2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

ミニカー購入記(2017年12月28日号)

・スパークモデル 1/43 #300 プジョー3008DKR('17 ダカールラリー)
mamboxで6,426円で購入。
'17年のダカールラリー(パラグアイ−ボリビア−アルゼンチン)で前年覇者のプジョーはベイスマシーンを2008から3008にスウィッチ。強力なライヴァル不在のためプジョーのティームメイト同士でトップ争いが繰り広げる中、ペテランセルが2年連続、通算13回目のダカール制覇を達成。2位にはセバスチャン・ロゥブ、3位にシリル・ドゥスプリが入ってプジョーの1-2-3フィニッシュという完全制覇を成し遂げる。

・イクソ 1/43 #20 ヒュンダイi20 WRC('16 イタリアラリー)
mamboxで6,080円で購入。
'16シーズンのWRCにヒュンダイは、5ドアのi20を投入(元々は'15シーズン後半に投入予定だったが開発が遅れてリスケ)。モデルは第6戦 イタリアラリーでキャリア2勝目にしてヒュンダイ通算2勝目を挙げたのがティエリー・ヌービルの20号車。

・イクソ 1/43 #7シトロエンC3 WRC('17 ラリー・メキシコ)
mamboxで6,080円で購入。
WRCでのワークス活動を休止してWTCCに注力していたシトロエンは、'17シーズンにC3 WRCを引っさげてWRCにマニュファクチャラーとして本格復帰。第3戦 ラリー・メキシコでシーズン初優勝・・・という記録的なことよりも、最終のSS19でコースアウトを喫してそのまま駐車場を迷走してしまったことの方が印象に残っているのがクリス・ミークの7号車。

・イクソ 1/43 #5 ヒュンダイi20クーペ WRC('17 ツール・ド・コルス)
mamboxで6,080円で購入。
'17シーズンの新規定に向けてヒュンダイは3ドアボディのi20クーペを投入。新型i20はドライバビリティが向上して第4戦 ツール・ド・コルスで早々にシーズン初優勝を挙げたのがティエリー・ヌービルの5号車・・・なんだけど、ゼッケンはデカール添付で4号車と5号車のコンパチ仕様。
ヤリスWRCもそうだけど、なんでこの方式にしちゃったかなぁ?(´・ω・`)。

’17シーズンのWRCは車両規定が大幅改訂され、馬力アップ(300馬力→380馬力)、空力の開発余地も広がり空力ディヴァイスがOKになったことから外観が一新されてハデになったのでワークスティームを一通り予約したけど、まさか一気に入荷するとは(´・ω・`)。

・スパークモデル 1/43 #2 ポルシェ919 ハイブリッド('17 ル マン)
mamboxで6,426円で購入。
アウディが撤退したことでトヨタとポルシェの一騎打ちとなった'17年のル マン。スピードではトヨタが勝り、コースレコードを叩き出してポールポジションを獲得し、レース序盤も1-2体勢でポルシェに先行するもナイトセッションで次々とトラブルに見舞われて2台が脱落。代わりにトップを奪ったポルシェ1号車が3連覇を達成するかと思いきや、残り4時間を切ったところでその1号車にメカニカルトラブルが発生してリタイヤ。一時はジャッキー・チェン・DCレーシングの38号車がラップリーダーに躍り出て「まさかのLMP2クラスが総合優勝?」と観客をざわつかせたものの、序盤にメカニカルトラブルで1時間のピットインを強いられたポルシェ2号車が意地の追い上げを見せて残り1時間になってトップを奪取。なんとかポルシェ3連覇、通算19勝を成し遂げた919 ハイブリッドがスパークからリリースされたのでお買い上げ。

ミニカー購入記(2017年12月24日号)

・イクソ 1/43 #2 ポルシェ919 ハイブリッド('16 ル マン)
駿河屋で4,633円で購入。

'16の919はスパーク版を購入済みだけど、イクソ久々のル マンウィナーのリリース&ダイキャスト至上主義者ということもありリプレイのため購入。
いつも購入しているmamboxから案内が無かったので、ネットで予約を受け付けているショップを探したら割引率も良かったので駿河屋で予約。
ところで、久しぶりにイクソのミニカー買ったら、紙スリーブの窓が真上からと真横からしかモデルが見れないアホな仕様に改悪されてるんですけど…。

'17 Studie BMW M6@BMW GROUP TERRACE DEAN & DELUCA cafe

BMW Group StudioがBMW GROUP TERRACE DEAN & DELUCA cafeとして再スタートしたのに伴い、'17年仕様のStudie BMW M6が12月15日から1月12日まで展示されるというので、会社帰りに寄って撮影。

#7 Studie BMW M6“BMW Team Studie”

M6 GT3にマシーンをスイッチして2年目の'17シーズン、かつての3.0 CSLアートカーにインスパイヤされたカラーリングを纏い、ティーム結成以来不動のヨルグ・ミューラー/荒 聖治コンビで挑んだものの歯車が噛み合わないレースが続き、第3戦 オートポリスで4位に入った以外は中位グループに沈むことが多く、シーズン1勝を挙げ、ギリギリチャンピオン争いにも絡んだARTAに水をあけられ、BMWジャパンの包括サポートを受けるM6ユーザーティームとしてはいささか不甲斐ない結果に終わってしまったStudie BMW M6。
元GSRの母体だし、ファンクラブを設立したりと、ユーザーフレンドリィなティームなので応援してるんだけどねぇ。来季は頑張ってほしいところ。

こんなインストラクションカードが(目立つ位置に)貼られてるの初めて見た(笑)。

ミニカー購入記(2017年12月13日号)

・隔週刊 F1マシンコレクション 1/43 #27 マクラーレン・ホンダMP4/5B('90 F1)
書泉ブックタワーで2,490円で購入。
1990年、アイルトン・セナとアラン・プロストはホンダとフェラーリに別れてドライヴァーズタイトル争いを展開。第15戦の日本GPにおいて、今でも語り草となっている、スタート直後の鈴鹿の1コーナーで接触・コースアウトを喫してそのままリタイヤ。結果セナが2度目の戴冠、かつマクラーレン・ホンダとしては3度目のコンストラクターズタイトル獲得となるものの、F1史に残る後味の悪いチャンピオン確定となったMP4/5Bが隔週刊 F1マシンコレクションのラインナップに加わったのでお買い上げ。
管理人はオールドタイプだから、F1マシーンは、この時代くらいのシンプルでシャープなシェイプのデザインか一番カッコイイと感じるんだよなぁ。

ミクAMG スパ仕様はミニチャンプスから!

<1/43 MERCEDES AMG GT3 – QUALIFYING 24H SPA 2017>(ミニチャンプス)
<1/43 MERCEDES-AMG GT3 – GOOD SMILE RACING & TEAM UKYO – 24H SPA 2017>

マジカルミライなんかで試作品展示してあった際メイカーは書いてなかったものの、例によってSUPER GT仕様同様エブロ製だとばかり思い込んでたけどミニチャンプスから出るのか!
ガルフ NAC ポルシェといい、えらいピンポイントで極東のプライヴェイトティームのクルマをモデル化するな〜。
とはいえ個人的にニュル、スパはあまり燃えないのでスルーだけどネ。

それより、'13シーズン以降のZ4やらSLSやらマダー?(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン

ミニカー購入記(2017年12月5日号)

・イグニッションモデル 1/43 #1 トヨタ94C-V('94 ル マン)
mamboxで15,152円で購入。
Cカー規定からLMP/LMGT規定に移行した94年のル マン、トヨタはワークス参戦はせずにサードとトラストに93C-VをLMP1規定に合わせた94C-Vを託す形で参戦。セナが亡くなったサンマリノGPの予選で事故死したローランド・ラッツェンバーガーに替わりエディ・アーバインが起用されたり、ラスト1時間15分までレースを支配していたにも関わらずシフトリンケージのトラブルによりピットインを余儀なくされ、応急処置を施してピットアウトした後のアーバインの猛追も及ばず2位に甘んじるなど、ドラマ満載だった94C-Vがイグニッションモデルからリリースされたのでお買い上げ。
94C-Vは、金型持ってるイクソのダイキャスト版を待とうと、スパーク版が出た時はスルーしたんだけど、イクソから一向に出る気配が無いので諦めてイグニッション版を入手した次第。

・スパークモデル 1/43 #38 オレカ07-ギブソン('17 ル マン)
mamboxで6,426円で購入。
2017年のWECのLMP2クラスは、コスト削減、パフォーマンス均衡を図るため、エンジンはギブソンのワンメイク、シャシーはオンローク、オレカ、ダラーラ、マルチマティックの指定4社からエントラントが選択する新レギュレイションを施行したところ、シリーズフル参戦組は全ティームがオレカ07を選択。ル マンのみダラーラ、オンローク(リジェJS P2名義)が参戦するという結果に。
そんな中、ホー-ピン・タン/トーマス・ローランに加えて元アウディのオリヴァー・ジャービスを招聘したジャッキー・チェンが共同オーナーを務めるジャッキー・チェン・DCレーシングの38号車は、ポルシェ、トヨタの2大ワークスが次々とトラブルで脱落する中、一時的に総合のラップリーダーに躍り出ることに。結局、919 2号車の追い上げによりトップの座は明け渡すことになったものの、最終的に総合2位・LMP2クラス優勝を獲得する快挙を達成した、中国らしい唐草模様が目を引くオレカ08がスパークからリリースされたのでお買い上げ。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »