2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

ミニカー購入記(2017年10月25日号)

・ミニチャンプス 1/12 #93 ホンダRC213V('16 MotoGP)
mamboxの通販で13,770円で購入。
'15シーズン、ホルヘ・ロレンゾにワールドチャンピオンの座を明け渡したマルクスは、'16シーズン開幕当初こそECUのソフトウェアが統一化(ハードウェアは'14シーズンから統一)された'16仕様のRC213Vへのフィッティングに苦労するものの、マシーンセッティングのツボを押さえると共に、チャンピオンシップを見据えたクレバーな戦い方を身につけたことで徐々に調子を上げ、シーズン5勝を含め、全16戦中11線で表彰台に上がる安定した戦績を収め、第15線 日本グランプリにおいてホンダのお膝元で見事2年振りにタイトルを奪還した'16仕様のRC213Vがミニチャンプスからリリースされたものの、予約したのすっかり忘れていて(というか、Macが壊れてメールが吹っ飛んだせいで予約確認メールが失われたのだ)スパーク版も予約しちゃったのよね。スパーク版が届いたら売っぱらっちゃうか(^ω^ #)。

・ミニチャンプス 1/12 #26 ホンダRC213V('15 MotoGP)
mamboxのYahoo! オークション出品分を13,770円で落札。
長年腕上がり(コンパートメント症候群)に悩まされていたダニ・ペドロサは、'15シーズンの開幕戦 カタールGPで症状が再発したことを受け、第2戦 アメリカズGPから第4戦 スペインGPの3戦を欠場してまで手術を受けることを決意。その甲斐あって後半戦では徐々に本来の実力を発揮出来るようになり、第15戦 日本GPでシーズン初優勝、第17戦 マレーシアGPでも優勝したことで、3戦欠場のハンディを乗り越えポイントランキング4位を得てシーズンを終える。

なんかミニチャンプスのMotoGPシリーズについては、予約案内を見落としたのか、ショップ(それとも取次?)が案内を寄こさなかったのか、'16のマルケス号の入荷案内があったので「あれ?」となって検索してみたら、予約し損なった上入荷案内を見落としていた購入予定マシーンが、まぁあるわあるわ。慌てて落ち穂拾い的にヤフオクで落とした次第。

・ミニチャンプス 1/12 #99 ヤマハYZR-M1('16 MotoGTP)
mamboxの通販で13,770円で購入。
'10年・'12年・'15年とヤマハでワールドチャンピオンを獲得したホルヘ・ロレンゾは、2008年のMotoGP昇格以来9年間所属したヤマハを離れドゥカティに移籍することを'16シーズン序盤の第4戦 スペインGPで発表。移籍の動機はロッシを優遇するヤマハに見切りを付けたともドゥカティの提示した契約金とも言われる中、ヤマハ最後のシーズンをワークスライダーとしての仕事はきっちりとこなし、ヤマハでの有終の美を飾る最終戦 バレンシアGPの優勝を含めシーズン4勝を挙げてティームタイトル獲得に貢献。この年各メイカーが競って装着したものの、あまりにも巨大化したため安全面の懸念から禁止されたウイングレットが特徴的。

・ミニチャンプス 1/12 #46 ヤマハYZR-M1('14 MotoGP)
Yahoo! オークションで9,550円で落札。
'13年にドゥカティからヤマハに復帰したヴァレンティーノ・ロッシは、チャンピオン争いには絡めなかったものの1勝を挙げ復活をアピール。続く'14年には、チーフ・エンジニアを変更し、自身もライディングスタイルを新トレンドとなった大きくイン側に体に落とす「肘すり」コーナリングにスウィッチすることで新世代のライヴァルであるマルク・マルケスに対抗しうる速さを得て、優勝回数こそ2勝ながら、コンスタントに表彰台に上る元来のクレバーさを発揮したことでランキング2位を獲得。この年からメインスポンサーに付いたモビスターとモンスターエナジーのロゴが大きく入るハデ目なカラーリングになったことも印象的な'14 YZR-M1を、これも6月には入荷していたようなのに見過ごしていたためヤフオクで落札。

MotoGP RIDERS MEET & GREETでGPマシーンと接近遭遇

週末のMotoGP 第15戦 日本GPを目前に、ヤマハがアピールイヴェントの《MotoGP RIDERS MEET & GREET》を東京駅のKITTEで開催したので会社帰りに寄り道して見物(今日だけとは知らず急遽寄ったのでデジカメを用意出来ずiPhone 6sで撮影)。

昼間にはワークスのマーヴェリック・ビニャーレス、Tech3のヨハン・ザルコとワイルドカード参戦の中須賀がトークショーに出演(ジョナス・フォルガーも参加予定だったけど体調不良で欠席)し、ロッシも顔出しだけはしたというから驚き。

ヤマハの500勝を彩った歴代のGPマシーンが丸の内に一同に会す。手前から、
・'65 #1 DR56(フィル・リード号)
・'75 #1 YZR500(ジャコモ・アゴスティーニ号)
・'78 #1 YZR500(ケニー・ロバーツ号)
・'88 #3 YZR500(エディ・ローソン号)
・'92 #1 YZR500(ウェイン・レイニー号)
・'97 #5 YZR500(ノリック号)
の6台。

'17仕様のYZR-M1はロッシ号に…

ビニャーレス号。

ザルコ号を展示。

実戦仕様じゃないとはいえ、ピットを模したこの無防備な展示はマシーンのお触りOK。凄くない?

「フルバンクフォトコーナー」(残念ながら車両は市販M1)や「VRライディングコーナー」(こちらもモンスター ロッシ発売記念イヴェントの時と違い市販車)、「M1サウンドリスニングコーナー」なんかの体験型アトラクションも充実。

アトラクションに参加するとステッカーがもらえる。
えーと、なんなら現地でももらえるか怪しいからラッキーじゃね?(^ω^ ;)

1日だけの限定企画にしておくにはもったいない充実した内容でございました。

ミニカー購入記(2017年10月9日号)

・グリーンライト 1/18 #26 ダラーラDW12−ホンダ('17 インディ500)
ミニカーショップ スタイル!!で17,010円で購入。
2010年にF1からインディカー・シリーズに活躍の舞台を移して7年目の今年、A.J.フォイト・エンタープライズに移籍した佐藤琢磨が、シリーズ第6戦、101回目を迎える伝統のインディアナポリス500において、キャリア2勝目にして日本人初制覇の栄誉を勝ち取ったDW12がグリーンライトからリリースされたのでお買い上げ。。
フォーミュラレースにはあまり思い入れが無いし、インディカーは1/43が出ないので本来ならウォッチ外なのだけれど、やはり世界3大レースに数えられる格式のあるインディ500の“日本人初制覇”の称号を持つマシーンは欲しいよね、ということで予約。予約は1/64と同時だったけど今回出荷されたのは1/18のみ。てっきり同時リリースかと思ってたんだけどなー
デキは・・・まぁ、分かっちゃいたけど大味。定価ベースで2万弱のオーラは全っ然なくてコスパは悪くてしょうがないんだけど、他に選択肢が無いからなぁ。
この際プレミアムXでいいから、またもてぎが1/43を出さないかなぁ?|ω・`)チラッ

DREAM DRIVE DREAM LIVE 2017参加車両

ミュージシャンのライヴとレースカーのエグゾーストノートが競演するという変わり種イヴェント《DREAM DRIVE DREAM LIVE 2017》にST165やST185、TS010が参加するというので見物のためお台場へお出かけ。
10時半過ぎMEGA WEBに到着し、観覧パスをGetしてから、13時からのパドックウォークまでの時間をダイバーシティ東京前に展示されている実物大ユニコーンガンダム立像見物で潰してからMEGA WEBに戻る。

1階のフロアには'17 TS050が展示されてたけど、ゼッケンのイヴェントバナーはル マンなのにガワはロードラッグというナゾ仕様。

#3 トヨタセリカGT-FOUR/ST165('90 サファリウィナー)

#6 トヨタセリカGT-FOUR/ST185('93 オーストラリアウィナー)

#3 スバルインプレッサ555 WRC98('98 サンレモ)

#120 スバルWRX STI('13 ニュル24時間 SP3Tクラス2位)

#7 トヨタTS010('92 ル マン24時間2位)・・・と、紹介されているけどフロントカウルはSWC仕様

パドックウォーク中に、各車エンジン始動デモを実施。TS010に至ってはカウルを外しての大サービス(?)っぷり
なかなかエンジンに火が入らずにドキドキしたけど(^ω^ ;)。

デモ終了後、カウルを着け直す際、メカさんにお願いしてスパッツだけ撮らせてもらった。
これはなかなか貴重なカットじゃないかと。

#39 DENSO KOBELCO SC430('13 SUPER GT)

#170 LEXUS RC('17 ニュル24時間 SP3Tクラス2位)

ドライヴァー陣も熱心にファンサービスに応じてた。

関谷正徳&TS010。
1/18のマクラーレンF1 GTRのミニカー持って来てサインもらおうかとも思ったけど、やはり動き回るのにジャマなのでやめた。

石浦宏明&SC430。

と、ここで7Dがバッテリー切れを起こしてしまい、うかつにも予備を持ってくるのも忘れてしまったので撮影が出来なくなってしまう事案発生(・ω・)。以降iPhoneで凌ぐ。

インプレッサ(?)のヘッドレストにサインさせられる元“イカ王子”の山内英揮。
イカちゃんF430 GTCのミニカー持って来ようかと思ったけど、どうせなら“イカティ”井口卓人とセットでサインもらいたいのでやめといた。

新井ちゃんナメインプレッサWRC。

日本人唯一のWRCウィナー藤本吉郎は、わざわざクルマの横に移動してポーズ取ってくれた。

バッテリー切れになって撮影出来なくなってしまったことですっかり心が折れて、ライヴ本番まで残るモチベイションが保てず、ライヴはパスして撤収してしまう(^ω^ ;)。

ちなみに青海ON地区方面からエグゾーストノートが聞こえてきたので「あれ? 今日D1お台場だっけ?」と思って覗きにいったらFIA インターコンチネンタル・ドリフティング・カップの方だった。

無料エリアだけ軽く覗いたけどガラガラでD1の方が賑わってたゾ♪
やっぱキャンギャルを用意しないとダメだよ〜、FIAさん(そこじゃない)。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver. TWCを撮る

キヤノン EOS 7D+シグマ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMで撮影

今年の3月5日に撤去された1/1 RX-78-2に替わって9月24日から公開の始まった実物大ユニコーンガンダム立像を、MEGAWEBで開催された《DREAM DRIVE DREAM LIVE 2017》見物ついでに撮影してきたのでご紹介。
ブログ主的には『機動戦士ガンダムUC』(ユニコーン RE:0096)自体にはあまり思い入れは無いのだけれど(福井晴敏苦手なのよん)、変形機構を組み込んだ実物大モビルスーツ像というのにはグッときちゃうので、お台場に用事が出来たのを機に見に行った次第。

特に下調べ無く来たら、ちょうど11時からの「変身」(公式でも「変形」ではなく「変身」と称しているのに準じる)タイムですごい人だかり。
おかげで心の準備が出来ておらず、せっかくの変身を動画で撮影することが出来ず…○| ̄|_

結局変身シークェンス中押さえられたのは、このフェイスリフト真っ最中のマヌケな姿のみ(笑)。
アトラクションは2時間ごとなので、次の変身は13時。ちょうど《DREAM DRIVE DREAM LIVE 2017》のパドックウォークの時間とカブってるので動画撮影はまた次の機会ですな。

平成以降のガンダムは、もともとRX-78より面や線が多いので情報量の密度が高いとはいえ、この巨体の存在感を成立させるための説得力がちゃんとあるし、いっさいチャチさを感じさせない造形の精度の高さはさすが。
今日の午前中はドピーカンだったので、白いユニコーンの機体が映える画になってよかった♪

背中側は真逆光だったので角度を選ぶけど、上手くユニコーンで太陽を隠せばシルエットを際立たせることも出来ますな。

ダイバーシティ東京のロゴを一緒入れたお約束カットも押さえないとね。

変形機構を成立させつつチリの合いにマヌケさを感じさせないのは素直にスゴイと思う。

以下パーツのディテイルを適当に。

昼間はデストロイモードの赤い光がほとんど目立たないので、どうせ変形を見物するなら夜行きたいなぁ。

【2017年10月8日変身演出動画追加】

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »