2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 『ガールズ&パンツァー 劇場版』で4DX初体験 | トップページ | ビーナスラインで2016年8耐のPRイヴェント開催 »

ミニカー購入記(2016年6月1日号)

・スパークモデル 1/43 #97 アストンマーティンヴァンテイジ V8('15 ルマン)
mamboxの通販で5,780円で購入。
ここ数年のLMGTE-Proクラスで、フェラーリ、ポルシェと三つ巴の熱い戦いを繰り広げているアストンマーティンが2015年のル マンに登場させたV8ヴァンテイジGTEのアートカー(残念ながらレース序盤にリタイヤ)がスパークからリリースされたのでお買い上げ。
1本1本のラインは色付きなのに、遠目で見ると白黒のゼブラ模様に見えるという不思議なこのグラフィック、手がけたドイツ人アーティスト・トビアス・レーバーガーによると、“目の錯覚を利用して知覚を欺き、クルマが静止している状態でもまるで動いているように見えるという視覚効果”を狙ったデザインだそうな。
確かにその効果は表現されてると思うけど、見てる方は目がチカチカしてキモチ悪くなってくるよ(笑)。
それにしても、よくもこんな複雑なパターンのデカールを貼れるもんだ。マカオ工場のデカール職人のみなさんマジリスペクト!(それとも手張りじゃなくて、エブロの童夢S101が採用していたような特殊加工なのかしらん?)

« 『ガールズ&パンツァー 劇場版』で4DX初体験 | トップページ | ビーナスラインで2016年8耐のPRイヴェント開催 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ガールズ&パンツァー 劇場版』で4DX初体験 | トップページ | ビーナスラインで2016年8耐のPRイヴェント開催 »