2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

« トヨタのダカールラリー初制覇にも関わらずお祭りムードに欠けるTGR | トップページ | 1/4のビッグスケールで'16 YZR-M1のロッシ号を作ろう »

ミニカー購入記(2019年1月23日号)

・スパークモデル 1/43 #303 プジョー3008DKR Maxi('18 ダカールラリー)
mamboxで6,426円で購入。
2016年・2017年とダカールラリーを連覇したプジョーは、3008DKRの全幅の拡大、足回りの強化等の改良を加えた3008DKR Maxiで2018年のダカールラリー(ペルー〜ボリビア〜アルゼンチン)に挑む。
ティームメイトのセバスチャン・ロゥブ、ステファン・ペテランセルが序盤でアクシデントに見舞われる中、カルロス・サインツが堅実な走りで中盤にトップに立つと、後半はラップリーダーを堅守してそのままフィニッシュ。フォルクワーゲン時代の2010年以来2度目となるダカールラリー優勝を飾ることに。

・エブロ 1/43 #3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R('18 SUPER GT)
mamboxで8,078円で購入。
2011年から2017年まで日産陣営の一翼を担っていたMOLAが活動を休止したのと入れ替わりに、NDDP RACINGを率いる長谷見昌弘が監督としてゼッケン3と共にGT500クラスに復帰。2017年にMOLAから参戦していた本山 哲&千代勝正コンビがそのままハンドルを握ってシーズンに挑むも成績は低迷、日産勢としては最下位のランキング17位で終えたCRAFTSPORTS MOTUL GT-Rを、ローテ的にも3号車の復活というトピック的にも予約したものが入荷。
【追記】
本山が2019年2月8日の体制発表会でGT500の引退を発表したので、本山最後のGT500マシーンというメモリアルも兼ねることになりましたな。

« トヨタのダカールラリー初制覇にも関わらずお祭りムードに欠けるTGR | トップページ | 1/4のビッグスケールで'16 YZR-M1のロッシ号を作ろう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トヨタのダカールラリー初制覇にも関わらずお祭りムードに欠けるTGR | トップページ | 1/4のビッグスケールで'16 YZR-M1のロッシ号を作ろう »