2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« Nissan GT-R50 by Italdesignから受ける既視感の正体 | トップページ | ミニカー購入記(2018年7月21日号) »

ついに、フルサイズ機(6年落ちだけど)に手を出してしまう

今のデジイチメイン機であるEOS 7D購入してから4年。性能面でことさら不満は無いものの、やっぱりフルサイズ機の写り(主にボケ)への憧れはあって、予算と折り合えさえつけばいつかは…と思いつつも、
「この先、どれだけポトレ撮影に熱中するのか?」
「便利ズームは捨てられないから、フルサイズへの完全移行は考えられないしなー」
「フルサイズエントリィラインの6Dは、手はでるけど測距エリアが絶望的に狭いしなー」
「先代の5D Mark IIIで掘り出し物でもあればなー」
などとウダウダ考えていたら、アマゾンのマーケットプレイスで、「シャッター数138回。使用感の感じられないキレイな外観。元箱・付属品完備」という触れ込みの「ほぼ新品」コンディションで167,988円という、6年落ちとは思えないMark IIIの掘り出し物を発見してしまい、夏のボーナスもまだ残っていたこともあって、ついカッとなってポチッとなしてしまったものが到着♪
(後にキヤノン公式の再調整品で198,700円だったから、やっぱ掘り出し物だった模様)

ポートレイト撮影には欠かせないバッテリィグリップ(BG-E11)も、念のためマーケットプレイスで探してみたら、ボディを購入したのとは別の店で、元箱・付属品付きの「ほぼ新品」が15,500円(定価は29,000円)で出品されているのを見つけたので、こちらもポチッとな。

基本、精密機器は中古には手を出さない人なんだけど、カメラは市場が成熟してるので、そんなにいい加減なものは売らないだろうし、コンディションのジャッジも妥当性が高いだろう、という希望的観測と、ショップの触れ込み通りならこれ以上の出物はそうそう無いだろうという判断が後押しして、ついにフルサイズ機オーナーに。
と言っても、あくまでもメイン機は7Dで、5D Mk3はポートレイト専用機という使い分けのつもりなので、当面は2台体勢ってことになりますな。
それだけにバッテリィが7Dと共用出来るのはありがたい♪
さて、期待の写りの方は、来週撮影会に参加予定なので、そちらで実力のほどを見せてもらうとしましょうかね。
ただ、スタジオ撮影なので、ボケに関してはほとんど恩恵が得られないだろうけど(^ω^ ;)。

« Nissan GT-R50 by Italdesignから受ける既視感の正体 | トップページ | ミニカー購入記(2018年7月21日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Nissan GT-R50 by Italdesignから受ける既視感の正体 | トップページ | ミニカー購入記(2018年7月21日号) »