2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

« 2018年に読んだ本ベスト3 | トップページ | STIのミニカーコレクションに協力するチャンス »

ミニカー購入記(2019年1月5日号)

・エブロ 1/43 #16 MOTUL MUGEN NSX-GT('17 SUPER GT)
mamboxで8,078円で購入。
ホンダは2016年に市販されたNSXをベース車両に、SUPER GTの2017年規定に合わせたNSX-GTを開発。チーム国光、ナカジマレーシング、ARTA、リアルレーシングの既存4ティームに加え、14年ぶりにGT500クラスに復帰した無限の5ティームにデリバリィ。
開幕戦の岡山では、フォーメイションラップで3台が、レース開始5周目で1台が電装系のトラブルでリタイアするという、ある意味現代レースカーのクオリティコントロールの緻密さを伺わせる事件が発生するが、その後性能調整の見直しに加え、徐々に信頼性を増していったことで、第5戦 富士でARTA 8号車が、第6戦 鈴鹿ではエプソン 64号車が勝ち星を挙げるまでに。
そんな'17モデルのNSX-GTは、新規参入ということもあり無限の16号車(ドライヴァー:武藤英紀/中嶋大祐)を予約・・・はいいんだけど、ARTAを予約した'16モデルはどうなった???

・エブロ 1/43 #18 ホンダシビック WTCC('16 WTCC)
mamboxで8,996円で購入。
2012年のWTCCに、シビック タイプRをTC2規定に準拠したシビック WTCCを3戦スポット参戦させたホンダは、2013年からはカストロール・ホンダとしてフル参戦を開始し、同年のマニュファクチャラーズタイトルを獲得するものの、その後はチャンピオン争いを演じつつも、2017年のWTCC終了まで戴冠は敵わず。
シビック WTCCのミニカーは、WTCC車両をリリースするスパークからはなぜかリリースされず不思議に思っていたところ、まさかのエブロが'16モデルの予約を開始したので、ホンダ勢のドライヴァーズランキングで最上位である3位のティアゴ・モンテイロ号をチョイス。

« 2018年に読んだ本ベスト3 | トップページ | STIのミニカーコレクションに協力するチャンス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年に読んだ本ベスト3 | トップページ | STIのミニカーコレクションに協力するチャンス »