2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年ル マン、トヨタラスト3分の悲劇の影で…

いやぁ、まさかのラスト6分での中嶋一貴の「ノーパワー! アイハブノーパワー!」の無線は衝撃でしたな〜。
管理人はどちらかと言えばアンチトヨタだけど、今回はカンペキなレース運びでトップを堅持してただけに、残り3分でグランドスタンド前でストップしたTS050 5号車を919 2号車が抜き去ったシーンはさすがにショックでしたわ。

そんな日本中のレースファンがお通夜状態だった中、Car Watchが22時ジャストのタイマー更新でやっちまった様子がこちらです。

さすがに今回のケースは極端だとしても、10時のゴールと同時アップだと確定していないことも多いだろうし、なんで10時のタイマーに登録しちゃったんだろ? インプレスの中の人も舞い上がっちゃったのかな?

それにしても、TMG公式の↓のツイートや・・・

アンソニー・デイヴィッドソンのゴール前後の↓のツイートはさすがに胸が痛くなりましたなぁ。

ル マンのPVイヴェントにポルシェ919 ハイブリッド降臨

昨年は本家がスペシャルカラーまで用意してル マンに挑むほどの力の入れようだった割りには、特にイヴェントを打たなかったポルシェジャパンも、昨シーズンのル マンとWECを制してようやくその気になったか、今年は決勝日の土日にパブリックヴュウイングイヴェント《Porsche Le Mans Cafe - featuring 919 Hybrid》を開催するというので六本木ヒルズへ。

この土日だけ<ヒルズカフェ/スペース>が<Porsche Le Mans Cafe>に模様替え。
展示されていたのは2016年仕様の919 ハイブリッドのドンガラ(公式曰く“モックアップ”)。
ドンガラとはいえ、ミッドタウンのイヴェントと違い、一応ゼッケン1番のWEC仕様なのが嬉しい。

この後でフロントの柵取り去ってくれたのに、このアングル録り直すの忘れてた…orz

事前に特設サイトで登録して配信される引換券メールを提示すると貰える「ポルシェコレクターズカード」をGet。
それで、どのカードダス筐体で使用すると素敵コーデが貰えるんです?(違)
コレ、たまたま前日ポルシェのサイトをチェックして気付いたけど、危うく貰い損ねるところだった。危ない危ない(^ω^ ;)。

中継イヴェントはJ SPORTSの中継がある夜の時間帯だけだけど、それ以外の時間もユーロスポーツの生中継が流れているので状況を知ることは出来るのはありがたい。

特設サイトには「オリジナルドリンクやフード」と書かれていたけど、実際にはポルシェコラボメニューはカクテルだけ。
でも、なんで緑推しなんだろう?(^ω^ ;)
どうせなら2014年の青山でやった<Porsche Cafe Aoyama>の時みたいに、オーダーしたらグッズプレゼントとかやればいいのに。

せっかくなので昼メシを済ませておくことにして「帆立とドライトマトのパスタ」をオーダー。
「さすがギロッポン。高いだけあるわー」と言いたいところだけど、お味の方は、世間では「繊細」とか「上品」とか評するのかもしれないけど、自分には味が薄いだけで、1,250円の価値・魅力は全く感じられなかった(・ω・)。

食事を終えて撤収。今年も全国行脚しているトヨタの「ル・マンキャラバントレーラー」が来ていないか、念のため去年キャッチしたフジテレビ前までチェックしに行ってみたけど、それ用の準備すらされていなかったようなので撤収。
去年は現時点での位置情報まで公開してたのに、なんで今年は巡回ルートすら伏せちゃったんだろ? 目撃して欲しいんじゃないのか?

去年よりケチ臭くなったぞ、トヨタのル マン24時間レースPV

ル マンウィークに入った火曜の夕方まで発表が無かったので、「こんな扇情的な広告打っておいてPV無しかよ〜」とやきもきさせられたけど、結局今年も開催された《J SPORTS presents ル・マン24時間レース パブリックビューイング in MEGA WEB》見物のためお台場へ。

ところで、LMP2クラスには大量のVK45DEエンジンを供給してるんだから参戦してると言っても差し支えないのに、去年のLMP1での失態がよほどトラウマにでもなったのか今年はPV開催しない日産のことは心底見損なったよ(゜Д゜#)。

去年はTS020を始めとしたル マンカー展示があったのに今年は無しで、あんな自虐広告打ってるアグレッシブさとの温度差が…。

20時過ぎに会場に着いて整理券を貰ったら139番で、先着100名のグッズは今年は貰えず…orz
去年は気前よく全プレだったのになんで今年はケチったー!?(ノ`д´)ノ彡┻━┻

その代わり、飴ちゃんと煎餅だけだった去年と打って変わって、ポテチにうまい棒、ブラックサンダー、ブルボンプチとヴァラエティに富んだケータリング・・・って、そんな予算あったらグッズ全プレに回せよ(゜Д゜#)。

解説は木下隆之、今井優杏姉さん、チャンプFUJITAというメンツ。
正直、去年のピエール&ドリキンコンビには及ばないなぁ。GTの菅生テストとバッティングしたから仕方ないけど。
嗚呼、つくづく去年TS020のミニカー持ってくることを思いつかなかったのが悔やまれる。
トークの内容は、手堅くはあるけど、やはりル マン経験者がいないのでディープさの面ではイマイチ(ニュルの話ばっかしてたし)。

現地の手下(?)とスマホで連絡を取り合ってリアルタイムで情報を得て伝えるとか、便利な世の中になったもんだ。

レースの方は、スタート進行中に降り出した雨のせいでセイフティカースタートになり、結局ジャスト1時間SCランが続き、イヴェント終了間際にようやくスタートが切られたこともあり、10時55分終了予定のところ5分だけ延長して、ちょうどTS050 6号車がトップに躍り出て盛り上がったところで、去年のような抽選会もなくアッサリ終了。

う〜ん、PVやってくれたのはありがたいけど、展示、グッズ頒布数、解説陣等々、全てにおいて去年よりレベルダウンしてるってのはちょっといただけませんなぁ。

AR-15とM16のややこしい関係

「フロリダ殺戮、元凶は『アサルトライフル』だ」(東洋経済オンライン)

“AR-15は、1960年代にベトナム戦争で使用された、米軍のM-16ライフルを改良した自動小銃。”

ん???
M16はコルト生産・米軍納入品型番。AR-15はアーマライトでの型番およびM16系の総称、または民間向けのセミオートのみ版のことを言うんじゃなかったっけ?
「本場」の記者も結構いい加減なこと書くんだなぁ。

ビーナスラインで2016年8耐のPRイヴェント開催

「鈴鹿サーキット、『鈴鹿8耐 in ビーナスライン』を7月16日~17日開催」(Car Watch)

珍しいイヴェントだから行ってみたいけど、日帰りにはちょっとキツイ距離なんだよな〜。
しかし、どうせローソンとコラボするなら、お得意の「対象菓子やどん兵衛購入で8耐マシーンクリアファイルをプレゼント!」とかやればいいのに(笑)。

ミニカー購入記(2016年6月1日号)

・スパークモデル 1/43 #97 アストンマーティンヴァンテイジ V8('15 ルマン)
mamboxの通販で5,780円で購入。
ここ数年のLMGTE-Proクラスで、フェラーリ、ポルシェと三つ巴の熱い戦いを繰り広げているアストンマーティンが2015年のル マンに登場させたV8ヴァンテイジGTEのアートカー(残念ながらレース序盤にリタイヤ)がスパークからリリースされたのでお買い上げ。
1本1本のラインは色付きなのに、遠目で見ると白黒のゼブラ模様に見えるという不思議なこのグラフィック、手がけたドイツ人アーティスト・トビアス・レーバーガーによると、“目の錯覚を利用して知覚を欺き、クルマが静止している状態でもまるで動いているように見えるという視覚効果”を狙ったデザインだそうな。
確かにその効果は表現されてると思うけど、見てる方は目がチカチカしてキモチ悪くなってくるよ(笑)。
それにしても、よくもこんな複雑なパターンのデカールを貼れるもんだ。マカオ工場のデカール職人のみなさんマジリスペクト!(それとも手張りじゃなくて、エブロの童夢S101が採用していたような特殊加工なのかしらん?)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »