2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

auto sport特注 1/43 '17 DW12 インディウィナーのミニカーはプレミアムX製で確定

先日ネタにしたautosport特注の1/43 '17 DW12 インディウィナーのミニカーについて、今日発売の『auto sport 創刊1500号記念号』で詳細が発表されましたな。

記事によると、モデルはもてぎ特注の'13 ロングビーチウィナー同様プレミアムX製のレジンモデルで、もともとはF1グッズショップの<REVOLUTION>特注でモデル化するものとコラボしたものだそうで、パッケイジは当然として、ドライヴァーフィギュアが<REVOLUTION>版は乗車姿勢の、オースポ版はゴール後の「イチバン」ポーズの違いがあるそうで、価格は共に14,500円(税込み)とのことなので、どちらをチョイスするか悩みどころですな〜。

auto sport特注で1/43 の'17 DW12 インディウィナーのミニカー化決定…か?

「autosport通巻1500号記念、F1やスーパーGTの豪華特典付き観戦チケットプレゼント実施中」(autosport Web)

おいおい、「アメリカで琢磨の走りを生観戦! INDYセット」のプレゼントの特典にしれっと「オートスポーツ特注1/43ミニカー2017 INDY 500 WINNER T.Sato “BIG WIN”」なんてのがあるんですけどぉぉぉぉ!?
これ、当然そのうち単品販売もあるよね? ね? てゆーかしてくださいお願いしますauto sportさん!

ミニカー購入記(2019年2月8日号)

・スパークモデル 1/43 #95 アストンマーチンヴァンテイジAMR(’18 ル マン)
mamboxで6,426円で購入。
アストンマーティン・レーシングはV8ヴァンテイジの後継機として、新型ヴァンテイジをベースとし、DB11から採用された新たなデザイン言語によるシャープでダイナミックなエクステリアを纏い、AMG製4.0リッターV8エンジンを搭載したブランニューマシーンを開発し、タイヤもダンロップからミシュランにスウィッチしてWECの'18/'19のスーパーシーズンに投入するも、シーズン序盤はBoPが不利に働き陣営が期待したようなパフォーマンスを発揮出来ず、ル マンでもライヴァル勢に互することが出来ないままLMGTE-Proクラスのトップから5周遅れの8位と惨敗を喫する。
個人的好みからすると、フロントグリルがアストン伝統のラインを残してはいるけど「らしさ」は薄れたし、英国車にしては押し出しが強すぎるうえに黄色のボディカラーはコーヴェット臭がして「う~ん」なんだけど、それでもカッコイイことはカッコイイし新車なのでポチッとな。

・ミニチャンプス 1/12 #93 ホンダRC213V('17 MotoGP)
mamboxで12,750円で購入。
ヤマハワークスが不調だったことも手伝い、ホンダのマルケスとドゥカティのドヴィツィオーゾの一騎打ちとなった’17シーズンのMotoGPのチャンピオン争いは、シーズン終盤まで二人がポイント上も一進一退の戦いを繰り広げたことで最終戦までもつれ込むも、ドヴィツィオーゾが優勝してもマルケスが11位以内に入ればチャンプ獲得というマルケスが有利な状況の中、トップ争いをしていたドヴィツィオーゾが転倒・リタイヤ、マルケスは堅実な走りに徹し3位フィニッシュしたことで2年連続、4度目のチャンピオンを獲得。ホンダにライダーズ、コンストラクターズ、ティームチャンピオンの3冠をもたらしたRC213Vのマルケス号がミニチャンプスからリリースされたのでポチッとな。

チーム郷+マクラーレンがSUPER GTに帰ってくる!

「チームゴウ、マクラーレン720S GT3でスーパーGT&スーパー耐久に参戦! 鈴鹿10時間も」(auro sport Web)

いまやラーク(タバコ会社)のスポンサードはあり得ないだろうけど、このカラーリングのマクラーレンがSUPER GTに帰ってくるのは素直にワクワクするね~。
荒 聖治の第一線復帰も嬉しいし、今シーズンのGT300も面白くなりそうだ(^ω^)。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »