2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

ミニカー購入記(2017年11月15日号)

・Boost Gear特注エブロ 1/43 #111 エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT('17 SUPER GT)
Boost Gearの通販で10,800円で購入。
'13シーズンをもっていったんSUPER GTでの活動を休止したエヴァレーシングは、'16シーズンにRn-sports(ルーニースポーツ)とジョイントしてSUPER GTのGT300クラスに復帰。マシーンはメルセデスAMG GT3を投入、ドライヴァーは植田正幸/鶴田和弥コンビで戦い、'17シーズンはドライヴァーを石川京侍/山下亮生コンビに一新して挑むも成績は振るわずポイント圏外をウロウロするばかりでオフィシャルのドライヴァースランキングに名前すら載らないという有様だった初号機 AMG GTの'17モデルが、MP4-12Cに続きBoost Gear特注でリリースされたのでお買い上げ。
う〜ん…この、特にどこがとはハッキリ指摘出来ないんだけど、そこはかとなく漂うコレジャナイ感はなんだろう? 
AMG GT3の丸みを帯びたマッチョさがこのサイズに落とし込めてないなぁ。
それにしても少額ながら個スポしてるからハッキリ言うけど、これまでapr、ホンダカーズ東海と、戦闘力があるエントラントで優勝争いも夢じゃ無いティームと見込んだからこそ応援しがいがあったのに、GSRやゲイナー、LEONと同じAMG GT3を使ってこのテイタラクじゃ金のムダに思えてきちゃうぞ。
いや、もちろん個スポやるのは金だけじゃない浪漫の部分もあるけど、それにしても明らかに力不足・魅力の無いのエントラント(ガレージ)にドライヴァーのままじゃ、いつまでも「エヴァだから」で支援はできませんぜ?

ところで、こうしてAMG GT3金型はあるのに、どうしてミクAMGはいつまで経っても発売の目処が立たないのだ? つーかZ4もはよ!

ギズモードのライターは余白の美が理解出来ないのかな?

「ジョナサン・アイヴがデザインした雑誌のカバーがものすごくミニマリズム…」(ギズモード・ジャパン)

“なんでしょうねこれは、アイヴ氏だからこそ許されるデザインですよね。”

・・・うん、そうだね(笑)。

パッとは他の事例を出せないけど、こういうシンプルな装丁は探せばいくらでもあると思うぞ。

こーゆー茶化した感じがギズモードの芸風とはいえ、この記事はあまりにもライターの偏見が酷くない?

ミニカー購入記(2017年11月9日号)

・グリーンライト 1/64 #26 ダラーラDW12−ホンダ('17 インディ500)
ミニカーショップ スタイル!!で1,512円(送料756円)で購入。
'17 インディ500ウィナーの琢磨号の1/64が、1/18からちょうど1ヶ月遅れで到着。
むー、1/64一つで送料かかるとなんか損した気がするわ〜。

ミニカー購入記(2017年11月8日号)

・TSM-models 1/43 ホンダプロジェクト2&4 powerd by RC213V
mamboxで11,016円で購入。
ホンダが2015年のフランクフルトモーターショーと東京モーターショーで公開した、60年代のF1マシーンをモティーフにしたエクステリアにRC213V-Sの999cc V4エンジンを搭載したコンセプトモデルのホンダプロジェクト2&4がホンダ大好きTSM-modelsからリリースされたのでお買い上げ。
折しも今年の東京モーターショーが終わったタイミングの入荷でタイムリィといえばタイムリィだけど、そーいや今年ホンダはこういう馬鹿っぽい(褒め言葉)コンセプトカーが無くてつまらなかったなぁ。
そして国産ミニカーブランドさんよ〜、こーゆーのこそ出さないでどーすんのよ???

・ミニチャンプス 1/12 #99 ヤマハYZR-M1('15 MotoGP)
Minichamps Worldで15,680円で購入。
'13年に鮮烈なデヴュウを飾ったマルク・マルケスが勢いをキープして2連覇したことや、'13年にヤマハに復帰してみるみる復調するロッシの鉄人ぶりばかりに目が行きがちだったものの、'10年・'12年チャンプのホルヘ・ロレンゾも紛れもないトップライダーであることを見せつけたのが'15シーズンのMooGP。
マルケスが不調に陥ったことで、肘を路面に擦るほど極端にイン側に身体を落とす現代風ライディングスタイルを身につけトップグループに返り咲いたロッシとの一騎打ちとなったシーズンの中7勝を挙げ、ポイントリーダーのロッシがマルケスとコースの内外でいざこざを起こし、その矛先をロレンゾにまで向けている間もクレバーにチャンピオンシップを戦い抜き、最終戦のバレンシアGPで、前線のマレーシアGPで起こしたマルケスとの「接触」のペナルティで最後尾スタートとなったロッシが猛烈な追い上げで4位フィニッシュする中、堅実に優勝したことで7ポイント差をひっくり返してMooGPクラスで3度目のチャンピオンを獲得したロレンゾ号をMinichamps Worldで購入。
こちらも、予約をし損なったうえ入荷を見落としていたことからの落ち穂拾い。
ところでロレンゾがチャンピオン獲った'12のYZR-M1はどうした?>ミニチャンプス

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »