぇ。

「奥川浩彦の『F1流し撮り講座 』」

「奥川浩彦の『WTCC(世界ツーリングカー選手権)フォトコンテスト』攻略ガイド【第1回】」

「奥川浩彦の『WTCC(世界ツーリングカー選手権)フォトコンテスト』攻略ガイド【第2回】」

「奥川浩彦の『WTCC(世界ツーリングカー選手権)フォトコンテスト』攻略ガイド【第3回】」

「奥川浩彦の『WTCCフォトコンテスト』攻略ガイド【激感エリア編】」

「奥川浩彦の『WTCCフォトコンテスト」攻略ガイド【前編】 」

「奥川浩彦の『WTCCフォトコンテスト」攻略ガイド【後編】 」

「【特別企画】奥川浩彦のWTCC&F1 鈴鹿サーキット撮影ガイド(その1)」

「【特別企画】奥川浩彦のWTCC&F1 鈴鹿サーキット撮影ガイド(その2 撮影編)」

「【特別企画】奥川浩彦のWTCC&F1 鈴鹿サーキット撮影ガイド(最終回 西コース編)」

「【特別企画】奥川浩彦の『WTCC(世界ツーリングカー選手権)フォトコンテスト』撮影ガイド(第1回 撮影編)」

「【特別企画】奥川浩彦の『WTCC(世界ツーリングカー選手権)フォトコンテスト』撮影ガイド(第2回 鈴鹿サーキット東コース編)」

「【特別企画】奥川浩彦の『WTCC(世界ツーリングカー選手権)フォトコンテスト』撮影ガイド(第3回 鈴鹿サーキット西コース編)」

「【特別企画】SUPER GT直前&WEC開催 富士スピードウェイ撮影ガイド(前編)」

「【特別企画】SUPER GT直前&WEC開催 富士スピードウェイ撮影ガイド(後編)」

パシフィックレーシングのリカバリはGJだった

PACIFIC RACING×ガールズ&パンツァー の個人スポンサー「D1参戦“激”応援コース!」の特典が先週到着。
ところがグッズの上に送り状とステッカーを置いて、その上から紙をグシャグシャにした緩衝材(正式名称あるのかな?)を覆い被せたものだからステッカーに折れ目が入ってしまっていてショボ〜ン(´・ω・`)。
よっぽどブログのネタにするか、公式ツイッターアカウントにコメントでもしようかと思ったけど、それも面倒なので放置していたら、やはりクレームが相当数入ったらしく、早々にティームからお詫びメールが来て、希望者にはステッカーを再送するとのことだったので申し込んだら、早速届きましたよ。

しかも手書きの詫び状付き。
梱包の仕方は迂闊だったけど、率直に非を認めてこうやって真摯に対応してくれると好感度はかえって上がるという好例でございました。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »