2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

ミニカー購入記(2018年7月28日号)

・GOODSMILE RACING & TeamUKYO個人スポンサー特典 1/32 #4 グッドスマイル 初音ミク AMG 個スポ仕様('17 SUPER GT)
GOODSMILE RACING & TeamUKYOの個人のスポンサー figma30,000円コースの特典として入手。
GOODSMILE RACING & TeamUKYOは、大橋逸夫が離脱した以外の体勢は堅守して'17年のSUPER GTに挑み、第1戦 岡山で優勝という幸先良くスタート、その後もポイントを着実に積んでランキングトップで最終戦 もてぎに挑み、タイヤがマッチングせず苦戦を強いられつつも3位表彰台を獲得。ランキングトップを死守して3年ぶり3度目のGT300クラスを制する。
そんなGSRの'17シーズンの個人スポンサー特典には、グッスマ製の1/32ミニカーが含まれるようになったので、ミニカーコレクターとしては問答無用でミニカーを含むコースでアレをアレ。
実際問題、個スポ仕様が一般販売分となにが違うのか一切説明が無く、天井の個スポ数(個スポ仕様=3638/一般販売仕様=8408)くらいしか違いが見当たらないのでスペシャリティは感じないけど、まぁチャンピオンイヤーのミニカーだしいい記念にはなったかな)。

・スパークモデル 1/43 #36 トヨタ87C('87 ル マン)
駿河屋で6,800円で購入。
車両開発=童夢×オペレイション=トムスの参戦体制は変わらないものの、エントラント・車両名称にトヨタを冠した“ワークス”としての参戦となった87年のル マンに、トヨタ・チーム・トムスは、前年の86Cの改良型である87Cの2台体制(童夢は、トヨタに開発に専念するよう命じられたためエントラントとしては不参加)で挑んだものの、オクタン価の低い粗悪なガソリンに悩まされ、36号車はガス欠で、37号車はガソリン起因のエンジントラブルで早々にリタイアという大惨敗に終わる。
そんな87Cがスパークからリリースされたので、ミノルタカラーの36号車を購入。
どうやら受注開始を見落としていたらしく、予約し損なったうえ、初ロットでメーカー完売となったため、唯一10%引きで在庫があった駿河屋で確保。

ところで、今年ようやくトヨタがル マンを勝ったニュースの中で、「20回目の挑戦」って記述が、個人的に座りが悪くてしょうがないんだけど…(自分の観測範囲だと、モータースポーツジャーナリストでは、唯一貝島由美子が異を唱えているくらい)。
この87Cでの参戦だって、“ワークス”と言いつつトヨタ本体がしたことと言えば、トヨタの名前を使うことを許したこと、サラリーマン根性丸出しで余計な口を挟んだらしいことくらいで、事実上トムス/童夢の実績じゃんね。
それでいて、『トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日』によると、今年のル マンに来ていたトヨタのOBが、「最初は参加するだけで良しとするムードでした」なんて語ってたらしいけど、最前線で勝つことを目指してた館や林みのるに対して失礼過ぎるってもの。
あまつさえTGR公式でトムス/童夢85C~86Cをトヨタ85C~86Cと表記するなんて歴史捏造して、トムス/童夢の努力を我が事のようにしてる傲岸不遜さを滲ませるから、素直にル マン制覇を祝えなくなるんだよねぇ。

ル マンに勝つとミニ四駆化してもらえるのか

<トヨタ ガズーレーシング TS050 HYBRID>(タミヤ)

へ〜、実車ってだけでも珍しいのに、現行プロトタイプレーシングカーがミニ四駆化されるとか、ル マンに勝つということの影響力はたいしたもんだな〜。
もちろん、記念に買わせて頂きまっせ♪

ミニカー購入記(2018年7月21日号)

・ドリームトミカ ライドオン スヌーピー(フライング・エース)
タムタムで994円で購入。
ドリームトミカの、キャラクターミニフィギュアを乗せることが出来るライドオンシリーズから、フライングエースに分している時のスヌーピーの愛機、ソッピース・キャメルがリリースされたのでお買い上げ。
スヌーピー好きとしては、ソッピース・キャメルの立体物がトミカで入手出来るというのはありがたい限り♪

ついに、フルサイズ機(6年落ちだけど)に手を出してしまう

今のデジイチメイン機であるEOS 7D購入してから4年。性能面でことさら不満は無いものの、やっぱりフルサイズ機の写り(主にボケ)への憧れはあって、予算と折り合えさえつけばいつかは…と思いつつも、
「この先、どれだけポトレ撮影に熱中するのか?」
「便利ズームは捨てられないから、フルサイズへの完全移行は考えられないしなー」
「フルサイズエントリィラインの6Dは、手はでるけど測距エリアが絶望的に狭いしなー」
「先代の5D Mark IIIで掘り出し物でもあればなー」
などとウダウダ考えていたら、アマゾンのマーケットプレイスで、「シャッター数138回。使用感の感じられないキレイな外観。元箱・付属品完備」という触れ込みの「ほぼ新品」コンディションで167,988円という、6年落ちとは思えないMark IIIの掘り出し物を発見してしまい、夏のボーナスもまだ残っていたこともあって、ついカッとなってポチッとなしてしまったものが到着♪
(後にキヤノン公式の再調整品で198,700円だったから、やっぱ掘り出し物だった模様)

ポートレイト撮影には欠かせないバッテリィグリップ(BG-E11)も、念のためマーケットプレイスで探してみたら、ボディを購入したのとは別の店で、元箱・付属品付きの「ほぼ新品」が15,500円(定価は29,000円)で出品されているのを見つけたので、こちらもポチッとな。

基本、精密機器は中古には手を出さない人なんだけど、カメラは市場が成熟してるので、そんなにいい加減なものは売らないだろうし、コンディションのジャッジも妥当性が高いだろう、という希望的観測と、ショップの触れ込み通りならこれ以上の出物はそうそう無いだろうという判断が後押しして、ついにフルサイズ機オーナーに。
と言っても、あくまでもメイン機は7Dで、5D Mk3はポートレイト専用機という使い分けのつもりなので、当面は2台体勢ってことになりますな。
それだけにバッテリィが7Dと共用出来るのはありがたい♪
さて、期待の写りの方は、来週撮影会に参加予定なので、そちらで実力のほどを見せてもらうとしましょうかね。
ただ、スタジオ撮影なので、ボケに関してはほとんど恩恵が得られないだろうけど(^ω^ ;)。

Nissan GT-R50 by Italdesignから受ける既視感の正体

Nissan GT-R50 by Italdesignが発表されましたな。
そもそもR35 GT-Rを、スポーツカーとしてカッコイイとも美しいとも思っていない、という個人的趣味嗜好はさておいても、この配色、おっちゃん的には・・・

ヤマハのミッドナイトスペシャルかな?(画像はWebikeから拝借)

オラオラ系お兄さん大好き黒金ファッションかな?(画像はアディダスから拝借)

ライザップかな?(画像はライザップから拝借)

等々、早い話、「高級」とか「モダン」、「洗練」というイメージからはほど遠い×××(自主規制)イメージしかない、という与太話でしたとさ(^ω^ ;)。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »