2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2016年12月29日号) | トップページ | 2016年に読んだ本ベスト3 »

2016年に買ったミニカーベスト3

年末年始恒例企画、2016年に読んだ本&購入ミニカーベスト3の発表のミニカー編、2016年もこれと言ってワクワクもんのミニカーは無かったので無理矢理選出した感は否めませんが行ってみましょう。

1位:トミカプレミアム ランチアストラトス HF ラリー

ランチアストラトスの写真

1/43はほぼ定番メイカー・ジャンルのアイテム購入だったので特筆すべきミニカーは見当たらず、2016年の1位はトミカから選出。
個人的にプレミアムって、ミニカーのデキはともかく、イマイチラインナップの方向性というかテーマが見えない中途半端な商品企画であまり評価していないのだけれど、ラリーカーコレクターとしては見過ごせないのでこのストラトスを買ってみたら、アリタリアカラーの緑の色合いに少々コレジャナイ感はあるものの、造形的にはトミカらしいディフォルメ度合いとハイディテイルモデルとしての情報量が上手くまとめられていて好印象だったことが記憶に残ったことから1位。

2位:ビザ-ルモデル 1/43 #0 日産ZEOD RC('14 ルマン)

日産ZEOD RCの写真

2位は「電力走行での最高速300km/h到達」とか、「電力走行でサルテサーキットを1周周回」といった技術上のチャレンジに対しては一定の意義は見いだせるものの、結果“ル マン24分レース”だったリザルトといい、知財の問題でドン・パノスに訴えられたりと、ル マン史の中でもなかなか香ばしい物件だったZEOD RC。
こういうクルマこそ国産ミニカーブランドからリリースされてしかるべきだと思うんだけど、結局珍車大好きでお馴染みビザールしか手を出さないというところに、日本メイカーのチャレンジ精神の無さが露呈していてガッカリしちゃうのよねぇ。

3位:Boost Gear特注エブロ 1/43 #2 エヴァRT初号機アップルMP4-12C('13 SUPER GT)

エヴァRT初号機アップルMP4-12Cの写真

3位はエヴァ初号機MP4-12C。
SUPER GTには2010年から参戦(除く2014・2015年)しており、今年はともかく(おい!)、apr、Cars Tokai Dream28などの一流エントラントで、人気も高い参戦車両であるにも関わらず、こと1/43スケールについては、某エブロの陰謀により一切モデル化されなかった不遇のエヴァレーシングのマシーンが、ミニカーメイカーの特注じゃないと製品化されないってのは、やっぱなんか間違ってる気がするのよねぇ。
そんな状況を打破して、賞典外の富士スプリントカップ仕様とはいえリリースに漕ぎつけた関係者の尽力に謝意と敬意を表する意味からも3位にランクイン。

« ミニカー購入記(2016年12月29日号) | トップページ | 2016年に読んだ本ベスト3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミニカー購入記(2016年12月29日号) | トップページ | 2016年に読んだ本ベスト3 »