2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

« 1/43 '16 ミクAMGは2018年9月発売で確定…か? | トップページ | トミカプレミアムRSはダンディの再来か? »

ミニカー購入記(2018年6月9日号)

・スパークモデル 1/43 #7 トヨタTS050 ハイブリッド('17 ル マン)
mamboxで6,426円で購入。
トヨタは2016年の「ノーパワー!」の雪辱を晴らすべく、大きな要素技術の変更は無いものの、信頼性の向上とレギュレイション変更で削がれたダウンフォースを取り戻すことを目指して徹底的なブラッシュアップを計ったTS050を2017年のWEC/ル マンに投入。しかもル マンには3台出しの必勝体勢で挑むことに。
そして予選では、7号車の小林可夢偉が上手くクリアラップのチャンスを活かして3分14秒791のコースレコードでポールポジションを獲得。悲願のル マン制覇に一歩近づいたかに見えたものの、決勝はとんだサバイバルレースと化し、8号車はメカニカルトラブルで長時間のピットインを強いられ、期待の7号車は夜明けを迎えること無くクラッチトラブル(前代未聞の“偽マーシャル”の軽率なリアクションが原因)でリタイヤ、バックアップの9号車も他車との接触きっかけのタイヤバーストで車体を破損しリタイヤ。修理を終えた9号車が必死の追い上げを見せるも9位止まりの大惨敗に終わる。
そんな期待外れに終わった'17型TS050は、完走した実績よりも驚異的なタイムでポールポジションを獲った7号車を購入。

« 1/43 '16 ミクAMGは2018年9月発売で確定…か? | トップページ | トミカプレミアムRSはダンディの再来か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/43 '16 ミクAMGは2018年9月発売で確定…か? | トップページ | トミカプレミアムRSはダンディの再来か? »