2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« LEDサーベルライトのミニカー撮影用光源としてのポテンシャルをチェック | トップページ | 2015年に買ったミニカーベスト3 »

ミニカー購入記(2015年12月29日号)

・スパークモデル 1/43 #2 トヨタTS040 ハイブリッド('15 ル マン)
・エブロ 1/43 #21 日産GT-R LMニスモ('15 ル マン)
・京商 1/43 #518 日野レンジャー('14 ダカールラリー)
mamboxでTS040:7,160円、GT-R LMニスモ:6,242円、レンジャー:14,688円で購入。

予約していたアイテムが年末にきて一挙に入荷。
TS040は、WEC ‘14シーズンのマニュファクチャラーズタイトルを獲得したトヨタが、その成功体験に縛られたか、正常進化版で’15シーズンに挑んだところ、大規模アップデイトを施したポルシェ、アウディから完全に遅れを取り、選手権通じても919、R18を前に全く歯が立たず、ル マンでは6周遅れの6位という惨敗を喫したマシーン。
J SPORTSのル マンの中継で、解説の長谷見昌弘が「3台出さないなら来年はトヨタは出なくていい」とバッサリ切ってたのが印象的だったなぁ。
例年TS040はTMG特注パッケイジを買っていたけど、今年はこのテイタラクだったので割高な特注版を押さえる気が起きず通常品でお茶を濁した次第。

GT-R LMニスモは、日産の16年ぶりのワークス体制でのル マン復帰と、ベン・ボウルビーデザインによる後退したコックピットにFF駆動採用といったマシーンのユニークさで注目を浴びたものの、肝心のマシーンはトラブル続きで、参戦を予定していたWEC開幕2戦はキャンセルして本番のル マンに挑まざるを得ない状況の中、予選では規定タイムに達することすら出来ずLMP2クラスの後方までグリッド降格。決勝でもまったく良いところを見せること無いまま21号車と23号車はリタイヤ、唯一フィニッシュした22号車も規定周回数不足で完走扱いにならないという無様な結果に終わり、シリーズ後半戦もキャンセルするに至ったマシーン。
今年の長谷見昌弘はやけに辛口で、GT-R LMニスモについては、「FFで成功したレーシングカーは無い」、「LMP2より遅いタイムでデータ取ってもしょうがない」とバッサリだったので、中継見ながら声出して笑ってしまった。
おまけに由良拓也からは、ナウシカの巨神兵になぞらえて「実戦投入するのは早すぎたんだ」とまで言われてたし(^ω^ ;)。
とまぁ、LMP1カーとしては大失敗作だったけど、日産久々のワークスル マンカーは押さえなきゃね、ということて、Cカー時代のカラーリングをオマージュし、かつ松田次生が乗り込んだこともあって21号車(&ルーカス・オルドネス/マーク・シュルツイスキー)を予約。
GT-R LMニスモはミニカー業界の注目も高く、決勝前からプレミアムXがテストカーのリリースをアナウンスしたり、久しぶりにエブロがル マンカーをモデル化して盛り上がったけど、結果があのザマだし、結局LMP1カープロジェクト自体頓挫しちゃったしで、業界的にも失望はデカかったろうなぁ。
22号車はプレミアムXを押さえるつもりでいたけど、結局本戦仕様はいまだアナウンスされてないのは、やっぱ「アカン、こりゃ商売にならん」ってことにでもなったのだろうか?

レンジャーは、2014年のダカールラリーで、トラック部門排気量10リッター未満クラスで5連覇を達成した、菅原照仁がドライヴした2号車が、京商製日野特注品が一般流通に乗ったので確保したもの。
というか、今回'13モデルと'14モデルが同時にアナウンスされたことで、既に所有している'13モデルも京商製であることに始めて気付くという…。
てっきり金型があるノレヴ製だと思い込んでてパッケイジをチェックしなかったんだけど、よくよく見てみたら、ちゃんと“MANUFACTURER : KYOSHO CORPORATION”って書いてあるやん(^ω^ ;)。
でも、だったらなんで'13モデルと'14モデルのパッケイジのサイズ変えるかなぁ?

« LEDサーベルライトのミニカー撮影用光源としてのポテンシャルをチェック | トップページ | 2015年に買ったミニカーベスト3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LEDサーベルライトのミニカー撮影用光源としてのポテンシャルをチェック | トップページ | 2015年に買ったミニカーベスト3 »