2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 日本人初のインディ500ウィナー、その名は佐藤琢磨! | トップページ | 亡くなった途端、長年完売していたヘイデン号を再発売するミニチャンプスほんとクソ »

PG 1/72 ミレニアム・ファルコンの「限りなく忠実な」再現度の気になるポイント

<PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン>(バンダイ ホビーサイト)

「1.7メートルサイズの撮影用モデルを限りなく忠実に再現した」のなら、現物にお遊び(?)で貼ってあったチャンピオンのデカールも再現してるんだよね!?(そこかよ)

ところで、この手の撮影モデルの、特にゴチャゴチャした構造物部分って、もともと既存のキットのそれっぽいパーツ(エンジンとかホウィールとか)の切り貼りをしてるわけだけど、それを「忠実に再現」することには特に権利的な問題は発生しないのかな???

#ま、常識的に考えて「特定のキットとして組める」わけではないから無問題なんだろうけど。

【追記】
どうやら、スクラッチに使用したキットの特定もちゃんとしてかなり拘ってるようだけど、残念ながらチャンピオンデカールは付かない模様。>「【SW】拘りご紹介コラム第5回 約48.2㌢のキットに詰め込むもの」(ホビー事業部の開発ブログ)

« 日本人初のインディ500ウィナー、その名は佐藤琢磨! | トップページ | 亡くなった途端、長年完売していたヘイデン号を再発売するミニチャンプスほんとクソ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人初のインディ500ウィナー、その名は佐藤琢磨! | トップページ | 亡くなった途端、長年完売していたヘイデン号を再発売するミニチャンプスほんとクソ »