2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« AUTOSPORT webに「豊崎小隊」が採り上げられていると自分の中で話題に | トップページ | ミニカー購入記(2017年4月16日号) »

ミニカー購入記(2017年4月13日号)

・スパークモデル 1/43 #8 アウディR18 ハイブリッド('16 ル マン)
・ルックスマート 1/43 #82 フェラーリF488 GTE('16 ル マン)
mamboxでR18:6,242円、488 GTE:11,480円で購入。
R18は、'15シーズン、ポルシェにWECのタイトルとル マンの勝利を奪われたアウディが、'16シーズンに向けて、エアロパッケージからパワートレインまで全てを一新してWECに投入したマシーン。
放出エネルギー量を4MJから6MJに拡大、蓄電システムはフライホウィール式からリチウムイオンバッテリーに変更。ボディワークも極端なハイノーズが目立つフロントセクションを中心に見た目の印象がガラリと変わった別モノに変化したものの、その攻めすぎた設計ゆえか、シーズン通して近年のアウディスポーツには考えられないほどトラブルが多発。ル マンでもトヨタ、ポルシェの後塵を拝し、トヨタの「ノーパワー!」のおかげでなんとか8号車(デュバル/ディ・グラッシ/ジャービス組)が3位に食い込むに留まる惨敗を喫したうえ、シーズン終了間際の10月に2016年でWECからは撤退してフォーミュラEへ注力することを発表したため、ひとまずアウディ最後のプロトタイプカーとなってしまったR18の8号車がスパークからリリースされたので入手。レインタイヤが珍しい。
しっかし、R18のル マン用のロードラッグ仕様のブサイクさはR15を軽く凌駕しましたなぁ。

488 GTEは、458イタリアの後継機として開発された488 GTBをベースにした、'16シーズンから施工された、GT3との差別化を図るためにパフォーマンスが底上げされた新レギュレイションに対応したGTEマシーン。
ル マンのGTE-Proクラスでは、本命のAFコルセの2台がリタイヤを喫する中、一時期はトップを走ったものの、最終的にはフォードGTに1分差でクラス優勝を奪われて2位に甘んじてしまった、元F1ドライバーのジャンカルロ・フィジケラを擁するリシ・コンペティツィオーネの82号車がルックスマートからリリースされたので入手。
凝ったグラフィックも、大物スポンサーロゴも無いほとんど吊しの状態で「プライベイターかよっ!」つーくらい素っ気ないマーキングだけど、かえってフェラーリの素のカッコ良さが堪能できていいかも。 ところでルックスマートは1万の値付けがされても適正に思えるのに、イグニッションだと「う〜ん」となっちゃうのはなんでだろ?
ルックスマートって言ったってミニマックス生産なのにね。ブランドのチカラって怖いわ〜(^ω^ ;)。

« AUTOSPORT webに「豊崎小隊」が採り上げられていると自分の中で話題に | トップページ | ミニカー購入記(2017年4月16日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AUTOSPORT webに「豊崎小隊」が採り上げられていると自分の中で話題に | トップページ | ミニカー購入記(2017年4月16日号) »