2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

ミニカー購入記(2018年2月21日号)

・スパークモデル 1/43 #91 ポルシェ911 RSR('17 ル マン)
mamboxで6,426円で購入。
ポルシェはWEC/ル マンのLM-GTE'17年規定対応マシーンとして、911の技術上のアイコンであるRR方式を捨てミッドシップ化を断行。外観は911の水平対向6気筒4リッターNAエンジンをリヤアクスル前方に搭載し、リアの大型ディフューザーなどエアロ面も大幅に刷新した911 GT3 RSRを、ワークスティームから2台をシリーズに投入。
ル マンでは、新車にも関わらず、序盤はライヴァルであるフォード、アストンマーティン、コーヴェットと遜色無い走りを披露、日曜日の朝には91号車(パトリック・ピレ/リヒャルト・リーツ/フレデリック・マコヴィッキ組)が一時トップを奪う活躍を見せるも、終盤ライヴァル勢に先行を許したうえ、パンクに見舞われ表彰台を逃し4位という惜しい結果に。
もともとポルシェのLMGTカーは、他社と比べるとレーシングカーとしては見かけのケレン味が足りなくてコレクト心をくすぐられなかったのだけれど、今回は技術上のパラダイムシフトがあったこともありお買い上げ。

ミニカー購入記(2018年2月9日号)

・ホットウィール アストンマーティンDB10(『007 スペクター』)
Yahoo! オークションで300円(送料250円)で購入。
007シリーズ第24作にしてダニエル・クレイグ ボンドとしては4作目の『007 スペクター』に登場した、アストンマーティンがこの映画のためだけにV8ヴァンテイジをベイスに製作したボンドカー、DB10のホットウィールをヤフオクで落札。
ミニチャンプスが1/43のボンドカーシリーズを途中で投げ出しちゃったので、本格的スケールモデルが入手出来なくなったのでトミカサイズ──この場合は「マッチボックスサイズ」の方が適切かな?──を押さえるしかないんだけど(コーギーじは1/36なのでウォッチ範囲外)、さりとてホットウィール自体には興味ないのでリリースされたことすら知らずにいたら、たまたまヤフオクで見かけたのでビッドした次第。

ポロ ラルフローレンの発熱ジャケットがステキすぎる〜

「冬季五輪の米国チームは、ラルフローレンの「発熱するジャケット」で記録に挑む──その開発の裏側」(WIRED)

今朝のNHKのニュースでレポートしてたの見たら、電熱ウェア自体は、バイクウェア界隈では珍しくなくなってるけど、さすがポロ ラルフローランだけあってデザインがカワイイし、“(導電性)インクはアメリカ国旗の形になっている”が、実に巧妙に柄になっててシャレオツでめっちゃ欲しくなった(でも、お高いんでしょう?(^_^;))。
翻って日本のユニフォームって、どうしていつもああダサいんだろう???

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »