2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

ミニカー購入記(2016年3月25日号)

・ビザ−ルモデル 1/43 #0 日産ZEOD RC('14 ルマン)
mamboxの通販で6,426円で購入。
2012年のデルタウイングに続き、2014年のル マン24時間レースのガレージ56枠に日産がエントリーした、ZEOD RC(Zero Emissions On Demand Race Car)がビザールモデルからリリースされたのでお買い上げ。
デルタウイングはスパークから出たのに、ZEOD RCがビザ−ル名義で出た棲み分けは不明(珍車と言う意味ではビザールで納得なんだけど、それならデルタウイングもビザール枠じゃないかと(笑))。
しかも、なんらかのライセンスの問題でもあるのか商品名は「56eme stand」というナゾ表記のうえ、日産/ニスモや車名のロゴも隠しデカール化されているところからも、日産の許諾は得られなかった模様。
デルタウイング譲りの三角翼のシャシーに、リーフのリチウムイオンバッテリー技術を応用した電力モーターと重量40kg、1.5リットル3気筒ターボの軽量・コンパクトなエンジンを組み合わせたパワートレインを搭載したマシーンは、予選でプロジェクトの目標である電力駆動による最高時速300km到達、電力駆動による猿手サーキット1周走行を達成して注目を浴びたものの、決勝はギアボックストラブルにより5周でリタイヤ、「ル マン24分レース」で終わってしまったり、デルタウイングの知財を侵害しているとして、設計者のベン・ボウルビーがデルタウイング・コンソーシウム(ドン・パノス)が訴えられるなど(デカールがオミットされてるのはこの件のせいかも)、色々とミソが付いた不遇なレースカー。
しかし、知財侵害の真相はさておき、なんでこんないわく付きのボウルビーを起用し続けて、挙げ句GT-R LM NISMOみたいな失敗作を生み出すことを日産が許したのかがまったく理解できん。

エヴァRT、FIA-F4でもミクさんと対決!個スポ特典にはフィギュアも登場

「エヴァンゲリオンレーシングFIA-F4 エヴァRT弐号機Rn-s参戦決定!!」(エヴァンゲリオン レーシングのブログ)

う〜ん、これまでのグッズに比べれば個人的所有欲は刺激されるけど、個スポ限定のリペ版とはいえ、実売1,000円〜1,500円のプライズ品ベースで15,000円はちょっとキビシイかなぁ?

ミニカー購入記(2016年3月19日号)

・ホットウィール アストンマーティンDBS(『007 カジノ・ロワイヤル』)
新宿バルト9の売店で980円で購入。
しばらくトミカサイズのミニカーのウォッチを怠っていたら、いつの間にかホットウィールからボンドカーのミニカーがリリースされているのを、たまたま新宿バルト9に映画を観に行った際に見かけたので、『007 カジノ・ロワイヤル』であまり活躍しないまま横転・スクラップになってしまったアストンマーティンDBSを確保。
最近、ネット通販で予約購入するばかりで、リアル店舗に足を運ばなくなってしまったから、こういう出会いが減っちゃったなぁ。自戒自戒。

そういやミニチャンプスは、もうボンドカーのミニカー化は放棄しちゃったのかね? 『リビング・デイライツ』のV8楽しみにしてたんだけどなぁ(^ω^ #)。

きゆづきさとこ展のアートグラフを額装

自分で額を買って収めたものの中途半端な余白が出来てしまった《きゆづきさとこ展》で購入したアートグラフ。
実害は無いといえ、せっかくそれなりのお値段がした絵を飾る見栄え的にはやはり少々みっともない。ということで、額のガラスと裏板の間に挟んで絵をトリミングするための「マット」を制作することに。
額縁を買った江東美術で聞いたら1枚1,100円と、単価自体はネットで注文出来る店よりお高いものの、送料や決済手数料を考えれば目くじら立てるほどの価格差では無いのでオーダー。
用紙の実サイズ415×326mmに対して、額からの余白のバランスを考慮して375×306mmでカットしたものがこちら。

うんうん、いい感じ良い感じ。
ただ、横位置のAはバッチリだったんだけど、縦位置のBはシリアルナンバーが見切れてしまった(^ω^ ;)。
万が一この記事を見てマット制作を試みる方は上記サイズは鵜呑みにしないように。
ただ、シリアルが見切れないサイズにすると、トリミング部分が結構タイトになるのが悩ましいですな。

結果的に額+マットで4千円弱と、ギャラリーの額代と大差なくなっちゃったけど、個人的に白い額は汚れが目立ってイヤなので、自分好みの額装代かつコスト削減のバランスとしては良かったことにしよう(笑)。

きゆづきさとこ展のアートグラフが公称サイズジャストじゃなかった件

《きゆづきさとこ展》で、額装代に6,000円プラスしなくとも、世界堂とかで、自分好みで手頃な値段の額を買えばよかろうとシート版を購入したアートグラフ。たまたま家の近所に額の製造直売をやっている江東美術というお店があるのでチェックしてみたら、アートグラフのサイズである348×424mm(関東四ツ版)の額が2,770円ながらそこそこの品質感だったので購入して額に収めてみたら・・・

なんで隙間が出来るんですかねぇ(^ω^ #)。
まぁ、実害があるわけじゃないからいいんだけど、少々納得いかん。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »