2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2017年11月15日号) | トップページ | ミクAMG スパ仕様はミニチャンプスから! »

ミニカー購入記(2017年12月5日号)

・イグニッションモデル 1/43 #1 トヨタ94C-V('94 ル マン)
mamboxで15,152円で購入。
Cカー規定からLMP/LMGT規定に移行した94年のル マン、トヨタはワークス参戦はせずにサードとトラストに93C-VをLMP1規定に合わせた94C-Vを託す形で参戦。セナが亡くなったサンマリノGPの予選で事故死したローランド・ラッツェンバーガーに替わりエディ・アーバインが起用されたり、ラスト1時間15分までレースを支配していたにも関わらずシフトリンケージのトラブルによりピットインを余儀なくされ、応急処置を施してピットアウトした後のアーバインの猛追も及ばず2位に甘んじるなど、ドラマ満載だった94C-Vがイグニッションモデルからリリースされたのでお買い上げ。
94C-Vは、金型持ってるイクソのダイキャスト版を待とうと、スパーク版が出た時はスルーしたんだけど、イクソから一向に出る気配が無いので諦めてイグニッション版を入手した次第。

・スパークモデル 1/43 #38 オレカ07-ギブソン('17 ル マン)
mamboxで6,426円で購入。
2017年のWECのLMP2クラスは、コスト削減、パフォーマンス均衡を図るため、エンジンはギブソンのワンメイク、シャシーはオンローク、オレカ、ダラーラ、マルチマティックの指定4社からエントラントが選択する新レギュレイションを施行したところ、シリーズフル参戦組は全ティームがオレカ07を選択。ル マンのみダラーラ、オンローク(リジェJS P2名義)が参戦するという結果に。
そんな中、ホー-ピン・タン/トーマス・ローランに加えて元アウディのオリヴァー・ジャービスを招聘したジャッキー・チェンが共同オーナーを務めるジャッキー・チェン・DCレーシングの38号車は、ポルシェ、トヨタの2大ワークスが次々とトラブルで脱落する中、一時的に総合のラップリーダーに躍り出ることに。結局、919 2号車の追い上げによりトップの座は明け渡すことになったものの、最終的に総合2位・LMP2クラス優勝を獲得する快挙を達成した、中国らしい唐草模様が目を引くオレカ08がスパークからリリースされたのでお買い上げ。

« ミニカー購入記(2017年11月15日号) | トップページ | ミクAMG スパ仕様はミニチャンプスから! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミニカー購入記(2017年11月15日号) | トップページ | ミクAMG スパ仕様はミニチャンプスから! »